本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ASPがavexから夏にメジャーデビュー、BiSHセントチヒロ・チッチ出演の特報映像公開
WACK所属の7人組アイドルグループASPが、8月31日にavex traxからメジャーデビューすることと、8月27日に東京・日比谷野外音楽堂でワンマンライブ『ACOUSTiC SAD ORCHESTRA TOUR FiNAL - 一触即発 - CRiTiCAL SiTUATiONS』を行うことを発...
別窓で開く

なにわ男子・乃木坂46・JO1ら出演、音楽特番「カミオト」タイムテーブル発表
【モデルプレス=2022/05/24】読売テレビにて、関西地区で5月28日に5時間5分生放送する「カミオト−上方音祭−」(午前11時55分〜午後5時00分)のタイムテーブルが公開された。◆「カミオト−上方音祭−」タイムテーブル※時間帯ごとの掲載順は50音順で、出演順とは異なる。...
別窓で開く

読テレ音楽特番『カミオト』タイムテーブル公開 なにわ男子、Aぇ! group、JO1ら30組超
読売テレビで28日に生放送される音楽特番『カミオト−上方音祭−』(前11:55〜後5:00 ※関西ローカル)のタイムテーブルが23日、公開された。 昨年スタートした『カミオト』は、「音楽でつながろう」を合言葉に5時間5分の生放送。関西ゆかりのアーティスト30組以上が生パフォーマンスを繰り広げる。...
別窓で開く

INIとBE:FIRSTが新曲テレビ初披露 なにわ男子「The Answer」&Aぇ! groupは2曲【カミオト歌唱曲一覧】
28日放送の読売テレビ大型音楽特番『カミオト−上方音祭−』(前11:55〜後5:00 ※関西ローカル)に出演するアーティストたちの歌唱曲が21日、番組公式ツイッターで一挙発表された。 番組スペシャルサポーターを務めるAぇ! group/関西ジャニーズJr.は「友よ」「フラワー」の2曲を披露する。...
別窓で開く

5/23付週間シングルランキング1位はアンジュルムの「愛・魔性/ハデにやっちゃいな!/愛すべきべき Human Life」
ハロー!プロジェクトの10人組女性アイドルグループ・アンジュルムの最新シングル「愛・魔性/ハデにやっちゃいな!/愛すべきべき Human Life」が、初週5.7万枚を売り上げ、5月17日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」で初登場1位を獲得した。以降10位までのランキングとあわせご紹介しま...
別窓で開く

BiSHのセントチヒロ・チッチ、2匹の愛猫と暮らす部屋を公開! 川島小鳥氏が撮影の初フォトエッセイ発売、解散発表後の思いも
アイドルグループ・BiSHのセントチヒロ・チッチが、6月14日に初の愛猫フォトエッセイ『チッチと猫のハクと坊』(ぴあ)を発売する。 2023年をもって解散を発表しているBiSHのメンバー、チッチ。音楽はもちろん、ファッションやアート、カメラ、カレーと多趣味で、フジテレビNEXTにて放送されている本格...
別窓で開く

『ロッキン2022』新たにクリープハイプ、ワンオクら追加 第1弾出演アーティスト全49組が出揃う
8月6日・7日・11日・12日・13日の5日間にわたって千葉・千葉市蘇我スポーツ公園で行われる『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』の出演アーティストおよび出演日が発表された。...
別窓で開く

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』にワンオク&SUPER BEAVERら 第1弾出演アーティスト49組そろう
野外フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』(8月6日・7日、11日〜13日、千葉市蘇我スポーツ公園)の出演アーティストが18日、発表され、第1弾計49組がそろった。ロックバンド・ONE OK ROCK、SUPER BEAVERなどが登場する。...
別窓で開く

セントチヒロ・チッチ(BiSH)による愛猫フォトエッセイ 川島小鳥が撮影を担当
“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバーとして活動中のセントチヒロ・チッチが、2匹の愛猫・ハクと坊との暮らしを綴る初のフォトエッセイを制作中。その写真撮影を、写真家の川島小鳥が担当することが発表された。 銀杏BOYZ等のジャケット写真でも知られる川島小鳥と、セントチヒロ・チッチは以前から面識...
別窓で開く

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』新たにサウシー、King Gnu、マイファス、サンボマスターら全18組追加
8月6日・7日・11日・12日・13日の5日間にわたって行われる『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022』の出演アーティストおよび出演日が発表された。今年の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』は、これまでの20年間の歴史を引き継ぎつつ、会場を千葉・千葉市蘇我スポーツ公園に...
別窓で開く