本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



4人組ロックバンド、I Don't Like Mondays.のボーカル・YUさんが、9月21日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! 松田LOCKS!」にコメント出演。番組に届いたお悩みに、自身の楽曲の中からオススメの1曲とアドバイスを贈りました。...
別窓で開く

吉岡聖恵「リスペクトし合いながら付き合えている」ご縁でできた新曲
【音楽通信】第112回目に登場するのは、いきものがかりのボーカリストとしても素晴らしい歌声を届け、今回はソロシンガーとしてのニューシングルをリリースする、吉岡聖恵さん!ソロではさらに世界が広がり景色が違ってくる【音楽通信】vol.112「いきものがかり」のボーカリストとしても、「ありがとう」「YEL...
別窓で開く

都市型音楽フェス『KOBE MELLOW CRUISE 2022』を生中継
新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、ABEMA HIPHOPチャンネルにて、文化を発信してきた港町・神戸を象徴するポートタワーの麓、神戸メリケンパークで開催される都市型音楽野外フェス『KOBE MELLOW CRUISE 2022』を独占無料生中継することを決定した。...
別窓で開く

tofubeats「結構僕そのものって感じ」 4年ぶりのフルアルバム発売
音楽プロデューサー/DJのtofubeatsさん、4年ぶりのフルアルバム『REFLECTION』のテーマは“鏡”、“反射”。エレクトロ、ハウス、テクノといった多彩なダンスミュージックをベースに、コロナ禍での自分自身との対話が綴られている。ユースカルチャーは若者に自由に消費してもらいたい。...
別窓で開く

『大豆田とわ子』で話題のbutaji 新アルバム『RIGHT TIME』への思い語る
ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』のエンディング曲「Presence」で、サビのメロディと詞をトラックメーカーのSTUTSと共作したbutaji。その別バージョンで、全編butajiが作詞と歌唱をしている「Presence Reprise」がまた素晴らしく、そんな彼のエモーショナルな歌声や詞世界に没...
別窓で開く

PUFFY「“陰の者”ですからね(笑)」 大貫亜美、シルバニアファミリーにハマる
ゆるゆるとふわふわと、荒波を心地よい波に変えながら、PUFFYはなんと今年デビュー25周年! 「誰も25年続くとは思わなかったでしょ」と笑うお二人、今もとっても仲良しでした。—— 10年ぶりにアルバム、その名も『THE PUFFY』をリリースされるわけですが、今回はどんな感じのアルバムに?由美:……...
別窓で開く

PUFFY「『楽しいばっかじゃねーよ!』って…」 25年の歩みを振り返る
見た目が似ているかわいい女の子2人組が、おそろいのTシャツ&デニムをまとって世に出てきてから四半世紀。25年間一緒に歩んできたPUFFYの亜美さんと由美さん。60分のインタビューを通して感じたのは、やっぱり二人が出会ったことは奇跡であり、二人の間には運命的な何かがある、ということ。のほほんと、でも力...
別窓で開く

池田智子が歌うオリジナル曲を起用した「パピコ」のWEBムービー公開 作曲はtofubeats、作詞はグリコ広報部員が担当
 発売48年目を迎えるロングセラーアイス「パピコ」の新WEBムービー「papico beats(デイタイムver.)篇」(90秒)が、9月3日より江崎グリコ公式YouTubeチャンネルにて公開となりました。 作曲をtofubeats、作詞を江崎グリコ広報部員、そして歌唱を池田智子が担当したオリジナル...
別窓で開く

12歳で韓国大手事務所に…トリリンガルシンガー・NOA「音楽の国境はそこまで高くない」
日本語、英語、韓国語を操り、3か国語をミックスした曲作りを行うシンガーソングライターのNOAさん。’20年1月のデビュー以来、日本のみならず、韓国、タイやインドネシアなど、ファン層はグローバルに広がっている。音楽の国境はそこまで高くないと思っている。「海外の方にも僕の曲を聴いてもらいたいという想いか...
別窓で開く

世界も注目! 目が離せない、音楽界の新世代アーティストたち
オンライン上にアップすれば、たちまち世界中の人の耳に触れ、そこから思わぬヒットが生まれたりする今の音楽シーン。新たな感覚で音楽をクリエイトし、更に躍進しそうなアーティストとは?どこからバズるか? わからないから面白い。...
別窓で開く


<前へ12次へ>