本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



フランス期待の星ガストンが地元のマスターズで躍進。「パリの会場は特別な雰囲気で僕を成長させてくれる」<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「ロレックス・パリ・マスターズ」(11月1日〜7日/フランス・パリ/インドアハード/ATP1000)は現地時間11月3日にシングルス2回戦を実施。予選勝者で世界ランク103位のユーゴ・ガストン(フランス)が同17位のパブロ・カレノブスタ(スペイン)を6-7(3)、6-4、...
別窓で開く

“ワクチン接種義務化”で揺れる全豪オープンに仏選手が「プレーしない選手がいるなら、俺にとって好都合だ」と自論<SMASH>
来年1月に開催される年内最初のグランドスラムである全豪オープン。開催地となるビクトリア州では新型コロナウイルス感染拡大防止を目的として出場する全選手に2度のワクチン接種を義務付ける方向に動いている。ところがここにきて「ワクチン未接種者でも隔離期間を経れば大会出場可能」とする内部文書が漏洩するなど情報...
別窓で開く

「ちゃんと治して来年頑張ります」西岡良仁が右手首の負傷で今季終了を報告<SMASH>
男子テニスの西岡良仁が、11月1日に自身のツイッター(@yoshihitotennis)を更新し、今季終了の発表をした。 今週行なわれている「パリ・マスターズ」(11月1日〜7日/フランス:パリ/インドアハードコート/ATP1000)の予選に出場した西岡は決勝で逆転負けを喫し、本戦出場とはならず。...
別窓で開く

錦織圭が欠場、ジョコビッチは全米OP以来の出場でパリへ【11月1日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
11月1日からの週は、男子の「パリ・マスターズ」が開催される。 日本人男子選手は、錦織圭が欠場、西岡良仁が予選で敗れ、他に出場する選手はいない。今大会の第1シードはノバク・ジョコビッチ(セルビア)で、全米オープン以来の出場となり注目を集めている。なお、第2シードはダニール・メドベージェフ(ロシア)だ...
別窓で開く

「世界1位を勝ち取りたい」ジョコビッチがパリマスターズで復帰。史上最多7度目の年間1位へ意欲<SMASH>
11月1日から開かれる男子テニスツアー「ロレックス・パリ・マスターズ」(フランス・パリ/インドアハード/ATP1000)で約2カ月ぶりの公式戦に臨む世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が大会開幕前の記者会見に出席。そのなかでツアー復帰への喜びや年間1位達成への抱負を語った。...
別窓で開く

ジョコビッチが全米OP以来のプレー公開!メドベージェフ、サッカー界のレジェンドとの豪華な写真も<SMASH>
男子テニス世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、10月30日に自身のツイッター(@DjokerNole)を更新し、久しぶりにプレー動画をアップして元気な姿を公開した。 今季は全豪・全仏・ウインブルドンを制し、グランドスラムで驚異的な強さを見せたジョコビッチ。...
別窓で開く

「これからもたくさんの記録を作りたい」ツアー300勝を達成した世界4位のズベレフ。勝率でも6位に<SMASH>
男子テニスツアー「エルステ・バンク・オープン」(10月25日〜31日/オーストリア:ウィーン/インドアハードコート/ATP500)は現地10月28日にシングルス2回戦を実施。第2シードで世界ランク4位のアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が同32位のアレックス・デミノー(オーストラリア)を6−2、3−...
別窓で開く

復活途上の元王者マリーが18歳の新鋭に敗戦。それでも「爆発するような週を作れると確信」と手ごたえ<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「エルステ・バンク・オープン」(10月25日〜31日/オーストリア:ウィーン/インドアハードコート/ATP500)の2回戦で、18歳のカルロス・アルカラス(スペイン/42位)に3-6、4-6のストレート負けを喫した元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現156位)。...
別窓で開く

ジョコビッチの精神状態を元王者ベッカーが憂慮「大きなチャンスを逃して感情的に参っているようだ」<SMASH>
男子テニス元世界1位で往年の名テニスプレーヤーとして知られるボリス・ベッカー氏が、欧米スポーツメディア『EUROSPORT』のポッドキャストに登場。世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)に対し、心配のコメントを寄せた。 今季は全豪・全仏・ウインブルドンを立て続けに制覇し、グランドスラムで驚異的な...
別窓で開く

「WWFの密猟撲滅活動に協力」世界8位のティームが野生動物を守る活動に力を入れる<SMASH>
右手首のケガで戦列を離れている男子テニス世界ランク8位のドミニク・ティーム(オーストリア)が、母国の日刊紙『Kronen Zeitung』のインタビューに登場。自身がアンバサダーを務めるWWF(世界自然保護基金)オーストリア支部が主導する野生動物の密猟対策活動へのコミットメントを強化すると表明した。...
別窓で開く