本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ティームの復帰がまたも延期。新たな故障ではなく「クレーで復帰することが完璧なタイミング」と説明<SMASH>
右手首のケガで長期の戦線離脱を強いられている男子テニス元世界ランク3位のドミニク・ティーム(オーストリア/現50位)が現地時間3月6日に自身の公式インスタグラム(@domithiem)のストーリーズを更新。3月にアメリカで開催される2つのマスターズ大会を欠場すると発表した。 2020年9月の全米オー...
別窓で開く

ドバイで今季初白星を挙げたジョコビッチ、米国大会出場には懐疑的「今は入国できないし、僕は大会を選べない」<SMASH>
オーストラリア入国問題で世界的な騒動を巻き起こし、2月21日に開幕した男子テニスツアー「ドバイ選手権」(2月21日〜26日/UAE・ドバイ/ハードコート/ATP500)で今季初戦を迎えた世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。注目の1回戦は19歳のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア/世界ランク58...
別窓で開く

未来のナンバー1候補である18歳のアルカラスがツアー優勝し歴史を作る「正直言って信じられません」<SMASH>
男子テニスツアー「リオ・オープン」(2月14日〜20日/ブラジル:リオデジャネイロ/クレーコート/ATP500)では現地時間2月20日にシングルス決勝を実施。第7シードのカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク29位)が第3シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同14位)を6−4、6−2...
別窓で開く

世界7位のルブレフが前週負けた相手にリベンジし、約1年ぶりにツアー優勝「全てドラマがあった」<SMASH>
男子テニスツアー「オープン13」(2月14日〜20日/フランス:マルセイユ/インドアハードコート/ATP250)の決勝戦が、現地2月20日に行なわれ、世界ランク7位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が約1年ぶりにツアー優勝を果たした。 24歳のルブレフがブレークしたのは、2020年。5つのツアータイト...
別窓で開く

何度も復帰戦が延期になっている元世界3位のティームがインディアンウェルズに照準を合わせる「トレーニングは順調」<SMASH>
右手首のケガにより長期の戦線離脱を強いられている男子テニス元世界ランク3位のドミニク・ティーム(オーストリア/現40位)。その彼がこのほど母国のテニス専門メディア『Tennisnet.com』のインタビューに応じ、完全復活への意欲を示した。 2020年の全米オープンでグランドスラム初優勝を果たしたテ...
別窓で開く

望月慎太郎が17歳でツアー本戦出場を果たした舞台裏。常に上のレベルの大会出場を狙え【山中夏雄コーチ】<SMASH>
錦織圭のアメリカ留学をサポートした盛田正明テニスファンド(MMTF)のコーチとして、アメリカのIMGアカデミーに常駐し、日本のジュニアたちの成長を支えている山中夏雄氏。このコラムでは日本のトッププロたちが、いかにして成長してきたのか、日米テニス界の違いなどを教えてもらう。...
別窓で開く

【プロの観戦眼15】かなり打点が詰まって、フィニッシュも独特。メドベージェフの“不思議な”フォアハンド〜佐藤哲哉<SMASH>
このシリーズでは、多くのテニスの試合を見ているプロや解説者に、「この選手のこのショット」がすごいという着眼点を教えてもらう。第15回は、元デビスカップ日本代表で、ATPカップなどの中継で解説も務める佐藤哲哉プロ。注目するのは、メドベージェフの“不思議な”フォアハンドだ。...
別窓で開く

「最悪なブランディングだ」下部大会を軽視するATP会長の発言に選手たちから猛批判「すぐさま解雇されるべき」<SMASH>
ATP(男子プロテニス協会)の会長であるアンドレア・ガウデンツィ氏が、チャレンジャーツアーについて「持続可能なものであるとは思えない」と発言し、選手からの批判を浴びている。 ATPツアーの一つ下のカテゴリーに位置づけられるチャレンジャーツアーは、大舞台での活躍を目指す下位選手たちが、貴重なポイントと...
別窓で開く

ビッグ3全員に勝っているズベレフが“GOAT論争”に持論。「数字に逆らうことはできない」とジョコビッチを推す<SMASH>
男子テニス界は、長らくロジャー・フェデラー(スイス/世界ランク16位)、ラファエル・ナダル(スペイン/6位)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/1位)の「ビッグ3」が席巻してきた。 全員がグランドスラム優勝回数20回で並ぶとともに、2010年から21年までの12年間で四大大会47回のうち38回の制覇。...
別窓で開く

「四大大会で20回優勝はできないかもしれないけど」次期No.1候補メドベージェフが予想するビッグ3後のテニス界<SMASH>
現地11月21日に行なわれた男子テニスツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」シングルス決勝でアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ/世界ランク3位)に敗れ、ダニール・メドベージェフ(ロシア/2位)は準優勝で今シーズンを締めくくった。 そんなロシアの俊英が、試合後の記者会見で「ビッグ3(フェデラー、...
別窓で開く


[ atp マスターズ ] の関連キーワード

smash goat コーチ atp 慎太郎
ドバイ