本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



渋谷東急フードショーのスイーツゾーンOPEN
◆【編集部注目の新スイーツ5選】限定品も!渋谷 東急フードショーのリニューアルでスイーツゾーンが先行オープン渋谷 東急フードショーが大型リニューアルのグランドオープンを前に、2021年6月1日(火)、渋谷マークシティ1階で「スイーツゾーン」を先行オープン。商業施設初出店やエリア初登場の人気店、ここで...
別窓で開く

カルバン クラインからサマーフレグランスが今年も登場! 陽炎を思わせる涼やかでグラフィカルな限定ボトルに注目
<カルバン クライン>の世界的ロング&ベストセラーフレグランス「シーケーワン」から、今年もサマーフレグランス「シーケーワン サマー オードトワレ」が、新しい香りとボトルデザインで数量限定発売いたします。 コレクター心をくすぐる2021年バージョンは、デジタルアーティストMishko(@mishko....
別窓で開く

キム・ジョーンズによるディオールのコードへ立ち返り。DIOR スプリング 2022 メンズ コレクションを発表
https://youtu.be/9HtGhlR9Mgo ディオールのコードへ立ち返り、それを落とし込んだスプリング 2022 メンズ コレクション。メンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズは、メゾンの男性的なアイデンティティを定義づけるボキャブラリーや表現に改めて焦点を当てます。...
別窓で開く

グッチのシグニチャーフレグランス「ギルティ オードトワレ」がメタリックなローズゴールドで彩られた新ボトルデザインへ
2021年5月26日、グッチを代表する「グッチ ギルティ オードトワレ」が、新たなボトルデザインとアウターボックスで登場します。クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレのクリエイティブなビジョンを反映し、自由な自己表現と愛を求める女性をイメージした斬新なボトルデザインは、メンズフレグラ...
別窓で開く

レッド・トーキョーが伊勢丹新宿でポップアップ! フォトグラファー大石祐介とのコラボアイテム発売も
『led.tokyo』は、伊勢丹新宿本館2階イーストコートにて2021年6月2日〜6月8日の間、期間限定でポップアップストアをオープンいたします。 ポップアップストアでは、Photographer 大石祐介 (MARCOMONK)が led.tokyoのために作り上げたコラージュ作品をコラボレーシ...
別窓で開く

自然が作り出す造形美と人工物を融合させた彫刻的アートピース。ID?E自由が丘で外山翔の世界を体感するエキシビション開催
インテリアブランドのイデーでは、イデーショップ 自由が丘店において、 2021年5月21日〜6月21日の期間、空間デザインをベースに、アーティストとしての顔も持つ外山翔の作品展を開催いたします。 空間デザインをベースに店舗設計や展示会などイベントの会場構成、ディスプレイデザインを手がける外山翔は、自...
別窓で開く

ミュウミュウから最大64パターンからカスタマイズできる新フレグランスコレクションが誕生
2021年5月5日、世界中の女性が支持する<MIU MIU(ミュウミュウ)>から、新フレグランスコレクション「レ ゾー アラモード」を発売いたします。 香りは個性を表現する最も親密なエッセンスであるという思いに基づいた「「レ ゾー アラモード」コレクションは、自分のなりたいイメージに合わせて香りを選...
別窓で開く

どんな味? ローソンに話題のクラフトアイス「ヒオ アイスクリーム」が登場
食楽web 東京・自由が丘のクラフトアイスクリーム工房『Atelier(アトリエ)』にて、オリジナルクラフトアイスクリームを展開している『HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)』のカップアイス「美瑛オリジンミルク」と「塩キャラメル」が、お馴染みのコンビニエンスストア『ローソン』に降臨。...
別窓で開く

emmiのSUICOKE別注サンダルは細めのストラップが女性らしい
株式会社マッシュスタイルラボが展開し、デイリーウエアとヨガウエア両方を手掛けるレディースブランド「emmi(エミ)」は4月20日、「SUICOKE(スイコック)」とのコラボレーションサンダルを全国のemmi直営店および公式オンラインストア、ECデパートメントストアのUSAGI ONLINE(ウサギオ...
別窓で開く

ATELIER MUJI GINZAで「ウィンザーチェア」とその世界に魅了された3組のデザイナーの活動を紹介する展覧会を開催
ATELIER MUJI GINZA (東京都中央区/無印良品 銀座店内) は、2021年5月14日 から7月4日まで、Gallery1・2にて「長く生きる。ウィンザーチェアの場合 展《Windsor Department》の10年 」を開催いたします。 私たちは人生のなかで、何脚の椅子と出会いそこ...
別窓で開く