本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「母性」なんか知るか。違和感を吹き飛ばす、育児エッセイの新定番。
 夫婦同姓と夫婦別姓、自然分娩と無痛分娩、理想の母親像、母乳とミルク、ワンオペ育児、ベビーカー問題......。 妊娠・出産・育児を一括りに語ることはできない。ただ、ほとんどの人がきっと感じているであろう、共通の「違和感」みたいなものはある。 松田青子(まつだ あおこ)さんの著書『自分で名付ける』(...
別窓で開く

相模原の殺傷事件から着想 “社会の闇”を描くミステリー小説
東北の七重町に暮らす高校生の美和は、人ならざるものを幻視する体質。ある雪の日、何かに導かれるように見知らぬ場所に迷い込んだ彼女が見つけたのは老いた男の他殺死体だった——。倉数茂さんの新作『忘れられたその場所で、』は、そこから土地に刻まれた暗い歴史に斬り込んでいく社会派ミステリー。雪降る田舎町で発見さ...
別窓で開く

勘弁してほしい…! 男性が「もう付き合えない」と思う彼女の行動
現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、没頭できる趣味もなく、多忙な彼に会えないと何もすることがなくて自暴自棄に陥った26歳女性...
別窓で開く

「本離れが進む現代でも危機感はない」アメリカ人監督が語る本の未来
スマホやパソコンなど、現代はデジタルなものに囲まれる生活が中心となっていますが、こんなときだからこそ本の良さを再認識している人も多いのでは? そこで、本好きにはたまらない話題のドキュメンタリーをご紹介します。『ブックセラーズ』【映画、ときどき私】 vol. 375世界最大の規模を誇るNYブックフェア...
別窓で開く

森喜朗氏の「女性は話が長い」発言はツッコミ待ちのボケだった? 森氏のエピソードを交えて、会長辞任の背景を考察【話者:吉田豪、久田将義】
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長だった森喜朗氏が「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」という女性蔑視発言が波紋を呼び、辞任に至りました。 森氏は2000年4月から約1年間、内閣総理大臣を務め、その間の「(無党派層は)自民党に投票してくれないだろうから、投票日には寝...
別窓で開く

「小津安二郎から常に学んでいる」日本の巨匠がドイツの名匠に与えた影響
何かと騒々しい日常生活を送っているときこそ、映画にどっぷりと浸りながら違う世界へと誘われたいと思うもの。そこで、今回オススメするのは、ある宿命を背負った女性の激しくも切ない愛の物語を描いた注目作です。『水を抱く女』【映画、ときどき私】 vol. 368ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネは...
別窓で開く

眠れない憲法と眠れる主権者…戦後今なお続く“ハリボテ立憲民主主義”
TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。12月10日(木)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、弁護士の倉持麟太郎さんが“眠れない憲法”について述べました。...
別窓で開く

発表! 本の雑誌が選ぶ2020年度文庫ベストテンの第1位は『パラスター』に決定!
 創刊45周年を迎えた書評誌「本の雑誌」が、毎年年末に丸ごと文庫本を紹介するガイドブックとして刊行している『おすすめ文庫王国2021』にて、本の雑誌が選ぶ2020年度文庫ベストテンを発表!?  1位に選ばれたのは、『パラスター』阿部暁子(集英社文庫)。...
別窓で開く

<W解説>日本を圧倒する韓国の「英語力」、日韓比較
あくまで韓国と日本との比較であるが、韓国人は異常な程にランキングに熱中する傾向が有る。特に個人レベルでは、試験の点数・スコアや席次、所得階層上での位置、収入の多寡、等である。また国家・国民のレベルでは、GDPやその成長率、識字率、金メダルの獲得数、ノーベル賞等の賞の獲得数、大学進学率、等がある。...
別窓で開く

オバマの新回顧録「日本の政治は硬直し、迷走」=韓国報道
バラク・オバマ前米大統領は新たな自身の回顧録で、任期初期の日本の政治状況について「硬直し迷走していた」と評価した。NHKなどによると、オバマ前大統領は17日に出版された回顧録“約束の地”で、鳩山由紀夫元首相について「硬直し迷走した日本政治の象徴」だと記述している。...
別窓で開く


[ 由紀夫 ] の関連キーワード

アメリカ ハリボテ パラスタ 相模原 ドイツ