本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


「普段の感染症対策は通用しません」コロナ陽性の小池祐貴が“粋な計らい”!悔しさを見せず同僚へ注意喚起「大袈裟な対策を」【世界陸上】
オレゴン世界陸上の男子200メートル、男子400メートルリレーで代表入りしている小池祐貴(住友電工)が、新型コロナウイルスに感染していることが現地時間7月18日(日本時間19日)に判明した。 東京五輪も経験し、リレーでは主軸と考えられていただけに、日本にとって痛い離脱となってしまった。そんな27歳は...
別窓で開く

「歴史を作りに来ている」サニブラウン9秒98で準決勝へ!坂井隆一郎も得意のスタートを決め予選突破【世界陸上】
現地時間7月15日、米国のオレゴン州で開幕した世界陸上。初日、男子100m予選(各組3着+3人)にサニブラウン・アブデル ハキーム(タンブルウィードTC)と坂井隆一郎(大阪ガス)の2人が出場し、ともに準決勝進出を果たした。 まず4組に初出場の坂井が登場。得意のスタートで前半勢いに乗ると、10秒12(...
別窓で開く

東京五輪の悪夢から1年——新メンバーで挑む男子400リレーは化学反応を起こせる!? “バトンパス”に不安はない?
東京オリンピックで期待された「4継」、男子400mリレーでのメダル。ところが、悪夢のバトンミスが起き、メダルの夢は一瞬にして消えてしまった——。 あれから1年が経とうとしているが、日本時間7月16日からはアメリカ・オレゴン州で世界陸上が始まる。この大会でパリ・オリンピックに向けての再スタートが切られ...
別窓で開く

陸上日本選手権、男子100mはサニブラウンが10秒08で3度目V! 7月オレゴン世界陸上の代表に内定
オレゴン世界陸上の代表選考を兼ねた第106回日本陸上競技選手権大会が6月10日、ヤンマースタジアム長居で行なわれ、男子100m決勝ではサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒08で優勝を飾った。 サニブラウンは前日の準決勝で、世界陸上参加標準記録の10秒05を突破する10秒0...
別窓で開く

桐生祥秀がまさかのフライング失格で予選から波乱の幕開け!10秒24の多田修平がガトリンを抑え全体トップで決勝へ
5月9日、東京五輪の陸上競技テストイベント『READY STEADY TOKYO』が国立競技場で行なわれ、男子100メートル予選では、注目の桐生祥秀がフライングで失格と波乱の幕開けとなった。全体トップで決勝へ駒を進めたのは、10秒24(向かい風0.2メートル)で走った多田修平だ。...
別窓で開く


[ 隆一郎 ] の関連キーワード

オレゴン

<前へ12345次へ>