本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2023年の箱根駅伝は史上最高レベル!? 注目は駒澤大学と青山学院大学の2強対決か
新春の陽光にキラキラと輝く汗、仲間との絆。一本のタスキには部員全員の思いが詰まっている。1月2〜3日に行われる箱根駅伝は今回が99回目の開催となる。これまで幾多の名勝負を生んできたが、今回は本当に見逃せない。2022年の学生駅伝は1月の箱根、10月の出雲、11月の全日本のすべてで大会記録が誕生。...
別窓で開く

お正月の風物詩の1つが箱根駅伝であることに異論はないだろう。2023年の箱根駅伝は参加20校のうち、実に5校が東武東上線沿線の大学である。具体的にいうと、東洋大学・東京国際大学・大東文化大学・城西大学・立教大学。そしてその多くが、坂戸駅を中心とした一帯に点在している。そう、東武東上線の坂戸駅付近は、...
別窓で開く

離婚してよかった?実は後悔してる? 経験者が離婚直後に感じたポジテイブ&ネガティブな本音
■離婚が泥沼であるほど「スッキリ!」が本音離婚カウンセラーの岡野あつこです! さて離婚経験者のみなさまは離婚直後、いったいどんな気持ちがしたでしょう? そして離婚予備軍のみなさま、離婚にとても興味をお持ちのみなさま、離婚直後って、一体どんな気持ちなんだろう?と思いませんか?これはですね、筆者自身の経...
別窓で開く

組織の屋台骨として変革を率いることが求められているミドルマネージャー。しかし実態はどうだろう。経営層の言葉をそのままチームメンバーに伝えるだけの「高級な伝書鳩」になっていないだろうか。先行きの見えない今の時代、ミドル層は社内変革のボトルネックではなく、キードライバーにならなければならない。2022年...
別窓で開く

佐々木希さんも…夫の浮気・不倫が発覚しても「妊娠&出産」を選択をする妻たちの本音
■夫の浮気が発覚したら? 妻たちの本音夫の浮気が発覚した場合、あなたならどうしますか?感情的には「即、離婚!」となったとしても、経済的なことや子どものこと、世間体や離婚後の生活など、さまざまな事情を考えるとなかなかそうもいかないもの。「心から許したわけではないけれど、今は一緒に暮らすしかない」という...
別窓で開く

人生100年時代と言われて久しい昨今、プロスポーツやアイドル活動の引退後における“セカンドキャリア”が、より注目されるようになった。  多様な時代だからこそ、異色の転身を遂げて第2の人生を歩む人も少なくない。もともとは地下アイドルグループに所属していたが、現在は一般企業でSE(システムエンジニア)と...
別窓で開く

カンヌ映画祭で受賞「青山真治監督」が問い続けた、人はひとりで生きていけるのか【2022年墓碑銘】
 満ちては引く潮のように、新型コロナウイルスが流行の波を繰り返した2022年。今年も数多くの著名な役者、経営者、アーティストたちがこの世を去った。「週刊新潮」の長寿連載「墓碑銘」では、旅立った方々が歩んだ人生の歓喜の瞬間はもちろん、困難に見舞われた時期まで余すことなく描いてきた。その波乱に満ちた人生...
別窓で開く

Twitter上では、日々いろいろなハッシュタグが使われているが、2016年から毎年恒例になっているのが「#いいにくいことをいう日」だ。  これは11月29日の「#いい肉の日」になぞらえるかのように、「11(いい)29(にく)いことをいう日」という形で企業の公式アカウントがこぞって、普段は言いづらい...
別窓で開く

駒大と青学大の共通点は「外せる強さ」!チームエントリーから“層の厚さ”が顕著に【箱根駅伝】
12月10日は、箱根駅伝にとって重要な日のひとつだ。16人の登録メンバーの発表の日だ。当落線上の選手たち、そしてそれを選ぶ監督にとっても「運命」の日である。 今回は立教大学のメンバー16人を見た時、取材で話を聞いた4年生の名前がなかったことに、なんともいえない寂しさを感じた。本人たちがいちばんつらい...
別窓で開く

前回は「国公立100大学合格力」による全国高校ランキングをお届けした。今回は「難関私立大学合格力」である。対象となる大学が首都圏に多いため、“西高東低”の国公立とは反対に“東高西低”となる。2022年のベスト50は1校を除き首都圏で占められ、私立と國公立が26校と24校で拮抗しているのも特徴だろう。...
別窓で開く