本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



駒澤大・大八木監督が最後につかんだ「本当の勝利」…箱根駅伝2023「細かすぎる名場面」復路編
“史上最高の2区”を生んだ近藤幸太郎と吉居大和…箱根駅伝2023「細かすぎる名場面」往路編 から続く 大学駅伝三冠を果たした駒澤大学の大八木弘明監督が大会後に勇退を発表するなど、最後までさまざまなニュースが飛び交った今年の箱根駅伝。駅伝マニア集団「EKIDEN News」( @EKIDEN_Ne...
別窓で開く

箱根駅伝、往復の平均視聴率28.6% 駒澤大学が総合優勝でフィニッシュする場面は瞬間最高35.0%
日本テレビ系で放送された『第99回 東京箱根間往復大学駅伝競争』の関東地区の往復平均視聴率が28.6%だったことが4日、わかった。2日の往路は27.5%、3日の復路は29.6%(※関東地区 ビデオリサーチ調べ)。 瞬間最高視聴率は、往路が鶴見中継所に18位・立教大学、19位・東海大学が入る場面で31...
別窓で開く

駒澤大が有言実行の「大学三大駅伝3冠」を達成!体調不良で補欠起用も総合優勝に「最高の子供です」と大八木監督もご満悦!【箱根駅伝】
1月3日「第99回箱根駅伝」の復路が行なわれ、駒澤大が2年ぶり8回目の総合優勝を飾り、史上5校目となる「大学三大駅伝3冠」の称号を手にした。 大会前から「3冠」を掲げていた駒澤大は、芦ノ湖から大手町まで一度もトップを譲らなかった。6区の伊藤蒼唯(1年)が区間賞を獲得すると、7区の安原太陽(3年)が区...
別窓で開く

「箱根駅伝」駒澤大学が2年ぶり8度目の総合優勝 史上5校目の3冠達成<記録&順位一覧>
【モデルプレス=2023/01/03】3日、第99回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路(※放送はあさ7時00分から日本テレビ系にて)が行われ、駒澤大学が10時間47分11秒の記録で、総合優勝を果たした。◆駒澤大学「箱根駅伝」総合優勝駒澤大学が、2年ぶり8回目の総合優勝。学生駅伝3冠を達成した...
別窓で開く

長嶋一茂、江川卓氏に憧れマネをした過去を告白 「多摩川でずっと…」
元読売ジャイアンツ選手でタレントの長嶋一茂が、江川卓氏のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」に出演。そのなかで、江川卓氏への憧れを明かした。【動画】長嶋一茂が江川卓氏への憧れを語る■一茂がゲスト出演江川氏は「一茂を野球選手として認識したのはいつか」という質問に「立教大学で守っていて、すごいき...
別窓で開く

第99回箱根駅伝が東京・大手町から往路スタート 55年ぶりの立教大学も注目
第99回東京箱根間往復大学駅伝競走、いわゆる「箱根駅伝」が、2日朝8時、東京・大手町の読売新聞本社前からスタートした。■昨年は青学が大会新記録1920年に始まった同大会は、正月の風物詩として定着している。昨年は、原晋監督が率いる強豪・青山学院大学が3区以降トップを譲らず、大会新記録で2年ぶり優勝。...
別窓で開く

箱根駅伝「優勝しそうな大学」ランキング 青学が圧勝、2位は…
東京箱根間往復大学駅伝競走、通称「箱根駅伝」。毎年1月2日に東京・大手町を出発する往路が、3日に箱根・芦ノ湖をスタートする復路で競走が実施され、2日がかりで勝敗が決まる正月の風物詩だ。■立教大が55年ぶり参戦第99回となる2023年大会は、予選会を勝ち抜いた立教大学が55年ぶりに参加することでも注目...
別窓で開く

【どこよりも早い2023ドラフト候補ランキング│31〜50位】仙台育英・仁田、山形中央・武田など有力高校生左腕が登場<SLUGGER>
2022年のドラフト会議が終わってまだ2ヵ月余り。だが、プロ野球12球団のスカウトたちはすでに23年のドラフトに照準を定めている。年間400試合以上もアマチュア野球を取材するスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での23年ドラフト候補ランキングを選定した。まずは31〜50位を紹介しよう。...
別窓で開く

◆引退表明するYouTuberが続出中 “炎上系”や“迷惑系”と呼ばれた有名YouTuberたちが、厳しいコンプライアンスや規制に耐えきれず、次々と姿を消している。2022年は一時代を築いてきた古参でさえ、引退表明するなどのニュースが目立った。 そんななか、これまでYouTuberとして、ときには「...
別窓で開く

2023年の箱根駅伝は史上最高レベル!? 注目は駒澤大学と青山学院大学の2強対決か
新春の陽光にキラキラと輝く汗、仲間との絆。一本のタスキには部員全員の思いが詰まっている。1月2〜3日に行われる箱根駅伝は今回が99回目の開催となる。これまで幾多の名勝負を生んできたが、今回は本当に見逃せない。2022年の学生駅伝は1月の箱根、10月の出雲、11月の全日本のすべてで大会記録が誕生。...
別窓で開く