本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



リドリー・スコット版『羅生門』 実力派キャスト集結『最後の決闘裁判』キャラポスター
フランス史上最後の決闘裁判を映画化した名匠リドリー・スコット監督最新作『最後の決闘裁判』より、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック、ジョディ・カマーの主要キャスト4人が並ぶキャラクターポスターが解禁された。 本作は、百年戦争の最中にあった中世フランスで、1386年に実際に執り行われ...
別窓で開く

『文豪ストレイドッグス』橋本祥平×鳥越裕貴で初の実写映画 来年1.7公開決定
俳優の橋本祥平が主演を務め、鳥越裕貴が共演する映画『文豪ストレイドッグス BEAST』が、2022年1月7日より公開されることが決定。併せて、ティザービジュアルと特報が解禁された。 原作漫画『文豪ストレイドッグス』(原作・朝霧カフカ、作画・春河35)は「ヤングエース」2013年1月号で連載がスタート...
別窓で開く

東京女子・SKE48荒井優希がシングル初勝利!「いろんな人に挑めたらうれしい」
 東京女子プロレスが10日、東京・両国KFCホールで「Don't miss the signs」を開催。SKE48荒井優希がプロレスデビュー5戦目で悲願の初勝利を挙げ、同団体の最強を決めるトーナメント「Ameba presents第8回東京プリンセスカップ」(7月22日、東京・新木場1stR...
別窓で開く

連載「超歌舞伎 その軌跡(キセキ)と、これから」第十一回
 2016年の初演より「超歌舞伎」の脚本を担当している松岡亮氏が制作の裏側や秘話をお届けする連載の第十一回です。(第十回はこちら)  「超歌舞伎」をご覧頂いたことがある方も、聞いたことはあるけれどまだ観たことはない! という方も、本連載を通じて、伝統と最新技術が融合した作品「超歌舞伎」に興味を持って...
別窓で開く

菅田将暉たちへ継承される巨匠・山田洋次監督の記憶 『キネマの神様』に描かれる日本映画黄金時代
歌手の沢田研二と俳優の菅田将暉がダブル主演を務める山田洋次監督の最新作『キネマの神様』。黒澤明や小津安二郎などの巨匠監督が活躍した日本映画界の黄金時代を肌で知る山田監督は、本作の登場人物たちの役作りに、在りし日の巨匠たちの姿を反映させたという。 松竹映画100周年を記念し企画された本作は、作家・原田...
別窓で開く

SKE48荒井優希「先輩に頼らずにシングルで成長した姿を見せられたら」とシングルマッチに意欲!
 東京女子プロレスが6月26日、東京・両国KFCホールで「Stand proud」を開催。第3試合のタッグマッチに出場したSKE48荒井優希は、プロレスデビューから4連敗を喫したが、敗れた宮本もかとのシングルでの雪辱戦に意欲を見せた。 この日、荒井は「アップアップガールズ(プロレス)」の渡辺未詩と2...
別窓で開く

連載「超歌舞伎 その軌跡(キセキ)と、これから」第十回
 2016年の初演より「超歌舞伎」の脚本を担当している松岡亮氏が制作の裏側や秘話をお届けする連載の第十回です。(第九回はこちら)  「超歌舞伎」をご覧頂いたことがある方も、聞いたことはあるけれどまだ観たことはない! という方も、本連載を通じて、伝統と最新技術が融合した作品「超歌舞伎」に興味を持ってい...
別窓で開く

衝撃! 人気歌手がスパイだった事実を告白…時代に翻弄された男性の真実
「事実は小説より奇なり」という言葉があるように、人生には思いがけない出来事がつきものですが、今回ご紹介する映画の主人公もまさにそんな生涯を駆け抜けたひとり。“東ドイツのボブ・ディラン”と呼ばれたシンガーソングライターでありながら、スパイでもあった男の真実を描いた注目作です。...
別窓で開く

ネットでよくみる「いかがでしたでしょうか構文」 書き方は?コツは?経験者が解説
 スマホやパソコンでウェブページを閲覧していると、時折「この文章、どこかで見たことがある」と感じることありませんか!? 内容は異なるはずなのに「○○ってご存じですか?」で始まり、最後は「いかがだったでしょうか?」「これからも○○さんの活躍に期待したいですね!」というポイントを押さえた、いわゆる「いか...
別窓で開く

渡辺家では節分に豆をまかないらしい ←いったい何故?専門家に聞くと...
今日、2021年2月2日は節分の日だ。「節分」といえば2月3日のイメージだが、今年は124年ぶりに、2月2日が節分となる。「立春」が今年は1日早まるため、その前日に当たる節分も1日早まったというわけだ。節分といえば、豆まき。家族や友だちといっしょに、家の中に豆をまいて鬼を追い払った人もいるのでは?し...
別窓で開く


[ 羅生門 ] の関連キーワード

スコット キセキ ske