本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日米防衛相、北朝鮮を非難
 岸信夫防衛相は26日、オースティン米国防長官と約15分間電話会談を行った。北朝鮮による25日の弾道ミサイル発射について、国連安全保障理事会決議に違反し、地域と国際社会の平和と安定を脅かすとの認識で一致。強く非難した。 この後、岸氏は記者団に、25日に発射された3発のミサイルのうち1発は大陸間弾道ミ...
別窓で開く

北朝鮮ミサイル 1発はICBM級か、日米防衛相電話会談でも非難
岸防衛大臣は、北朝鮮が今月25日に発射したミサイルのうち1発がICBM=大陸間弾道ミサイル級とみられると発表しました。岸大臣は、北朝鮮が25日の午前5時59分ごろに発射したミサイルがICBM=大陸間弾道ミサイル級と推定されると発表しました。今年2月に発射された新型のICBMと同じである可能性も含めて...
別窓で開く

不可解な北朝鮮のICBMミサイルの「飛ばし方」 6000キロ飛ばせるものを500キロしか……
軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が5月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。5月25日に日本海に向けて発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について語った。極超音速ミサイルの発射実験=2022年1月5日(朝鮮中央通信=共同) 写真提供:共同通信社北朝鮮、大陸間弾道ミサイル...
別窓で開く

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ TPPに当分復帰できない米国...IPEFで果たす「対中国包囲網」
2022年5月22日に日米首脳会談、23日に日米豪印クワッド首脳会談が行われた。ロシア、中国、北朝鮮に対する安全保障の問題が議論されたのが大きな成果だ。経済関係では、米国が提唱する「インド太平洋経済枠組み」(IPEF)が興味深い。...
別窓で開く

このタイミングの3発のミサイル発射は米国へのメッセージではない むしろ制裁強化を恐れる北朝鮮の「基本戦略」
軍事ジャーナリストの黒井文太郎が5月26日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。前日、バイデン大統領の帰国に合わせたように発射された北朝鮮の弾道ミサイルについて言及し、アメリカをむしろ刺激しないために、この時期のミサイル発射になったと解説した。...
別窓で開く

日韓政府が共に北朝鮮のミサイル発射を批判、「協力して対応を強化する」
2022年5月25日、韓国・毎日新聞は、「韓国の朴振(パク・チン)外交部長官と日本の林芳正外務大臣が、共に北朝鮮のミサイル発射について非難した」と報じた。記事によると、両氏は同日に電話で会談を行い、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定されるミサイルと短距離弾道ミサイルを続けて発射した件につい...
別窓で開く

日本海上空で日米の戦闘機8機が共同訓練 弾道ミサイル発射の北朝鮮などけん制か
防衛省は、航空自衛隊が25日、日本海の上空で日米共同訓練を行ったと発表しました。北朝鮮による弾道ミサイルの発射などをけん制したものとみられます。防衛省によりますと、25日、航空自衛隊のF-15戦闘機4機とアメリカ軍のF-16戦闘機4機が、日本海の上空で戦術訓練を行ったということです。...
別窓で開く

日米の戦闘機8機、日本海上空で共同訓練…空自のF15と米軍のF16
 防衛省は26日、日本海上空で日米の戦闘機が参加する共同訓練を実施したと発表した。  同省統合幕僚監部によると、訓練は...
別窓で開く

北朝鮮弾道ミサイル発射 政府が国連安保理の制裁強化決議案を支持
北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受けて、アメリカがとりまとめた国連安全保障理事会の制裁強化決議案について、政府は支持する考えを示しました。...
別窓で開く

 外務省の森健良事務次官、米国のシャーマン国務副長官、韓国の趙賢東外務第1次官は26日、電話で協議した。北朝鮮による25日の弾道ミサイル発射を強く非難した上で、一連の核・ミサイル開発が「国際社会に対する明白で深刻な挑戦」との認識を共有。北朝鮮の完全な非核化に向け、日米韓で緊密に連携することで一致した...
別窓で開く


[ 北朝鮮 ] の関連キーワード

安保理 霞ヶ関 日本海