本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「日本は世界で最高のドキュメンタリーを生み出した」映画オタク監督が語る日本映画愛
映画を観たいと思っても、あまりに多くの作品を目の前にすると、どの作品から観たらいいかわからなくなってしまうことはありませんか? そこで、作品選びに新たな視点を与えてくれる“究極の映画オタク”による注目のドキュメンタリーをご紹介します。...
別窓で開く

エリザベス女王「即位70年」にみるイギリスと日本の「特別な関係」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。エリザベス女王の「即位70年」について解説した。ロンドン五輪2012 競泳 水泳センターの視察に訪れたエリザベス女王。...
別窓で開く

「カンフーキック」や「不調で25ゴール」…英メディアが選ぶ歴代最高のPFA年間最優秀選手は!?
今シーズンのプレミアリーグも佳境を迎え、マンチェスター・Cとリヴァプールによる熾烈な優勝争いに注目が集まるが、この時期は個人賞の発表も楽しみだ。 イングランドには権威ある個人賞が2つ存在する。1つはフットボール記者協会(FWA)選出の年間最優秀選手賞だ。こちらは1947−48シーズンから続く伝統ある...
別窓で開く

たかが14位、されど14位——調子が悪い中でも松山英樹が見せたディフェンディングチャンピオンとしての“意地”
史上4人目の大会連覇を狙い、今年の『マスターズ』に挑んだ松山英樹(LEXUS)。結果からいえば、優勝したスコッティ・シェフラー(アメリカ)から12打離れた通算2オーバー・14位タイに終わり、偉業達成はならなかった。...
別窓で開く

「見ていてクールだ」マキロイ&モリカワの“連続チップイン”に海外メディア驚愕! 互いを応援し合う姿に賛辞の声も
衝撃の“ミラクルフィニッシュ”にゴルフ界が沸いている。【PHOTO】C・ロナウド、メイウェザー、ハミルトン、マクレガー、レブロン、マキロイ…伝説アスリートたちの絢爛豪華なスーパーカーを一挙紹介! 現地時間4月10日、米男子メジャー初戦『マスターズ』(ジョージア州...
別窓で開く

指導者、解説者で活躍…EURO1996ベスト4のイングランド代表選手の現在地
イングランドサッカー協会(FA)は23日、北アイルランド、アイルランド、スコットランド、ウェールズの各協会と合同で、EURO2028共同開催への“関心表明書”を提出したと発表した。招致が成功すれば、1996年以来の英国諸島での単独開催が実現する。 EURO1996がイングランドで開催されたのは今から...
別窓で開く

再びW杯出場逃したイタリア、Google風バナーで煽られる「もしかして:スイス」
FIFAワールドカップカタール2022への出場を逃したイタリア代表に対するスイス代表サポーターの煽りが話題を呼んでいる。 スイス代表とイタリア代表は欧州予選グループCで同居。直接対決は2度ともドローに終わると、最終節でイタリア代表が北アイルランド代表と引き分け、5勝3分のスイス代表が首位で本戦進出を...
別窓で開く

現在は制裁も…ロシア、EURO2028とEURO2032の開催地に立候補
ロシアサッカー協会(RFS)がEURO2028とEURO2032の開催地に立候補したことに大きな波紋が広がっている。23日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。 イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、アイルランドの各協会は元々、2030年のFIFAワールドカップを共同開催する...
別窓で開く

EURO2028、英国&アイルランド開催が決定的に…ロシアの可能性消滅で対抗馬不在か
EURO2028が、イギリスとアイルランドで開催される見込みとなった。5日にイギリス紙『テレグラフ』や同『デイリー・メール』が報じている。 イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、アイルランドの各協会は元々、2030年のFIFAワールドカップを共同開催することに興味を示していた。...
別窓で開く

英老舗誌が「最も影響力のあるサッカー選手50人」を選出!マラドーナ、ペレらと共に名を連ねた日本代表のレジェンドは?
 英国の老舗サッカー誌『FourFourTwo』が「史上最も影響力のあるサッカー選手50人」を選出した。同誌のウェブサイト上では2月2日付けで、そのリストを掲載している。『FourFourTwo』はまず「これは史上最高の選手のリストではない。影響力のある選手と才能のある選手が重なることは多々あるが。...
別窓で開く