本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「♪高原列車は行く」の舞台は 朝ドラ『エール』古関裕而 ある意味「鉄道ソング王」
NHKの朝ドラ「エール」の最終回でも歌われた歌謡曲「高原列車は行く」。そのモチーフとなった鉄道は、ドラマにおける主人公のモデルとなった作曲家・古関裕而の故郷福島県にありました。実は古関、鉄道や運輸事業者と今も深いつながりがあります。♪高原列車はラララララ、(硫黄鉱山へ)行くよ〜 作曲家・古関裕而の生...
別窓で開く

筒美京平、最後の本人公認超豪華トリビュートアルバム発売決定
去る10月7日、誤嚥(ごえん)性肺炎により亡くなった作曲家・筒美京平氏(享年80歳)。...
別窓で開く

『みをつくし料理帖』松本穂香×奈緒 食は人の天なり
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第917回】『みをつくし料理帖』シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。今回は、10月16日公開の『みをつくし料理帖』をご紹介しま...
別窓で開く

『エール』主人公、初対面の女性だらけの家に居座りドン引き?「この展開は無理がある」の声も
 NHK連続テレビ小説『エール』の第22話が28日に放送された。 第22話は、突然音(二階堂ふみ)の元にやってきた裕一(窪田正孝)が関内家に滞在することになる。そんな中、関内家には裕一を訪ねて、鶴亀寅吉(古舘伊知郎)という人物がやってくる。怪しむ光子(薬師丸ひろ子)をよそに、興行主を名乗る鶴亀は裕一...
別窓で開く

池上季実子、小林聡美…「脱がせ屋」と呼ばれた大林宣彦監督が貫いた「こだわり」
 4月10日夜、都内の自宅で肺がんのため亡くなった、映画監督の大林宣彦さん。「60年代にCM ディレクターとなり、3000本超のCMを製作。77年に『HOUSE ハウス』で商業映画デビューを果たし、『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』は“尾道三部作”として人気を得て、撮影地をファンが巡る“聖...
別窓で開く

朝ドラ「エール」、高視聴率維持は二階堂ふみのプルプル胸が鍵を握る!?
 3月30日にスタートした、NHK朝の連続テレビ小説「エール」は、窪田正孝と二階堂ふみという、演技力の評価が高く人気も抜群の2人を主人公に、唐沢寿明、柴咲コウ、菊池桃子に薬師丸ひろ子、山崎育三郎と脇を固める布陣も超豪華だ。「松嶋菜々子や山口智子ら、朝ドラヒロインをズラリと並べた『なつぞら』にも負けな...
別窓で開く

好きな80年代女性アイドルのランキング 1位 中森明菜、2位 小泉今日子、3位 松田聖子
好きだった80年代女性アイドルについての調査です。「特にない」の28.9%を除くと、総合の1位は「中森明菜」で31.0%、2位は「小泉今日子」で26.0%、3位は「松田聖子」で18.2%、4位は「薬師丸ひろ子」で18.1%、5位は「南野陽子」で17.2%という結果でした。総合ランキングの詳細は以下の...
別窓で開く

往年の人気女性アイドルランキング 1位 ピンク・レディー、2位 キャンディーズ
往年(1970-80年代)の女性アイドル歌手で曲を知っているのは? をアンケート調査! 総合ランキングでは、1位は「ピンク・レディー」で87.4%、2位は「キャンディーズ」で82.6%、3位は「松田聖子」で81.8%、4位は「アグネス・チャン」で79.4%、5位は「中森明菜」で74.3%という結果で...
別窓で開く

朝ドラヒロイン 人気ランキング トップ3は波瑠、松下奈緒、能年玲奈
総計で見ると、1位は「波瑠(あさが来た)」で28%、2位は「松下奈緒(ゲゲゲの女房)」で23%、3位は「能年玲奈(あまちゃん)」で20%、4位は同率「堀北真希(梅ちゃん先生)」と「杏(ごちそうさん)」で19%でした。■男性のトップ3は波瑠、松下奈緒、能年玲奈、女性のトップ3は波瑠、杏、松下奈緒男女別...
別窓で開く

途中で見るのをやめようと思うドラマの条件 1位は「テンポが悪い」
総計で見ると、1位は「テンポが悪い・なかなか先に進まない」で54%、2位は「出演者・キャストの演技が下手」で43%、3位は「展開がワンパターン・先が読めてしまう」で41%でした。■女性は「出演者・キャスト」の演技や魅力に問題があると見るのをやめる男女別で見ると、「出演者・キャストの演技が下手」や「出...
別窓で開く


[ 薬師丸 ] の関連キーワード

キャンディーズ ふみの 二階堂 今日子 季実子