本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「芸能人が激推しする美女アナ」頂上決戦(3)マッサージで好感度を上げたフジ・竹俣紅
 今回の人気ランキングでは唯一、和久田麻由子アナ(33)が10位に食い込んだNHKだが‥‥。「林田理沙アナ(31)は、野村萬斎(55)の教え子だったんですよ」 NHK関係者は大物狂言師との意外な関係を明かしつつ、さらに言う。「萬斎さんは林田アナの出身大学・東京藝術大学音楽学部で講師を務めていて、在学...
別窓で開く

紅白初出場のBiSH、すでに出禁に? とんでもない計画が浮上、新プロジェクトへの影響は
 大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」に初出場を決めたアイドルグループ・BiSHだが、初出場者発表会見でいきなりやらかした。 ?>>『しゃべくり』出演BiSHに「態度悪すぎる」と批判 ファンから「炎上商法やらないで」の声も<<??? ライブ前のお約束のパフォーマンスとして、...
別窓で開く

紅白出場歌手の「暴走下半身」を抜き打ち検査(1)BiSHの掛け声にNHKが絶句
 大晦日恒例、「紅白」の出場者が発表された。2年ぶりの有観客開催ということもあって、不謹慎発言や卑猥なトラブルは避けたいところ。出場歌手を抜き打ち検査してみると‥‥。 NHK局内にBiSHの卑猥な掛け声が響き渡ると、司会を務めていた和久田麻由子アナ(33)は思わず絶句。その場にいた担当プロデューサー...
別窓で開く

BiSH、LiSA、PORIN…紅白出場歌手の「暴走下半身」を抜き打ち検査!
「せーの、」と言った後に男性のシンボルを意味する三文字言葉が、NHK局内に響き渡った。 司会を務めていた和久田麻由子アナ(33)は絶句。その場にいた担当プロデューサーは、「本番じゃなくてよかった」と、胸を撫でおろした。 これは11月19日に行われた「第72回NHK紅白歌合戦」の出場者発表会で、初出場...
別窓で開く

大晦日のテレビは大荒れ!「NHKvs民放」視聴者には言えない「視聴率競争の裏側」
 年末の風物詩、『NHK紅白歌合戦』が揺れている。「今年は目玉出演者が誰もいません。おまけに、“紅組司会”“白組司会”といった呼称も廃止。もはや“紅白”歌合戦ですらありません」 そう苦言を呈すのは芸能リポーターの城下尊之氏。司会の川口春奈や大泉洋、和久田麻由子アナは知っていても、今年の出演者は「誰か...
別窓で開く

「最強の女子アナ」グランプリ〈アナウンス部門〉五輪&紅白司会の和久田麻由子が満票MVP
 80年代以降、女子アナのアイドル化は大きな潮流となった。とはいえ、根底に「アナウンス技術」が備わっていてこそ、その実力を正しく判断できるというものだ‥‥。 女子アナ評論家の丸山大次郎氏は、やはりNHKの和久田麻由子アナ(33)を筆頭に推す。「これまで『おはよう日本』『ニュースウオッチ9』『五輪キャ...
別窓で開く

和久田麻由子、弘中綾香…21年「“輝いた女子アナ”GP」を制覇するのはダレ?
 今や「女子アナ」という文化は、テレビ界のみならず、写真集などの分野においても大きく貢献する。そんな2021年の「輝いた女子アナ」を部門別に表彰しよう。 まず、王道である「アナウンス部門」から。女子アナ評論家の丸山大次郎氏は、NHK・和久田麻由子アナを即答で推した。...
別窓で開く

桑子真帆アナ 『紅白』司会“落選”のウラに、 NHKがとった「リスク回避」
4月下旬、青山の街をブラブラ歩きながらインテリア店を訪れていたNHKの桑子真帆アナ 11月19日、第72回NHK紅白歌合戦の出場者が発表され、世間は大盛り上がり! 出場者よりひと足先に司会者が発表されていたが、そこでは熾烈な戦いが—ー。「アナウンサーの和久田麻由子さんか桑子真帆さんのどちらかだと思わ...
別窓で開く

NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(3)19年紅白の衣装に悔いが…
 独走状態の彼女を脅かすダークホース的な美女アナは現れるのか。再びNHK関係者が語る。「今、ポスト和久田としてのポテンシャルを感じさせてくれるのが今春、福岡放送局から東京に異動してきた庭木櫻子アナ(29)。...
別窓で開く

NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(2)「萌音似」評価に大喜びで…
 その人気はNHKだけにとどまらず、他局にも波及している。「FLASH」11月23日号で発表された「他局限定あの女子アナがほしい!争奪ランキングTOP30」という企画において、大手広告代理店がNHKと民放のプロデューサー60人に「自局以外で使いたい女子アナは?」というアンケート調査を行ったところ、和...
別窓で開く


[ 麻由子 ] の関連キーワード

porin nhkvs bish lisa mvp
nhk