本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ&深田晃司、「第35回東京国際映画祭」黒澤明賞受賞
「第35回東京国際映画祭」黒澤明賞の受賞者が、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督と深田晃司監督に決定した。東京国際映画祭は、日本が世界に誇る故・黒澤明監督の業績を長く後世に伝え、新たな才能を世に送り出していきたいとの願いから、世界の映画界に貢献した映画人、そして映画界の未来を託していきたい映...
別窓で開く

菅田将暉の主演映画、国内外で評価が大きく分かれたワケ
スペインで開催された「第70回サンセバスチャン国際映画祭」で、映画「百花」の川村元気監督が24日、日本人初の最優秀監督賞を受賞したことを、各メディアが報じた。 同作は、川村監督が原作小説を手掛けた自身初の長編監督作。俳優の菅田将暉と女優の原田美枝子がダブル主演を務め、日本では今月9日に公開された。...
別窓で開く

黒島結菜が明かした 房子役・原田美枝子の「意外」なエピソード
俳優の原田美枝子さんが9月30日(2022年)の「あさイチ」(NHK総合)にゲスト出演。直前に最終回を迎えた連続テレビ小説「ちむどんどん」ではヒロイン暢子(黒島結菜)が働くレストランのオーナー・房子を演じた。鈴木奈穂子アナが「いかがでした?最終回見てみて」と質問すると、原田さんは少し考えた後、笑いな...
別窓で開く

〈本日最終回〉SNSで「反省会」タグが盛り上がるも、最終回目前で“神展開”…『ちむどんどん』で「一貫していたこと」
 9月27日の連続テレビ小説『ちむどんどん』第122話は、主人公・暢子の母親・優子の元に、優子の姉の最期を看取った大里五郎が自分の娘を連れて訪れる様子が描かれた。思わず息を呑んだのは、大里を演じた俳優・草刈正雄の演技があまりに見事だったからだけではない。...
別窓で開く

『ちむどんどん』仲間由紀恵がヒロインになるべきだった?「よっぽど朝ドラ向き」
仲間由紀恵 (C)まいじつ9月30日に最終回を迎えるNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』。27日の放送では、女優の仲間由紀恵が演じる母・優子が、亡き姉の最期を知る展開になった。同作は、まだアメリカ統治下だった1964年の沖縄「やんばる地域」を舞台に、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)がふるさとから料...
別窓で開く

(C)Dutchmen Photography / Shutterstock 9月28日放送のNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』で、ヒロイン・暢子(黒島結菜)がとった〝ある行動〟に、視聴者から困惑の声が続出している。同作は、まだアメリカ統治下だった1964年の沖縄「やんばる地域」を舞台に、ヒロ...
別窓で開く

『ちむどん』最終回3日前で“神回”も「唐突すぎる」「もったいない」と批判止まず厳しい大逆転
9月30日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。本作は、黒島結菜(25)演じるヒロイン・比嘉暢子が料理人を目指し、4兄妹の絆を描いたストーリー。27日の放送回では、草刈正雄(70)が次女の草刈麻有(29)と親子役で登場し、圧巻の演技を見せた。「東京から沖縄・やんばるに移住した暢子は、...
別窓で開く

『ちむどんどん』最終週で評価が一変?「母親がヒロインがよかった」沖縄戦に触れ絶賛、皮肉の声も
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の第122回が27日に放送された。 第122回は、フォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた。暢子(黒島結菜)は再会を大いに喜ぶ。だが、房子がやってきた目的は、優子(仲間由紀恵)にある人を引き合わせるためで——というストーリーが描かれた。※以...
別窓で開く

(C)Dutchmen Photography / Shutterstock俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』第122話が9月27日に放送。ベテラン俳優が多数出演したことで、〝ヒロイン不要論〟が改めて浮上しているようだ。...
別窓で開く

「ちむどんどん」草刈正雄の演技は最高! 登場はやや唐突だが...いい話なのでOK
NHKの朝ドラ「ちむどんどん」9月27日放送回。フォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)が相談があるといって、やんばるやってきた。房子にずっと、沖縄に来て欲しいと願っていた暢子(黒島結菜)は再会を大いに喜ぶ。(ネタバレあり)房子が連れてきたのは、大里五郎(草刈正雄)。突然すぎて、なにがなんだかとい...
別窓で開く


[ 美枝子 ] の関連キーワード

東京国際映画祭 ゴンサレス 由紀恵