本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



吉田正尚MLB移籍が“近藤獲り”決定打のワケ 「大争奪戦」で本命“オリックス”の声
■マネーゲーム誘発の臆測も プロ野球日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した近藤健介外野手(29)の去就が長期化の様相を呈している。本人は「人生の分岐点」と位置付け、確かに重大な決断には違いないが、他のFA選手では森友哉捕手(西武からオリックスへ移籍)らが素早く結論を出した。...
別窓で開く

DeNA戦力外の宮本秀明。“藤田の心得”を胸に「あきらめたくない。あきらめられない」
シーズンも終わりを告げた10月15日、横浜DeNAベイスターズの外野手・宮本秀明の電話が鳴った。球団からの連絡にすぐに察しはついた。「心の整理がつかなかったですね」。プロ野球選手のほぼ全員が一度は経験する事象ではあるが、まだ26歳の身には重くのしかかった。 宮本は2017年ドラフト7位でDeNAに入...
別窓で開く

きつねダンス、流行語トップテン入り 「来年はエスコンフィールド北海道でお楽しみください」とアピール
 今年話題になった言葉に贈られる「2022ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンが1日、発表された。 トップテンのひとつ、「きつねダンス」はプロ野球・日本ハムの試合時にイニング間で披露しているパフォーマンス。球団公式YouTubeなどから人気に火がつき、芸能人なども真似をするなど話題となった。...
別窓で開く

流行語大賞・年間大賞に“村神様”本人が困惑 「みんな知ってるのかな…」
都内で1日開かれた「2022ユーキャン新語・流行語大賞」発表会に、東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手と、“きつねダンス”を踊る日本ハムファイターズのFTGHTERS GIRL(ファイターズガール)が登場。それぞれの魅力を爆発させた。■きつねダンスはトップテン入り今年、野球界だけでなく芸能界やSNS...
別窓で開く

 東都大学野球リーグ2部の東洋大は1日、井上大コーチ(49)が来年1月1日付で新監督に就任すると発表した。コーチにはプロ野球日本ハム、巨人で投手としてプレーした大学OBの乾真大氏(33)が就いた。(了)【時事通信社】...
別窓で開く

日本ハム・井口「鶴投法」誕生秘話明かす「やったらスタンドがざわついて凄い投げづらくて」
 日本ハムの井口和朋投手(28)が1日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、300万円減の年俸3300万円でサインした。 今季投球時にボールを持ったまま右手を高く上げる新ルーティンが注目を集め、新庄監督から「鶴投法」と名付けられた。このルーティンを取り入れた経緯について「投げる時に使いたい体の...
別窓で開く

流行語大賞は「村神様」=トップテンに「宗教2世」など
 この1年の世相を反映した言葉を選ぶ恒例の「2022ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日、東京都内で発表された。年間大賞には史上最年少で三冠王に輝いたプロ野球ヤクルトの村上宗隆選手の活躍を表す「村神様」が選ばれた。 村上選手は元巨人の王貞治さんが持っていた日本選手のシーズン...
別窓で開く

ユーキャン新語・流行語大賞トップ10 社会&野球用語ずらり 特別賞は「青春って、すごく密なので」
 年末恒例の「2022 ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の発表・表彰式が1日、都内で行われ、年間大賞にヤクルトの村上宗隆内野手(22)の呼称「村神様」が選ばれたほか、ノミネート30語の中からトップ10が発表された。また、選考委員特別賞に仙台育英の須江監督が甲子園の優勝インタビュー...
別窓で開く

新語・流行語年間大賞に「村神様」 トップテンに「国葬儀」など
 今年話題になった言葉に贈られる「現代用語の基礎知識選 2022ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンが1日、発表された。年間大賞には、プロ野球で日本選手シーズン最多の56本塁打を放ち、最年少で3冠王に輝いたヤクルトの村上宗隆選手(22)をたたえる言葉「村神様」が選ばれた。...
別窓で開く

日本ハム 被災地復興支援活動で収穫した米を参加者に配送 吉田「苗の一部は合宿所で水やりをしていた」
 日本ハムは1日、2018年9月の北海道胆振東部地震で被災した厚真町の「田んぼのオーナー」を活用した被災地復興支援活動「ふぁい田!ATSUMAプロジェクト」を実施し、参加者25組に向けて収穫した「ななつぼし」5キロの発送を開始したと発表した。...
別窓で開く


[ 日本ハム ] の関連キーワード

オリックス dena 北海道 東洋大