本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ペンギンになりたかった…」子ども時代の夢を問われた錦織の珍回答に海外テニスファンから反響
男子テニスツアー「ABN AMRO ワールドテニス」(3月1日〜7日/オランダ:ロッテルダム/インドアハード/ATP500)の大会公式Twitterが、5日に特別企画として行なった出場選手たちへのインタビュー動画を掲載。その中で錦織圭が出した回答が大きな話題となっている。...
別窓で開く

日比野菜緒が肩の手術を受け休養。SNSに投稿した写真は「怪我してるのにこの笑顔!!」とファン仰天!
女子テニスの日比野菜緒(ブラス)が、26日に自身のインスタグラム(@naohibino_1128)を更新し、肩の手術を受けたことを発表した。「フィリップアイランド・トロフィー」(2月13日〜19日/オーストラリア:メルボルン/ハードコート/WTA250)では1回戦で途中棄権した日比野。...
別窓で開く

今年度の「TOKYOイチオシ応援事業」が決定! 15事業へ最長1年10カ月の助成やハンズオン支援
暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX(地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月—金曜、朝7:15〜)。今回は東京の地域資源を活かした新製品・新サービスの開発・改良を助成する「TOKYOイチオシ応援事業」の今年度対象事業についてや、障害の有無・世代・性・国籍・環境の違いなど...
別窓で開く

全豪Vの大坂なおみ、世界ランク2位に浮上!準Vのブレイディは13位にジャンプアップ【女子テニス最新ランキング】〈SMASH〉
WTA(女子テニス協会)の2月22日付けシングルス世界ランキングが、公式ホームページで発表され、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン)で見事優勝した大坂なおみが前回から1つ上げて2位に浮上した。 同大会に第3シードで出場した大坂は、準決勝で第10シードのセレナ・ウィリアムズ(アメリカ)を、決勝で...
別窓で開く

“菜食”を選ぶアスリートたち。コーチの理解、闘争心について、あらゆるものと向き合いながら…【テニス・日比野菜緒&パラ水泳・一ノ瀬メイ対談|後編】
テニスの日比野菜緒と、水泳の一ノ瀬メイ。2人をつなげたのは、「菜食主義」あるいは「ビーガン」という食への姿勢や主義と、自ら社会にメッセージを届けようという志だった。 今回、日比野が全豪オープンのためオーストラリアを訪れたのを機に、2年前からオーストラリアを拠点とする一ノ瀬との対談がリモートながら実現...
別窓で開く

“菜食”を選択するアスリートたち。きっかけはドーピング、差別や偏見をなくしたいという思い【テニス・日比野菜緒&パラ水泳・一ノ瀬メイ対談|前編】
WTAツアーで単複各2つのタイトルを誇る日比野菜緒と、2016年リオ・パラリンピックで8種目に出場した、パラスイミング第一人者の一ノ瀬メイ。年齢では3歳の隔たりがあり、これまで足跡が重なることがなかった2人をつなげたのは、“菜食主義”もしくは“ビーガン&rdquo...
別窓で開く

花粉症じゃなくても肌荒れ!?…最新研究でわかった「花粉肌荒れ」対策コスメ3選
2021年も花粉シーズンが到来! この時期、鼻水やくしゃみなどの花粉症状がないのに、肌のかゆみや赤みに悩まされているなら、原因は花粉かもしれません。最新の研究から、花粉症じゃなくても肌荒れリスクが起こり得ることがわかったからです。そこで今回は、すべての人におすすめしたい、花粉による肌荒れ対策コスメを...
別窓で開く

プラスにできるかは人それぞれ。隔離下での異なる練習条件が選手にもたらした影響は?【全豪オープン/現地発リポート】〈SMASH〉
海外渡航の選手には全て、入国後の2週間隔離が求められる上に、72人もの選手が、部屋から一歩も出られぬ“ハードロックダウン”となった今年の全豪オープンテニス。 女子の方では特に、ハードロックダウン下にあったアンジェリーク・ケルバー、マリア・サッカリ、ビクトリア・アザレンカら実力...
別窓で開く

「めちゃめちゃありがたいです」。今季初勝利の土居美咲が明かした、コロナ禍の大会開催に対する感謝の気持ち〈SMASH〉
「うーれしいですよ!」と力のこもった一言に、この勝利の持つ意味が、真っすぐに映されていた。 全豪オープンテニスの2週目に、同会場で開催されているWTAツアー大会「フィリップ・アイランド・トロフィー(以下PIT)」(2月13日〜19日/WTA250)。その初戦で土居美咲は、元世界4位のキャロリン・ガル...
別窓で開く

日比野菜緒、土居美咲が全豪OPに続きメルボルン大会に出場!【2月13日からの大会・放映・配信予定】〈SMASH〉
2月13日からの週は、女子の「フィリップアイランド・トロフィー」が開催される。 日本人女子選手は、日比野菜緒、土居美咲が本戦にダイレクトインし、日比万葉は予選で姿を消した。土居は1回戦で第10シードのキャロライン・ガルシア(フランス)を7−5、6−3で破る快進撃。2回戦はサラ・ソリベストルモ(スペイ...
別窓で開く