本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国「暗号通貨締め出し」に市場は大混乱!? 北大の傷は深く......(第18節)【暗号通貨バトル Bグループ】
暗号通貨市場は大混乱だ。その原因は、中国人民銀行(中国の中央銀行)が暗号通貨(仮想通貨)の売買を始め、資金調達や派生商品の取引といった、すべてを禁止したのだ。この動きに泣いたのが、北海道大学の渡部真人さん。保有していたLisk(リスク)をロスカットした。原本の1万円を割れたなか、なんとか勝機を探って...
別窓で開く

バリュー投資復権で「ニッポン中小型株ファンド」に脚光、成績トップの運用力を実現する徹底した企業調査
 日経平均株価が31年ぶりの高値を更新するなど、日本株式への見直し機運が高まっている。前年までは米国大型成長株が市場の圧倒的なリーダーだったが、昨年の年末から株式市場の物色の流れに変化が現れている。日本株式が「出遅れ感」から世界の投資家に見直されているのも新しい動きの1つ。...
別窓で開く

職業大学校がレンジ相場のビットコインで手堅くプラス、明大はイーサリアムに期待(第7節)【暗号通貨バトル Aグループ】
今週(2021年7月5日週)のビットコイン(BTC)は1BTC=3万3000ドル近辺で推移するレンジ相場。そのわずかな「すき間」を狙って職業能力開発総合大学校のさっちんはビットコインを購入。利益を重ねた。「慎重に取引したい」と、引き続き注力する。明治大学の城正人さんは、2021年8月4日に決まったイ...
別窓で開く

コロナ禍で5年後に業界はこう変わる! 週刊ダイヤモンドが特集【ビジネス誌 読み比べ】
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。7月12日発売の「週刊ダイヤモンド」(2021年7月17日号)の特集は、「5年後の業界地...
別窓で開く

「デジタル敗戦国」日本に天才IT大臣オードリー・タンは現れるか
今回は、注目の人としてオードリー・タン氏を取り上げます。中華民国(台湾)の天才プログラマーであり、台湾史上最年少の35歳で閣僚に就任した現役の政治家でもあります。台湾の先進的なコロナ対策を牽引する若きリーダーとして、日本のニュースでも最近よく取り上げられています。名前は知らなくても、ニュースで見た方...
別窓で開く

商品棚から消えた日用品「買いた?めした人」その理由と心理
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行と共に起きた、買いだめ。いつも普通に買えるものがお店の棚から一斉に消えてしまうと、焦ってしまいますよね。2020年3月「日経ビジネス『買い占めに走る消費者は「間抜け」なのか?( https://business.nikkei.com/atcl/sem...
別窓で開く

仮想通貨の将来性を金融の専門家が徹底分析!今後の動向&銘柄の選び方を解説します
ニュースなどで、ビットコインなど仮想通貨の名前をよく耳にするようになりました。今やすっかり市民権を得た仮想通貨ですが、2018年からハッキング事件が起きているので、仮想通貨にあまり良い印象を持っていない人もいるのではないでしょうか。しかし将来性を考えれば、今後も仮想通貨の見通しは明るいと考えています...
別窓で開く


[ 日経ネットワーク ] の関連キーワード

ニッポン オードリ

<前へ123次へ>