本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ危機と米国利上げの影響は?...東洋経済「株崩落」 ダイヤモンド「M&A」、エコノミスト「グリーン素材&技術」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く

ロシア、ウクライナ侵攻で世界経済暗雲! エコノミストが指摘するプーチン大統領に「経済制裁」効かない理由とは
ロシアのプーチン大統領が2022年2月24日、ウクライナに対する軍事作戦を開始した。ロシアの複数の国営通信社が「ロシア軍は、ウクライナ軍の施設や飛行場を高性能の兵器によって無力化、制空権を制圧した」と報じた。ウクライナ情勢緊迫化によって、世界経済はどうなるのか? 多くのエコノミストの「緊急リポート」...
別窓で開く

「1人1万円」で取引される現在の「奴隷制度」の実態
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月15日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。政府が取引先などの人権侵害リスクを調べて予防する「人権デューデリジェンス」の指針をつくることになったという報道を受け、企業への人権侵害リスクについて解説した。...
別窓で開く

ヒトラーが夢見た「巨大列車」とは。ドイツ国鉄の12年描く労作
 ドイツを旅行したことがある人であれば、ドイツの鉄道のすばらしさに感嘆したことがあるだろう。高速、正確、網の目のようなネットワーク、行き届いたサービス......。しかし、ナチス・ドイツの時代、強制収容所・絶滅収容所にユダヤ人を大量輸送した「血塗られた」過去があったのも事実である。...
別窓で開く

【本棚を探索】第5回『マイケル・ジェンセンとアメリカ中産階級の解体』ニコラス・レマン 著/濱口 桂一郎
■米国経済の百年を描く なんだかよく分からないタイトルだけど、過去100年のアメリカの経済社会を、ハイレベルな思想と末端の現実の両方から描き出した、思想史とルポルタージュがまだら模様になった奇妙な味わいの本だ。経済思想史のキーマンはアドルフ・バーリ、マイケル・ジェンセン、リード・ホフマンの3人だが、...
別窓で開く

北、韓国の防衛産業企業やIAEAを「サイバー攻撃」試行=国連安保理報告
北朝鮮が、韓国の防衛産業企業や国際原子力機関(IAEA)などに対し、サイバー攻撃を試みていたことがわかった。韓国メディア「Newsis」は9日、日経新聞の報道を引用し、国連安保理の報告書によれば北朝鮮のハッカー集団「キムスキー」が偽のウェブサイトに誘導して個人情報を入力させる「フィッシング」により、...
別窓で開く

中国の赤道ギニア「軍事基地建設」をアメリカが警戒する理由
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月7日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。中国が赤道ギニアに軍事基地を建設する意向だということを報じた「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事について解説した。...
別窓で開く

IPO銘柄、高成長のシェアリングイノベーションズを買う(明治大学 MRさん)【企業分析バトル】
【5本目】今年(2021年)3月に東証マザーズに新規上場(IPO=株式の新規公開)を果たしたSharing Innovations(シェアリングイノベーションズ。4178)に着目した。同社は、「旬」な事業といえるデジタルトランスフォーメーション(DX)とプラットフォーム(PF)事業を手がける会社だ。...
別窓で開く

国策期待でブロードバンドセキュリティを買う!(明治大学 MRさん)【企業分析バトル】
【4本目】日経平均株価は約5か月ぶりに3万円を突破し、自民党の総裁選への注目も高まっている。そこで、総裁選候補者の政策関連銘柄を購入しておきたい。デジタル庁が2021年9月1日に発足し、候補者の河野太郎氏と岸田文雄氏はデジタル関連の政策を掲げている。また、高市早苗氏はサイバーセキュリティ強化を掲げて...
別窓で開く

生き残りをかけた「地銀改革」! その光と影とは? —地銀業界分析2021—(慶応義塾大学 八田潤一郎さん)【企業分析バトル】
銀行というとどういったイメージをもつだろうか——。大学生からみると、一時より衰えたとはいえ、まだまだ就職活動で人気のある企業だ。外資系やメガバンクはもちろん、地方銀行も地域特化型として例外ではない。一方で、マーケットの評価は低下し続け、目安となるPBR(株価純資産倍率)1倍以下はもちろんのこと、低P...
別窓で開く