本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「おしゃれクリップ」をMC「山崎育三郎」が欠席の前代未聞 代役は菅野美穂のウラ事情
 1月16日放送の「おしゃれクリップ」(日本テレビ)には、菅野美穂(44)が“ゲスト”ではなく“期間限定スペシャルMC”として登場する。本来のMCは山崎育三郎(35)だが、“大人の事情”で出演できなくなったそうだ。 *** 菅野のスペシャルMCが発表されたのは前週の9日、今年最初の放送だった。...
別窓で開く

『ゴチ』新メンバーが判明!? ヒント動画から挙がった芸能人とは…
今年もやってきた、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)看板企画『グルメチキンレース・ゴチになります!』の新メンバー発表。今年でパート23となり、異常なまでのマンネリだが、飽きもせずネット上ではその予想が盛り上がっている。昨年の「ゴチ22」でクビになったのは、俳優の中条あやみと松下洸平。...
別窓で開く

高畑充希の黒歴史? 新ドラマ『ムチャブリ!』に辛口評価「新鮮味ない」
1月12日より、高畑充希主演のドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系)の放送がスタート。しかし出だしから躓き、〝高畑充希伝説〟に崩壊の危機が訪れようとしているようだ。出世欲ナシ、争いごとキライ、目立たず、仕事はほどほどに…。...
別窓で開く

日テレサバイバル番組「Who is Princess?」ついにデビューメンバー決定へ ファイナルミッションで突然の涙も
【モデルプレス=2022/01/16】注目の大型デビュー・サバイバル・プログラム『Who is Princess? -Girls Group Debut Survival Program-』最新話(第14話)のダイジェストが1月16日の日本テレビ『シューイチ』(毎週日曜7時30分〜)で放送され、同日...
別窓で開く

日テレサバイバル番組『Who is Princess?』最終決戦の新曲初披露 次週デビューメンバー5人が決定
ガールクラッシュグループのメンバー5人の座をかけてバトルが繰り広げられているサバイバル番組『Who is Princess? -Girls Group Debut Survival Program-』第14話のダイジェストが16日、日本テレビ系『シューイチ』(毎週日曜 前7:30〜)で放送され、Hu...
別窓で開く

林家三平が落語家廃業の危機…『笑点』降板する芸の実力で残る選択肢とは
林家三平 (C)週刊実話Web 「昭和の爆笑王」と言われた初代・林家三平も草葉の陰で泣いているかもしれない…。昨年、『笑点』(日本テレビ系)の大喜利メンバーを降板した落語家の林家三平が廃業の危機に瀕しているという。「現在、どうにか声が掛かるのは父親が初代・林家三平で、その次男という血筋のブランドだけ...
別窓で開く

交番女子「ハコヅメ」早くもアニメ化の人気ぶり 真面目なドラマづくりが奏功した見本
 昨年夏の人気ドラマ「ハコヅメ」(日本テレビ系)のアニメ版が、BS日テレやテレビ愛知などでスタートした。実写版から半年もたたずにアニメ版が放送されるのは珍しいが、泰三子の原作漫画は単行本300万部を突破、現在も「モーニング」で連載は続いていて、「アニメでも見たい」という要望が強いのだろう。...
別窓で開く

日テレ『笑点』林家三平が「禁断のリストラ」?人気長寿番組の「危ない実態」
 国民的お笑い番組『笑点』(日本テレビ系)の大喜利メンバー、林家三平(51)の“卒業”が波紋を呼んでいる。「三平は、2016年5月29日に、新メンバーとして番組に初登場しました。06年に加入した、現司会者の春風亭昇太以来、10年ぶりの新メンバーでしたが、5年半後の12月26日をもって降板となりました...
別窓で開く

ジャンポケ・斉藤、三四郎・小宮らが関ジャニ∞に変身!?
関ジャニ∞(横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義)が、1月16日(日)19時から放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される『行列のできる相談所 3時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演する。放送開始20年の同番組と同じく、今年で結成20年を迎える関ジャニ∞。...
別窓で開く

EXIT兼近、櫻井翔のファンに結婚について聞いた結果… 「すごいわかる」
お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹が15日、自身のツイッターを更新。アイドルグループ「嵐」の櫻井翔のファンだといういとこに櫻井の結婚について聞いたときの言葉を明かした。【ツイート】櫻井推しのいとこはこう語った■小学生の頃から大ファン櫻井は昨年9月28日、公式ファンクラブサイトを通じてゴールインを発表...
別窓で開く


[ 日テレ ] の関連キーワード

princess ハコヅメ exit who 三四郎