本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



岩田絵里奈も独立決起「日テレに誰もいなくなった」(1)スタッフからも人気が高いが…
 キー局で人気と実力が伴い始めたら、「即フリー」が常道となっている女子アナ業界。そんな中、待遇と居心地がよいのか、10年以上にわたって独立宣言を許していないのが、日本テレビである。ところが、人気絶頂の若手に「決起の瞬間」が近づいているという。 白いTシャツに水色のパンツルック──。...
別窓で開く

蝶野正洋『黒の履歴書』〜「暴露問題」に見るプロレス界の課題
蝶野正洋 (C)週刊実話Web新日本プロレスのIWGP世界ヘビー級の初代チャンピオンである飯伏幸太選手が、社員から契約解除をほのめかされたというLINEの文面をTwitterに公開し、自らの退団を示唆したことがファンの間で物議を醸している。...
別窓で開く

井川遥を“神”と崇める女子大生たち…「ああなりたいっ!」と羨望の眼差し
井川遥 (C)週刊実話Web「現役女子大生の間で、再び、その名が浸透してきているそうです」(芸能リポーター)今クールの連ドラ『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』(TBS系)に出演している女優の井川遥。...
別窓で開く

金正恩の“愛と涙”には要注意!? 落涙後の残虐行為…過去には叔父を処刑
(画像)Alexander Khitrov/shutterstock北朝鮮国民は、金正恩総書記の「愛」の発信と「涙」にだまされてはいけない。米政府系ラジオ『フリー・アジア(RFA)』によると、平壌市内で進められている住宅建設に動員された兵士に対して、中国製ワクチンの接種が行われたが、それには「最高尊...
別窓で開く

『プロレスラー 至近距離で撮り続けた50年』著者:山内猛〜話題の1冊☆著者インタビュー
『プロレスラー 至近距離で撮り続けた50年』新潮社/1980円山内猛1955年2月23日、神奈川県鎌倉市出身。大学卒業後、写真専門学校を経て80年、内外タイムス社入社。編集局写真部記者(カメラマン)として、高校時代より撮り始めていたプロレスをメインに担当する。同社写真部長を経て、フリー。...
別窓で開く

大鵬幸喜「あんな相撲をとった自分が悪い」〜心に響くトップアスリートの肉声『日本スポーツ名言録』——第6回
大鵬幸喜 (C)週刊実話Web第48代横綱として優勝32回を誇り、日本の高度成長期に国民的スターとして君臨した大鵬幸喜。今年の夏場所には孫の王鵬が再入幕。同じく孫の納谷幸男はDDT所属のプロレスラーとなり、その格闘遺伝子は現在まで続いている。...
別窓で開く

フジテレビ沈没危機…「ポップUP!」パワハラ発覚で制作会社&スポンサーが逃げ出す事態に
 フジテレビの迷走が止まらない。 昨年末から進められていたリストラや総合格闘技RIZIN「THE MATCH 2022」の放送中止などトラブル続き。さらに先週、今年4月にスタートしたばかりの情報番組「ポップUP!」のチーフプロデューサーX氏が制作会社のアシスタントプロデューサー・A氏を2度にわたって...
別窓で開く

市來玲奈アナ&岩田絵里奈アナ“完全エコヒイキ”で日テレ局内ギクシャクか…
日本テレビ (C)週刊実話Web今、日本テレビのアナウンス室がギクシャクしまくりだという。「男性Aアナ、女性Bアナが退社。Bアナに関してはリストラと誤報しているサイトがありますが、Bアナは円満退社。再婚相手の勤務地(地方)に住むことも分かっています。今後は系列局のフリーアナとして活動していきます。深...
別窓で開く

“TBSのゴマキ”佐々木舞音アナが出世街道バク進中!秋にはあの番組に抜擢!?
TBS (C)週刊実話Web〝TBSの後藤真希〟こと佐々木舞音アナが、出世街道バク進中だという。現在、彼女は早朝の情報番組『THE TIME’』、続く『THE TIME,』両方に出演中。『THE TIME,』の方は冒頭の30分間(5:20〜5:50)のみだが、最初からスタジオ内だった。...
別窓で開く

『スッキリ』“加藤浩次降ろし”にヒロミを利用!? 業界で囁かれる裏話とは…
加藤浩次(C)週刊実話MCの加藤浩次に降板説が囁かれる情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に、コメンテーターとしてお笑いのヒロミが登場。「終了秒読み」だと評判だ。「いつまでたっても安っぽいヤンキー言葉丸出しで全然進歩がない。しかもしゃべることに中身がないからオモシロ味ゼロ。番組も、なぜヒロミを起用す...
別窓で開く


[ 日テレ ] の関連キーワード

フジテレビ ヒロミ 佐々木 絵里奈 tbs