本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



公明党・山口代表が岸田総理に習近平氏宛ての親書を要請する「2つの意図」
NSBTシニア・ストラテジストの長島純が8月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。公明党の山口代表が岸田総理に要請した習近平氏への親書について解説した。岸田文雄首相と会談後、記者団の取材に応じる公明党の山口那津男代表=2023年8月9日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社...
別窓で開く

日本を守る“最強の盾”となるか? 海自「イージス・システム搭載艦」既存の護衛艦との違いは
艦橋が違法建築っぽい?1番艦の就役は2027年度を予定 防衛省は2023年7月28日(金)、2023年度版の防衛白書を公表しました。今回の防衛白書では、防衛省が取得を進める新艦種「イージス・システム搭載艦」の新たなイメージ画像が公開されたのがポイントです 。 イージス・システム搭載艦は、配備が中止さ...
別窓で開く

元「STU48号」でPAC3ミサイル輸送も!? 自衛隊も愛用 劇場船転用のフェリーを見てきた!
アイドルグループの船上劇場として瀬戸内海を中心に運航していた「STU48号」が引退後、名前を変えて自衛隊の輸送などに使われています。しかも期間限定で乗ることもできたのだとか。博多へ見に行ってきました。...
別窓で開く

“ここはアメリカ”横浜のど真ん中になぜ? 米軍専用の港「ノース・ドック」戦争に翻弄された歴史
横浜を代表する観光地「みなとみらい21」のすぐ近くに、横須賀や佐世保と同じ在日米軍専用の埠頭「横浜ノース・ドック」があります。ここは戦前、日本が整備した物流拠点でした。その知られざる歴史を振り返ります。横浜港にある「瑞穂埠頭」ってドコ? 横浜を代表する観光地と知られる「横浜みなとみらい21」。...
別窓で開く

智謀の陸将が語る日本最前線のシナリオ。中露の連携は何をもたらすのか!?
なぜ、中国は核弾頭配備を早急に進めるのか? この非常事態に元陸将・小川清史氏が緊急投稿。ロシア・ウクライナ戦争に学んだ中国の戦略を分析、日本は何をすべきかを提言する。■戦争ではない「特別軍事作戦」で起きたこと2022年2月24日から始まったロシア・ウクライナ戦争、すでに1年4か月が経過しているが、戦...
別窓で開く

旧日本海軍艦で“最も長く現役だった艦”とは ご長寿揃いだった明治生まれたち 米軍も興味津々?
旧日本海軍は、1872〜1945年の73年間続きました。その中で、最も長く活躍した軍艦は日露戦争で活躍した、戦艦・装甲巡洋艦たちでしょう。一番長く存在しているのは、記念艦となった戦艦「三笠」ですが、最も長く活動した軍艦は何でしょうか。日清、日露、WW1、WW2のすべてを経験したベテラン艦 旧日本海軍...
別窓で開く

北朝鮮の“衛星”どう破壊 地対空ミサイル「PAC3」は何がスゴイのか ウクライナでは救世主に
PAC-3は、迎撃ミサイルとして日本でもなじみがあるかもしれません。正式には地対空ミサイルシステムのことですが、ウクライナ戦争でもロシア製ミサイルを撃墜するなど、供与されてすぐに戦果をあげています。ウクライナに供与後、即戦果をあげた「パトリオット」 北朝鮮は日本に対し、2023年6月11日(日)午前...
別窓で開く

北朝鮮の発表通り「人工衛星発射」の可能性も 狙いは米軍拠点と空母打撃群の位置把握か
笹川平和財団の上席フェロー・小原凡司氏が5月30日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。北朝鮮による人工衛星の発射について解説した。新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の発射実験を視察する金正恩朝鮮労働党総書記(手前)=2022年3月24日、平壌(朝鮮中央通信=共同)...
別窓で開く

おっとりした人が多そうな都道府県ランキング!京都と北海道を抑えて1位に選ばれたのは?
人柄やしぐさなどが落ち着いていて、こせこせとしていないさまを意味する「おっとり」。このようなおっとりした人が身近にいると、なんだか落ち着いた気持ちになれますよね。そこで今回は、おっとりした人が多そうな都道府県はどこなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

「有事の際はどうするのか」自衛隊輸送艦が沖縄本島の港に入港できず 高橋洋一が言及
数量政策学者の高橋洋一が4月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。自衛隊輸送艦が沖縄本島の港に入港できずに混乱を招いた沖縄県の管理について解説した。...
別窓で開く


[ 南西諸島 ] の関連キーワード

ウクライナ アメリカ 北海道 北朝鮮 自衛隊
公明党 ノース