本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



一番空気がきれいだと思う都道府県ランキング!2位は長野県
2023年にスイスの空気清浄機メーカー「IQエアー」が発表した世界の大気状況報告書(2022年)で、汚染濃度の高さが世界97位となった日本。世界保健機関(WHO)の基準値こそ超過したものの、アジアではカンボジアに次ぐ空気のきれいさとなっています。そこで今回は、一番空気がきれいだと思う都道府県はどこな...
別窓で開く

【でも幸せならOKです】「我が家の“中隊長”がお怒りになるから、帰ります」…自宅に帰れば最下級戦士。結婚した自衛官たち、こうなる(Xフォロワー27万人超・元陸上自衛官が解説)
(※写真はイメージです/PIXTA)「強く堂々とした、立派な男子」を意味する言葉、「ますらお」。もはや死語に近いともいえますが、日本で消えゆく「ますらお」達の育成教育を行っている組織の一つが陸上自衛隊です。Xフォロワー27万人超・元陸上自衛官ぱやぱやくん氏の著書『陸上自衛隊ますらお日記』(KADOK...
別窓で開く

海自じゃなくて陸自のフネか? 異色の「機動舟艇」設計に着手へ 南西諸島防衛の“運び屋”
「あきつ丸」や「まるゆ」みたい?機動舟艇を「自衛隊海上輸送群」に配備へ 防衛省・自衛隊は、2024年度予算の概算要求に盛り込んだ「機動舟艇」の設計作業に着手します。陸上自衛隊 中央会計隊は2023年11月、「機動舟艇の設計基礎資料の作成」業務を一般競争入札で公示しました。今後、設計作業が本格化すると...
別窓で開く

冬に行きたい都道府県ランキング!京都府、石川県、北海道、1位に選ばれたのは…
47の都道府県それぞれが地理・気候的な特徴を持つ日本。同じ季節に旅行で訪れても、その場所で得られる体験は地域によって実にさまざまですよね。そこで今回は、冬に行きたいと思う都道府県はどこなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

陸自「オスプレイ」移駐先&米海軍空母機の訓練先 整備加速へ 防衛省が補正予算案を公開
佐賀駐屯地(仮称)の開設時期は2年後!国産の超長射程ミサイルも早期に整備 防衛省は2023年11月10日、2023年度補正予算案の概要を発表しました。 計上額は8130億円、その内訳は「1、自衛隊の災害への対処能力の強化等」が1463億円、「2、自衛隊等の安全保障環境の変化への適切な対応」が6617...
別窓で開く

日本政府のガザ「人道休戦」国連決議棄権、G7「共同声明」不参加は「妥当な判断」 佐々木俊尚が見解
ジャーナリストの佐々木俊尚が11月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。イスラエル・パレスチナ情勢への日本の対応について解説した。...
別窓で開く

辺野古工事 対中戦略において米海兵隊の機能を万全にするためにも重要
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が10月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。辺野古工事の承認をめぐる「代執行裁判」について解説した。...
別窓で開く

渓流で一生を過ごす淡水種なのに「サワガニ」は海流に乗って分散していた!
淡水生のサワガニはかつて、海流にのって新天地に移動する大冒険をしていたようです。信州大学は新たな研究で、日本固有種であるサワガニの祖先が琉球列島などの南西地域に起源し、そこから陸を伝って北方へ拡散した証拠を発見。その中で陸路分散だけでは説明できないグループを発見し、それらが「黒潮」にのって海を渡った...
別窓で開く

沖縄の米海兵隊が一変! 新編「海兵沿岸連隊」これまでとナニ違う? 日本の安全保障にも影響大なワケ
沖縄に駐留するアメリカ海兵隊の第12海兵連隊が、第12海兵沿岸連隊に改編されます。それはインド太平洋地域で島嶼戦闘を考慮するからだとか。従来とどう変化するのか、組織や装備、戦い方などについて見てみます。...
別窓で開く

もはや“海のショッピングモール”? 海自「補給艦」20年ぶり新造のワケ 油&貨物に車両運搬・病院も
海上自衛隊が約20年ぶりに新型の補給艦を建造する予定です。外観も機能も従来の補給艦から一新されたものになるとのこと。加えて、造船所も20年前とは様変わりしており、技術の伝承という目的も含まれているようです。新型補給艦の1番艦は5年後の就役を予定 防衛省は2023年8月31日に公開した2024年度概算...
別窓で開く


[ 南西諸島 ] の関連キーワード

オスプレイ 辺野古 佐々木 北海道