本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ドイツもどういう気分か分かっただろう。日本よくやった」議論を呼んだ田中碧の決勝点にイングランドサポがなぜ歓喜?「報いを受けるのに12年かかった」【2022総集編】
 今年も残すところあと6日となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、カタール・ワールドカップで話題となった「三笘の1ミリ」にイングランドのファンが反応した記事を再掲する。...
別窓で開く

中国に古くから伝わる環境保護の手法、その活用法とは—専門家が課題も含め紹介
「古くからの知恵」をあなどることはできない。一時は「不合理だ」と思われていたことが、「大きな目で見れば実に合理的だった」と判明した事例は枚挙にいとまがないほどだ。古くからの住民コミュニティーが守り続けてきた、自然資源の利用についての「しきたり」も、生態系や生物多様性を維持するために極めて有効な場合が...
別窓で開く

今季限りで現役引退の駒野友一氏が16年ぶりに広島帰還! スクールコーチ担当に就任
サンフレッチェ広島は25日、今季限りで現役引退を発表したFC今治の元日本代表DF駒野友一氏が、2023シーズンよりサンフレッチェ広島のアカデミー普及部コーチ(スクールコーチ)に就任することが決まったと発表した。 現在41歳の駒野氏は、2000年から広島でプレー。2008年にジュビロ磐田、2016年に...
別窓で開く

「警報が鳴ると地下へ避難」困難を乗り越え日本へ来たウクライナのチョコレート物語
ウクライナの"今"を知るきっかけはニュースばかりではありません。たとえば、スイーツ。今回参加したチョコレートの発表会でも、ウクライナで過ごす人々の生活を感じることができました。■停電で電気も使えず...参加したのは、大手通販サイト「フェリシモ」が運営する「幸福のチョコレート」の発表会です。2022年...
別窓で開く

韓国ソウルに中華料理屋装った中国の海外警察? 中国側は完全否定
海外在住の華人向け情報サイト「留園」は23日、韓国ではソウル市内にある中華料理店が、中国当局による「海外警察」との疑惑がもたれていると紹介する記事を掲載した。中国側は完全否定している。騒ぎの発端は、韓国メディアが同日、「消息筋によると、韓国の反スパイ当局は、ソウル市江南(カンナム)区にある中華料理店...
別窓で開く

昨季リーグワン新人賞獲得から日本代表デビュー。W杯出場を狙う24歳のウインガー根塚洸雅とは何者か?
24歳の根塚洸雅は、今年5月に閉幕したジャパンラグビーリーグワン初年度で新人賞を獲得。しかし、11月下旬まで2か月ほど続いた日本代表の試合では出番がなかった。 遠征先で、SNSに自身の起用を待ち望む声が載っていると知った。...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、W杯やオリンピックの出場国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する。各地域...
別窓で開く

「中堅国は列強対決をチャンスと捉えているのに」と韓国紙、「米国一辺倒」の尹政権に疑義
韓国の外交政策をめぐり、ハンギョレ新聞はコラムで「中堅国が列強の対決を『チャンス』と捉えているのに、韓国は特定の列強を選ばざるを得ない『危機』としかみなしていないのではないか」との見方を示した。政権獲得後、「米国一辺倒」の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の姿勢に疑義を呈した形だ。...
別窓で開く

「悲願のW杯制覇後もプレーを」 メッシが「代表続行」を宣言した理由
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は12月18日、サッカー・カタールW杯で悲願の優勝トロフィーを手にしたアルゼンチン代表、リオネル・メッシ選手と、チームメイトの絆にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

不祥事目立った2022年...強いチームづくり、組織の立て直しは、サッカー日本代表に学べ(大関暁夫)
サッカーワールドカップ(以下、WC)・カタール大会は、日本代表がドイツ、スペインという世界の強豪国に対して、共に逆転勝ちし、グループリーグをトップで勝ち抜ける大活躍もあって、日本中が大変な盛り上がりを見せました。...
別窓で開く


[ 南アフリカ ] の関連キーワード

ナイジェリア ウクライナ ソウル ドイツ