本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



既婚者と知らずにバイト先のマスターと不倫、ある日店に妻がやって来て…
スキャンダラスなイメージで、非日常的な響きがある「不倫」というキーワード。ですが、それは意外と日常に転がっています。要は妻子ある相手とお付き合いしてしまえば、それが「不倫」の第一歩、となるのです。「まさか自分が『不倫』に関わると思っていませんでした」 そう話すのは、浜崎由美さん(27歳・会社員)。...
別窓で開く

海外旅行で出会った日本人男性とワンナイト。帰国後に“ほぼストーカー化”して恐怖
旅先では、心が解放されて、ふだんとは違う自分の一面が顔を出すことがあります。 原島涼子さん(仮名・29歳)は、ひとり旅が好きで会社の休みのたびに海外旅行に出かけていたそう。そんな旅先で、手痛い失敗をしてしまったそう。◆トルコへ旅行、洞窟ホテルに滞在「オリエンタルな雰囲気に惹かれてトルコに旅行したとき...
別窓で開く

羽鳥慎一“好きな男性アナ”6回目の1位に疑問…安住&桝の好感度抜群アナは?
安住紳一郎 (C)まいじつ 一部の芸能メディアが行った年末恒例「好きな男性アナウンサーランキング」に異論、疑問が続出している。ランクではフリーアナの羽鳥慎一が1位を獲得。2位が日本テレビの藤井貴彦アナ、3位がNHKの武田真一アナだという。ここに疑問が浮上するだろう。...
別窓で開く

【100万円増額計画】2022年、急速に進むドル高円安で「難しい展開だった」FXトレード...大事なのは「敵を知り己を知れば百戦危うからず」!【結果発表!】
学生のみなさんとともに、およそ半年にわたって挑戦してきた「100万円増額計画 FX大学対抗戦 Season6」の最終結果が出そろった。これまでを振り返って、アドバイザー・ゆかてぃんさんから2022年のマーケットの振り返りと講評、そして、参加者のみなさんから寄せられたコメントとともに、当企画を締めくく...
別窓で開く

森保監督の驚異的な「マネジメント術」を専門家が分析 恩師が明かす「やんちゃで繊細」な素顔とは
 W杯優勝経験のあるドイツとスペインに逆転勝利できたのは、森保一(はじめ)監督(54)のマネジメント力のなせる業。そんな評価が急浮上している。すなわち、あらゆる組織人にとって参考になるというのだ。 ***「手のひら返し」という言葉がトレンド入りするほど、ここまで森保ジャパンへの評価は、二転三転してき...
別窓で開く

夫の携帯から“強烈エロ画像”がどっさり出てきてア然、妻が取った行動は
男性がエッチなことに関心があるのは仕方がないことだとしても、やっぱりそれをモロに見てしまうとガッカリしてしまうもの。 安藤佐智子さん(35歳・主婦)は、夫のスマホ購入に付き添った際、とんでもないものを見つけてしまったそう。◆デジタル機器に弱い夫の付き添いでスマホを買いに「夫は、スマホやパソコンに弱く...
別窓で開く

「テレワークうつ」の正体は承認不足だった。
最近、よく耳にする「承認欲求」という言葉——。日本でテレワークがうまく進まない原因は、閉ざされた組織に巣くう特異な「承認欲求」にあると、本書「日本人の承認欲求」(新潮新書)は指摘する。誰もが持つ認められたい気持ちをコントロールし、満たされるにはどうしたらいいか。テレワークがさらした日本の社会、企業の...
別窓で開く

不倫相手の妻から職場に電話がきてパニック、「会って話したい」と言われ…
妻子ある男性と知りつつも、恋に落ちてしまったら…いけないとわかっていても会ってしまうとき、いちばん恐れる存在は“妻”。 富田洋子さん(28歳・派遣社員)は、その最恐の存在に対峙した経験があるそうです。◆いけないとわかりつつ、深みにはまり…「大人の男性に憧れて、若気の至りで妻子ある男性とお付き合いして...
別窓で開く

前回は「国公立100大学合格力」による全国高校ランキングをお届けした。今回は「難関私立大学合格力」である。対象となる大学が首都圏に多いため、“西高東低”の国公立とは反対に“東高西低”となる。2022年のベスト50は1校を除き首都圏で占められ、私立と國公立が26校と24校で拮抗しているのも特徴だろう。...
別窓で開く

彼との初エッチで“背中の手ざわり”にゾワッ、恐る恐る見て衝撃!
だんだん寒くなってくると、人肌が恋しい季節になってきますね。コロナでマスクが日常的になっているからこそ、おうちでまったりできる相手が欲しい気持ちにもなってしまいます。 根岸はるかさん(28歳・仮名)も、そんなじっくりと付き合える相手と出会えたと思ったようですが…。◆猛烈アプローチを受けてお付き合い ...
別窓で開く


[ 同志社 ] の関連キーワード

女子学院 洗足学園