本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



1部昇格の男子・佛教大や女子・大阪成蹊大は本戦出場なるか<インカレ関西予選見どころ>
<第91回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)関西予選 日時:5月19日 場所:堺市立大浜体育館>19日に、大阪府堺市大浜体育館にて全日本大学総合卓球選手権大会団体の部(通称:インカレ)の関西予選が行われる。...
別窓で開く

コロナ禍で崩壊した「見せびらかし文化」、威光を失った管理職の末路 学歴や肩書きの価値が失われた今、どうやって「承認欲求」を満たすのか?
(太田肇:同志社大学政策学部教授) アルバイト店員がいたずら動画をSNSにアップしたり、インスタで“リア充”をアピールするため高価な化粧品を買ったり、たいして興味もないのに海外旅行に出かけたり。若者の「承認欲求」がひところ顰蹙を買った。ところがコロナ禍の外出自粛で承認欲求が満たせなくなり、ストレスを...
別窓で開く

「コロナでガクチカがないから早めに就活スタート」が大間違いな理由
画像はイメージ新年度になり、2024年卒の大学生からの就活相談も増えてきました。そこで感じるのが、学生時代に力を入れて取り組んだこと、いわゆるガクチカが無い学生の多さです。もちろん理由があって、24卒の学生は、大学入学のタイミングで新型コロナの影響を受け、授業はリモート、部活は中止、サークルも活動中...
別窓で開く

浦和・西川周作が天皇杯を返還「今年もカップを掲げられるように」
日本サッカー協会は16日、5月21日(土)に開幕する『天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会』に先立ち、開幕記者会見を実施。前年度優勝チームである浦和レッズの西川周作主将による天皇杯返還セレモニーのほか、今大会のコンセプト「つながる」の下、トークセッションなどが行われた。...
別窓で開く

コロナ感染拡大から3年目の春。街中では、外食を楽しむ人々が少しずつ増えてきた。それまでテレワークを推奨していた企業でも、通常出勤を命じるところが増えている。もともと日本企業では、「在宅では生産性が上がらない」という意見が多く、テレワーク推進の声も一時のものにとどまった印象だ。太田肇・同志社大学政策学...
別窓で開く

師匠は「伝説の豪速球投手」 関大・金丸が17奪三振 関西学生野球
 関西学生野球春季リーグは15日、大阪市南港中央野球場で2回戦2試合があり、関西大学は同志社大学を7—0で降し、1勝1敗とした。金丸夢斗(2年・神港橘)が17三振を奪って4安打完封した。 昨秋以来2度目の先発だった関大の金丸は、課題だったセットポジションでの投球で成長を見せた。...
別窓で開く

【関関同立】法学部・学費比較「4年間の納付金の合計はいくらか」
− 子育て費用・教育費研究シリーズ −お子さんの教育費をトータルで考えたとき、もっとも負担が大きいのが「大学進学」にかかる費用ではないでしょうか。乳幼児の頃から、学資保険などを活用して準備を進めてこられた方も多かったはず。ところが、超低金利状態が続くいま、学資保険の返戻率も低下しています。...
別窓で開く

オンラインフィットネスが人気だ。しかし6年前、いち早くライブレッスンを始めたSOELUでは、レッスンをしても誰も視聴していない受講生ゼロのクラスがあったという。そんな苦しい時期を乗り越えて会員数を伸ばした背景には、地道な人材の発掘とコミュニティづくりがあった——。■3人に1人が体重増コロナ禍で急増し...
別窓で開く

佐々木朗希の同級生が語る“進化”と“決勝登板回避”秘話 「今では監督の決断は正解と」
 大谷翔平に続く、新たな大スターの誕生となるか。28年振りとなる完全試合を、史上最年少で達成した佐々木朗希(20)。学生時代に共に汗を流した同級生が、その“進化”と「あの夏」の秘話を語った。 *** 佐々木が大記録を達成したのは、4月10日のオリックス戦でのこと。...
別窓で開く

ホリプロ前会長・小田信吾さん死去 83歳 和田アキ子・山口百恵さんらの育ての親
芸能事務所ホリプロの前会長・小田信吾さんが4月30日、急性心不全により死去した。83歳。9日、同社がマスコミ各社に発表した。故人の遺志と家族の意向により通夜・告別式は、家族のみで執り行われた。後日、お別れの会を予定している。 ホリプロは「私どもホリプロの前・会長 小田信吾氏が、4月30日、急性心不全...
別窓で開く


[ 同志社大学 ] の関連キーワード

ホリプロ アキ子 佐々木 成蹊大