本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「エホバの証人」で性被害150件超 元2世信者らが公表 性体験を「泣きながら回答した」教団は“強要”を否定【Nスタ解説】
「エホバの証人」の元2世信者らが教団内での“性被害”についての調査結果を公表しました。ほかの信者から体を触られたり、性体験を話すよう強制されたなどの訴えが150件に上り、ある女性は、性体験を「泣きながら話した」と告白しました。エホバの証人 “性被害”調査 「記憶に蓋しないと生活できない」28日、エホ...
別窓で開く

旧統一教会の被害救済法案、来月1日にも採決=与野党、29日修正協議
 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済を巡り、与野党は28日、議員立法2法案の修正協議を29日に行うことで合意した。与党は12月1日の衆院法務委員会で採決を目指すが、2法案の隔たりは大きく、一致点を見いだせるかは不透明だ。 2法案は自民、公明、国民民主の3党と、立憲民主、日本維新の会の2党...
別窓で開く

久本雅美 池田大作氏の葬儀で目撃した憔悴姿…選挙運動にも尽力した芸能界トップクラスの貢献
小春日和となった11月23日の昼ごろ、都内の住宅街を沈痛な面持ちで歩いていたのは久本雅美(65)。迎えの車に乗り込んだ彼女が向かった先は、創価学会の東京戸田記念講堂だった。「この日、11月15日に亡くなった創価学会名誉会長・池田大作氏の学会葬が行われました。会場では池田氏の生涯をたどる映像が流されま...
別窓で開く

「政治とカネ」野党が追及続行へ=与党、補正29日成立目指す—国会
 国会は週明けから、2023年度補正予算案の論戦の舞台を参院予算委員会に移す。27、28両日に岸田文雄首相と全閣僚が出席する総括質疑が行われ、政府・与党は29日の成立を目指す。野党は、自民党5派閥の政治資金パーティー収入過少記載問題などの追及を続ける方針。内閣支持率の低下に悩む首相にとって逆風下の審...
別窓で開く

自・立、早速批判の応酬=旧統一教会、被害救済法案審議入り
 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済のための議員立法2法案は24日の衆院法務委員会で、審議入りした。自民、公明、国民民主3党による教団財産の監視を強化する特例法案と立憲民主党と日本維新の会が共同提出した教団財産の包括的保全を可能にする特別措置法案は、財産散逸を防ぐ手法や強制力に大きな違い...
別窓で開く

政府が東京地裁に解散命令を請求した旧統一教会。今後、多額の献金をさせられた被害者の救済は前進するのか。元信者でジャーナリスト多田文明さんは「与党プロジェクトチームによる財産保全のための取り組みは不十分で、結局は、『被害者の自助努力で裁判をやってください』と言っているのと同じで適切な対応ではない」とい...
別窓で開く

■創価学会は岸田政権の「アキレス腱」「国内外で、平和、文化、教育の推進などに尽力し、重要な役割を果たされ、歴史に大きな足跡を残されました」——。  新興宗教「創価学会」の池田大作名誉会長が亡くなったことを受けて、岸田文雄首相がSNSに投稿をした哀悼コメントが「政教分離はどこいった?」と炎上している。...
別窓で開く

 衆院法務委員会は22日の理事懇談会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済に向けた議員立法の2法案について、24日に審議に入ることで合意した。文部科学委、消費者問題特別委との連合審査を12月1日に行うことも申し合わせた。 【時事通信社】...
別窓で開く

自民党幹事長、総務会長、衆議院議長などを歴任した衆議院議員の細田博之氏が11月10日、79歳で逝去した。旧統一教会関連団体との密接な関係について説明責任が問われる中、体調不良を理由に衆議院議長を辞任してから1カ月後の急死であった。氏について政治的な評価を下すだけの知見を持ち合わせていない筆者だが、そ...
別窓で開く

「悪質ホスト」問題は、ついに首相が国会で答弁するに至った。岸田首相は20日午後、衆院本会議の代表質問で同問題への認識を問われ、「返済のために売春するなどの事例があることを承知しております」と回答。首相が「しっかり行って参ります」と宣言した対策の中身とは?  (ジャーナリスト 富岡悠希)■「悪質ホスト...
別窓で開く


[ 統一教会 ] の関連キーワード

創価学会 自民党