本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



破壊工作の工作員候補としてKGBがリクルートしたい人材とは?
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースで、改めて注目されたのがプーチン大統領が元KGBの諜報員だったという経歴だ。現在、ロシアとNATO諸国が衝突する危険性もあるが、20世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」から、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ソ連時代のKGBが立てていた破壊...
別窓で開く

KGBによるプロパガンダ!? 米軍が日本国内で暴動鎮圧をするという密約
ロシアや中国に関するニュースで耳にするようになったのが「プロパガンダ」。現代の戦争は、軍事的な手段だけではなく、非軍事的な手段も含めた「全領域」で展開され、そのひとつが情報戦だ。プーチン大統領も所属していたソ連時代のKGBが、日本に対して行っていた工作事例を、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内...
別窓で開く

“隠された”ソ連のアフガニスタン侵攻の闇に光を当てた男
ソ連の近現代史が書き換えられることになったのは、ミトロヒンの功績です。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、二十世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」によって明らかになった、ソ連の秘密工作について紹介する。※本記事は、江崎道朗:監修/山内智恵子:著『ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・...
別窓で開く

オリンピックは秘密諜報員やスパイを送り込む絶好の機会
手書きで約10万ページに及ぶ「ミトロヒン文書」は、二十世紀の最重要史料のひとつ。持ち出しが見つかれば死刑になる、そんな危険を12年間も冒し続けたのはなぜなのか。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ミトロヒンの生い立ちやKGBで経験した出来事などに迫ります。...
別窓で開く

日本についての記述もあり! 「ミトロヒン文書」がすごい理由
公文書取り扱いの専門的訓練を受けたミトロヒンによって、崩壊したソ連から持ち出されたKGB文書は、二十世紀の最重要史料とされています。その「ミトロヒン文書」とは、どのようなものなのかを評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が紹介する。※本記事は、江崎道朗:監修/山内智恵子:著『ミトロヒン文書...
別窓で開く

現代史が変わる!? ソ連崩壊後に持ち出されたKGB機密文書の衝撃
「インテリジェンス」とは広い意味を持つ言葉です。いわゆるスパイ活動のほかに、宣伝・プロパガンダ工作、またそれらの活動を行う情報機関を意味することもあります。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、二十世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」を紹介する。...
別窓で開く


<前へ12次へ>