本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



息子(原田泰造)が老舗サウナへ 「お盆」時期のしみじみ演出ドラマ25「サ道2021」(テレビ東京系)
「コップのフチ子」の生みの親であるタナカカツキのサウナを題材としたエッセイ漫画のをドラマ化したもので、2019年7月期に放送され、今回はその第2シリーズ。原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗の3人がサウナ愛好者として出演するのは前回と同じ。サウナーたちの「ととのったー」もすっかりおなじみのスタイル。...
別窓で開く

行方をくらませた立川大輔はどこへ!?「連続ドラマW コールドケース3〜真実の扉〜」放送直前第8話の見どころ映像解禁!
テレビドラマの枠を超えた圧巻のスケールとクオリティーで各所で話題となっている「連続ドラマW コールドケース3〜真実の扉〜」。今夜30日(土)に放送される第8話の見どころ映像が到着しました。...
別窓で開く

“隠された”ソ連のアフガニスタン侵攻の闇に光を当てた男
ソ連の近現代史が書き換えられることになったのは、ミトロヒンの功績です。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、二十世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」によって明らかになった、ソ連の秘密工作について紹介する。※本記事は、江崎道朗:監修/山内智恵子:著『ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・...
別窓で開く

見つかれば即処刑! ミトロヒンがKGB機密文書を持ち出した目的とは?
ブレジネフ政権の下で1967年にKGB議長に就任したのが、その後15年間という歴代最長任期を務めることになるアンドロポフでした。ミトロヒンは、KGBの部外秘の機関誌や第一総局の文書を日常的に読んでいる中で、ソ連の体制への絶望が深まっていきました。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、な...
別窓で開く

オリンピックは秘密諜報員やスパイを送り込む絶好の機会
手書きで約10万ページに及ぶ「ミトロヒン文書」は、二十世紀の最重要史料のひとつ。持ち出しが見つかれば死刑になる、そんな危険を12年間も冒し続けたのはなぜなのか。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ミトロヒンの生い立ちやKGBで経験した出来事などに迫ります。...
別窓で開く

日本についての記述もあり! 「ミトロヒン文書」がすごい理由
公文書取り扱いの専門的訓練を受けたミトロヒンによって、崩壊したソ連から持ち出されたKGB文書は、二十世紀の最重要史料とされています。その「ミトロヒン文書」とは、どのようなものなのかを評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が紹介する。※本記事は、江崎道朗:監修/山内智恵子:著『ミトロヒン文書...
別窓で開く

現代史が変わる!? ソ連崩壊後に持ち出されたKGB機密文書の衝撃
「インテリジェンス」とは広い意味を持つ言葉です。いわゆるスパイ活動のほかに、宣伝・プロパガンダ工作、またそれらの活動を行う情報機関を意味することもあります。評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、二十世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」を紹介する。...
別窓で開く


[ 智恵子 ] の関連キーワード

アフガニスタン テレビ東京 ミトロヒン

<前へ1234次へ>