本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



勝新太郎の薬物逮捕で兄・若山富三郎が吐き捨てた「顔を隠したりして惨めなヤツだ」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
「あれほどの男が恥を忍んで、私に頭を下げてきたんだからね。貸さないわけにはいかないじゃないの!」 以前、取材した浅草「ロック座」名誉会長・齋藤智恵子さんは、こういって微笑んだ。彼女が言う「あれほどの男」とは、俳優の若山富三郎を指す。齋藤さんは若山に5000万円、さらに弟・勝新太郎に20億円以上を用立...
別窓で開く

「日中戦争を長引かせる」大きな影響力があったソ連の工作活動
日中戦争時、中国に対して思い通りの支援を届けることができなかったイギリスとアメリカ。それは、ソ連が英米に潜り込ませていたスパイの巧みな対中政策の操作が背景にある。各国の中国支援を操っていたソ連には、いったいどのような思惑があったのだろうか? インテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏...
別窓で開く

情報はあったのに…マレー沖海戦で日本軍によって沈められたイギリス戦艦
日中戦争の開戦前、1940年からイギリスと中国は手を組んで、日本が使用する暗号の解読に乗り出す。しかし、実際のところは協力関係が進まないままの状態だったので、イギリスは戦艦2隻を失うことになった。その裏にあった両国の思惑とは? 同盟国であっても決して油断してはならないことを、インテリジェンスヒストリ...
別窓で開く

イギリスが中国に仕掛けた日本軍への共同破壊工作計画のワナ
第二次世界大戦中、連合国と枢軸国に二分されていた世界。しかし、同じ連合国に属していたはずのアメリカとイギリスは「中国はどうあるべきか」という考えにおいて、根本的に違っていた。アメリカのインテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ教授の「日中戦争」論をもとに、日本と中国が必死の攻防...
別窓で開く

中国の台湾侵攻を皮切りに、東アジア圏の平和が脅かされる未来、台湾有事が現実味を帯びてきている。もはや中国を一国の力で止めることは限りなく不可能に近いが、かつての日本と中国の戦いは、どのようにして展開された戦争だったのだろうか。アメリカのインテリジェンスヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ...
別窓で開く

2027年の中国人民解放軍の建軍100周年を控え、これまでにない緊張感が走っている国際社会。特に危険の迫る隣国日本は、中国の表層を理解するだけでは正しい対中政策は行えない。長いあいだ中国に対して「関与政策」をとってきたアメリカは、トランプ大統領就任後からは政策をいきなり180度転換させ、徹底的に対抗...
別窓で開く

小芝風花“IQ200の頭脳”で貞子の呪いに挑む『貞子DX』本予告解禁 主題歌は三代目J SOUL BROTHERS
女優の小芝風花が主演を務めるホラー映画『貞子DX』の公開日が10月28日に決定し、本予告映像とポスタービジュアルが解禁。併せて主題歌が、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの書き下ろし楽曲「REPLAY」に決定したことも発表された。...
別窓で開く

滝藤賢一、「自分でも驚くほど美しい」ドラァグクイーン初挑戦 『ひみつのなっちゃん。』で映画初主演
俳優の滝藤賢一がドラァグクイーン役で主演を務める映画『ひみつのなっちゃん。』が、2023年1月13日より全国公開されることが決まった。滝藤は映画初主演。 本作は、ドラァグクイーンたちの“ひみつ”を温かな笑いと素直な涙で彩るハートフル・ヒューマン・コメディー。滝藤は、亡き友人のひみつを守るために奮闘す...
別窓で開く

破壊工作の工作員候補としてKGBがリクルートしたい人材とは?
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースで、改めて注目されたのがプーチン大統領が元KGBの諜報員だったという経歴だ。現在、ロシアとNATO諸国が衝突する危険性もあるが、20世紀の最重要史料のひとつ「ミトロヒン文書」から、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内智恵子氏が、ソ連時代のKGBが立てていた破壊...
別窓で開く

KGBによるプロパガンダ!? 米軍が日本国内で暴動鎮圧をするという密約
ロシアや中国に関するニュースで耳にするようになったのが「プロパガンダ」。現代の戦争は、軍事的な手段だけではなく、非軍事的な手段も含めた「全領域」で展開され、そのひとつが情報戦だ。プーチン大統領も所属していたソ連時代のKGBが、日本に対して行っていた工作事例を、評論家・江崎道朗氏の調査担当を務める山内...
別窓で開く