本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本が優秀なGKを育てるためには何が必要なのか?「ファン・デル・サルは12歳、レーマンも11歳までは…」
 ジェリー・ペイトンは、2003年から15年間に渡りアーセン・ベンゲルが率いるアーセナルでゴールキーパーを指導し、03-04年シーズンのプレミアリーグ初めての無敗優勝やFAカップ4度制覇、さらには欧州チャンピオンズ・リーグ決勝進出などの快挙を支えた。 そんなペイトンが、日本のGKの育成環境を見て是非...
別窓で開く

万能調味料「こりゃヤバい埼玉」で料理がヤバいほど美味しくなる!
食楽web 今年で生誕150周年を迎える「埼玉県」。同県を題材にした映画が大ヒットしたことも記憶に新しく、何かとネタにされることもしばしば。首都圏にありながら自然も豊かで、農産物がよくとれる豊かな土壌も魅力です。 薬味に欠かせない「深谷ねぎ」や川越名産のさつまいも「紅赤」、狭山茶、柚子、さらには小川...
別窓で開く

「ダメならセットに戻ればいいやん」藤浪晋太郎はなぜフォーム改造に取り組んだのか。試行錯誤の末に掴んだ“自信”
その夜、藤浪晋太郎は「2人」いたのではないか。そう思えた。 4月9日、敵地の横浜スタジアム。7回4安打7奪三振2失点の好投で今季初勝利を飾った右腕は「粘ってなんとか立て直したかなというのが感想ですね」と、昨年8月21日のヤクルト戦以来231日ぶりとなる白星を、控えめに振り返った。 たしかに序盤は荒れ...
別窓で開く

淡路島の国営明石海峡公園では、2022年夏ごろ、温浴施設やプール、飲食店などの複合施設がオープンするようです。新施設がオープンするのは、国営明石海峡公園淡路地区の海岸ゾーン。海辺の展望を活かし、「食と健康」をテーマにした新しい公園が誕生します。...
別窓で開く

猛虎の“大型プロスペクト”佐藤輝明の可能性やいかに!?オープン戦から探る理想の起用法と将来像
期待と夢の詰まった“風船”は膨らんだまま、初陣に辿り着いた。 阪神タイガースのドラフト1位、佐藤輝明の見せた今春のパフォーマンスは周囲の予想を良い意味で覆し続けた。オープン戦では6本塁打を放ち、ドラフト制以降では史上初となる新人での本塁打王となった。猛虎待望の大型プロスペクト...
別窓で開く

いったいどこに繋がってるの...? 濃霧で「途切れた」明石海峡大橋がゾッとするほど幻想的
2021年3月21日、次のような写真が投稿され、大きな話題となっている。明石海峡大橋がすごいことになってる!! pic.twitter.com/yzyfe9oOFQ- たぬきねこ (@JGXC4035370) March 21, 2021 写真には、大きな橋が写っているのだが、濃霧に包まれ、途中から...
別窓で開く

にわかにざわつき始めた島で、静かに本屋を続ける娘と母
 本屋がある島ばかりを1人で旅している。理由はフリーペーパー『LOVE書店!』誌上にて、『離島の本屋』という連載を、足掛け16年続けているからだ。北は礼文島から南は与那国島まで、全国の島を巡っては本屋(や古本屋、時に図書館)のドアをガラガラと開けてきた。...
別窓で開く

「通勤がラクな西日本に移住したい」"東京暮らしの辛さ"に意見相次ぐ 「通勤ラクじゃないよ」「東京はぶつかっても謝らない」
東京に"暮らし辛さ"を感じる人は少なくない。キャリコネニュースが3月3日に配信した「東京暮らしに疲れた人々『通勤がラクな西日本に移住したい』『人が多くて歩くのに神経を使う』」が、ネット上で話題となった。記事では、読者から寄せられた「東京に住んでいてしんどいと思うこと」を紹介。...
別窓で開く

たべっ子どうぶつ見つめる木彫り猫 クスッと笑えるその正体はスマホスタンド
 「たべっ子どうぶつ食べよかな…この時間に食べると太るかな…」 兵庫県淡路島在住の花房さくらさん(以下花房さん)が、この日自身のTwitterに投稿した2枚の写真。そこに写し出されていたのは、東京の製菓会社・ギンビスが販売展開するお菓子「たべっ子どうぶつ」を手(前脚)に取って、じっと見つめる猫ちゃん...
別窓で開く

はちみつたっぷりの高級食パン店が勝どきに
◆ふんわり甘いはちみつ仕様!勝どきに自然の甘味と風味を大切にした高級食パン専門店「花みつ」がオープン2021年1月9日(土)に勝どきでオープンした「花みつ」は、店名にも「花のみつ=はちみつ」が入ったスイートな高級食パン専門店。「食べた時に自然の甘さを感じられるパンを作りたい」という職人の思いから、「...
別窓で開く