本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ウマ娘』ファル子、3.5兆人のファンに感謝 ライブで熱唱!デジたん興奮【セットリスト1日目】
人気コンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』の音楽イベント「ウマ娘 プリティーダービー 4th EVENT SPECIAL DREAMERS!!」横浜公演DAY1が4日、神奈川・ぴあアリーナMMで開催された。ウマ娘たちが、トークとともに初披露の新曲など気合いの入ったパフォーマンスで盛り上げた。...
別窓で開く

桂三枝「キミを一目見たときから運命的なもん感じたんや」【週刊実話お宝記事発掘】
桂三枝(現在は桂文枝) (C)週刊実話Web現代ではSNSや公式HPなどでの報告が主流だが、昭和の芸能人の「結婚会見」や「披露宴」はド派手だった。スターの皆さまが本誌の取材に答えてくれた珠玉の“プロポーズ名言・珍言集”をプレイバック!●昭和57年3月11日号掲載『プロポーズ名セリフ珍セリフ』(14)...
別窓で開く

大和田伸也「お互いある意味で冷静に…“結婚しようか”とひとこと」【週刊実話お宝記事発掘】
大和田伸也 (C)週刊実話Web現代ではSNSや公式HPなどでの報告が主流だが、昭和の芸能人の「結婚会見」や「披露宴」はド派手だった。スターの皆さまが本誌の取材に答えてくれた珠玉の“プロポーズ名言・珍言集”をプレイバック!●昭和57年3月11日号掲載『プロポーズ名セリフ珍セリフ』(15)年齢・肩書等...
別窓で開く

AKB48小栗有以・日向坂46濱岸ひより・≠ME鈴木瞳美・山口乃々華「オッドタクシー」舞台化決定 ミステリーキッス結成を描く
【モデルプレス=2022/05/03】AKB48の小栗有以、日向坂46の濱岸ひより、≠MEの鈴木瞳美、女優の山口乃々華が出演する舞台『オッドタクシー 金剛石(ダイヤモンド)は傷つかない』が7月14日〜18日に渋谷区文化総合センター 大和田・伝承ホールにて上演されることが決定した。...
別窓で開く

『オッドタクシー』が舞台化 小栗有以&濱岸ひより&鈴木瞳美&山口乃々華が結成前のミステリーキッスに
2021年4月よりテレビ東京にて放送されたアニメ『オッドタクシー』が舞台化され、『オッドタクシー 金剛石(ダイヤモンド)は傷つかない』として7月に上演されることが決定した。 インターネット上で考察ブログが多数立ち上げられ、最終回は放送後ツイッターでトレンド入りするなど、熱狂的なファンを生んだ同アニメ...
別窓で開く

『オッドタクシー』舞台化、7月に上演 ミステリーキッス結成まで描く 出演は小栗有以・濱岸ひより・鈴木瞳美・山口乃々華
アニメ『オッドタクシー』が舞台化されることが3日、発表された。タイトルは『舞台「オッドタクシー 金剛石(ダイヤモンド)は傷つかない」で、7月14日〜18日に東京・渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホールにて上演される。物語は3人組アイドルグループのミステリーキッス結成までを描く前日譚で、キャストは小...
別窓で開く

〈カムカム 明日特番〉父が「家を売って、車を売って」家族で上京…SixTONES松村北斗か?ブレイクするまで
 カムカムが帰ってくる! 4月8日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。大反響を受け、GWには170分の総集編(BS4K:5月1日午後1時30分〜4時20分、総合:5月4日午後2時〜4時59分)が放送される。NHKによれば「別の作品としても楽しめるくらい」大胆な編集を施したと...
別窓で開く

『マイファミリー』出演の高橋メアリージュン、『モトカレ←リトライ』主演の川津明日香が所属 春ドラマ出演俳優所属のエイジアプロモーションが新人を募集
学園ドラマやラブコメディー、刑事もの、ミステリー、人気漫画を原作とした作品、ホームドラマなど、バラエティに富んだラインナップが出そろった4月スタートの「春ドラマ」。話題作が目白押しのゴールデンタイムの王道テレビドラマに加え、深夜ドラマ枠やローカル、衛星放送、動画配信など多岐にわたり、個性的な作品が日...
別窓で開く

〈カムカム 明日特番〉安子役・上白石萌音 現場挨拶の最後の一言にスタッフは泣いた
 カムカムが帰ってくる! 4月8日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。大反響を受け、GWには170分の総集編(BS4K:5月1日午後1時30分〜4時20分、総合:5月4日午後2時〜4時59分)が放送される。NHKによれば「別の作品としても楽しめるくらい」大胆な編集を施したと...
別窓で開く

カムカムエヴリバディでも触れない違和感 NHKが一切認めようとしない戦争責任
 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」が終わってから、10日以上が過ぎた。素晴らしいドラマであった半面、唯一にして重大な問題点があったと考える。ヒロインたちとラジオの物語であり、平和への祈りも織り込まれていながら、戦前は唯一のラジオ局だったNHKの戦争責任に一切触れなかった点だ。...
別窓で開く