本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サムスントップ、欧州出張終えて帰国=EUV装備・供給拡大を協議
サムスン電子の”経営トップ”イ・ジェヨン(李在鎔)副会長が6日間の欧州出張を終えて14日、韓国に帰国した。李副会長はオランダ、スイスなど主要地域を訪問し、半導体や人工知能(AI)など核心事業部門での戦略的ビジネスミーティングを行ったと伝えられている。この日午前、李副会長は大韓航空のチャーター便を利用...
別窓で開く

<W解説>8日から再開した日韓の往来、賛否両論と日韓路線に対する航空会社の思惑
10月8日から「日韓ビジネスマン特別入国手続き」が施行された。韓国国内の航空会社も日韓路線の運航便を増やす予定だ。施行当日の10月8日には日韓で活動する歌手ジェジュンが日本から韓国に入国、2週間の自家隔離が「免除」となって話題となった。日本政府は新型コロナウイルス感染拡大の影響はこれからも続くことを...
別窓で開く

<W解説>韓国経済、航空業界のリストラ=「NO JAPAN」で始まった長いトンネルの入口
韓国・LCC(格安航空会社)のイースター航空(EASTAR AIR)が7日、全職員の半分に値する約600人に解雇通知をしたと韓国の通信社「聯合ニュース」や「ニュースワン(NEWS1)」が報道した。新型コロナウイルス(COVID-19、以下、「新型コロナ」)の感染拡大により、世界各国で財政状況の悪化が...
別窓で開く

「マスク拒否」だけじゃない飛行機の客室トラブル 最悪の酒酔い珍事 ナッツ事件…その末路
ピーチの「マスク拒否」事件など、機内で激高した乗客が起こすトラブル、海外では色々な意味で「目を覆いたくなる」ようなものも存在します。一筋縄ではいかない過去の事例、どういったものがあったのでしょうか。...
別窓で開く

性能良すぎて輸出禁止! 知名度皆無な冷戦期ソ連のSu-15戦闘機が関わった「事件」とは
東西冷戦期、日本周辺をよく飛んでいたミグ機に比べ、スホーイ機はあまり知られていなかったかもしれません。特にSu-15は高性能すぎて輸出禁止だったことも理由でしょう。一方で日本でもよく知られる、ある事件に関わっていました。2番手時代スホーイの傑作機Su-15「フラゴン」とは? ロシア製戦闘機開発メーカ...
別窓で開く

北朝鮮がユーチューブで工作員に指示を出すリアルな理由
聯合ニュースなど韓国メディアは30日までに、北朝鮮が動画投稿サイト「ユーチューブ」で、韓国などに潜伏する工作員への指令と推定される「乱数放送」を行ったと伝えた。北朝鮮の海外向けラジオ「平壌放送」は長らく、工作員向けの乱数放送を行ってきた。放送で読み上げられる数字は、事前に決められた書籍など「換字表」...
別窓で開く

“ナッツリターン”被害者パク・チャンジン氏、「正義党」党代表に挑戦
韓国「正義党」のパク・チャンジン パワハラ根絶特別委員長が31日、党代表出馬を宣言した。パク委員長は2014年、大韓航空“ナッツリターン”事件の被害者だ。パク委員長は同日、自身のFacebookに掲載した文で「党員と最も近い位置で、党員らの力で革新を導く指導部が必要だ」として、党代表選挙挑戦の意向を...
別窓で開く

訓練空港からリゾート風空港へ… 今秋路線増「下地島空港」の稀有な経歴 随所に名残り
ジェットスターが就航し、スカイマークも路線を開設することでアクセスが大幅強化される下地島空港。実はこの空港はほかと大きく違う稀有な経歴を持ちます。「パイロット訓練空港」から現在まで、どのような歴史があったのでしょうか。...
別窓で開く

JAL 日本のベスト航空会社を受賞&世界4位の評価 トリップアドバイザー高評価の理由は
「日本No1」の座、4年連続です! JAL(日本航空)は2020年7月28日(火)、世界中の旅行者からの口コミ情報が寄せられる旅行サイト「トリップアドバイザー」が提供するランキングで、日本のベストエアラインに4年連続で選ばれたと発表しました。 このほかJALは、「世界のベストエアライン」でアズールブ...
別窓で開く

米「北朝鮮、“国際テロ”に繰り返し支援」…「過去の問題も解決していないまま」
米国国務省は24日(現地時間)「北朝鮮が国際テロ行為を繰り返し支援してきた」とし「過去にテロを支援したことを解決する措置も行っていない」と指摘した。米国務省はこの日に発表した“2019年国家別テロ報告書”で、去る2017年における北朝鮮のテロ支援国再指定の背景を説明し、先のように伝えた。...
別窓で開く


[ 大韓航空 ] の関連キーワード

japan チャン jal euv 北朝鮮
下地島