本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



90歳の仲代達矢、「力の源は巨人」 人生最大の転機を語る
 映像、舞台に日本を代表する俳優として活躍してきた仲代達矢は昨年12月、卒寿を迎えた。現在、3月に行う舞台「バリモア」(16〜23日、東京・北千住のシアター1010)の稽古に打ち込む。長年のG党でも知られるが、90歳になっても第一線に立ち続けられる理由に「ジャイアンツからの力」を明かす。...
別窓で開く

「戦前」を思考停止のことばにしないことが「新しい戦前」を防ぐ最良の道(辻田真佐憲)
(「戦前」のレッテル張りに踊らされず、類似と差異にも配慮しながらバランス良く「歴史」と付き合う(C)日刊ゲンダイ)【リレー特別寄稿 岸田政権の歴史的転換にモノ申す】#12 辻田真佐憲(評論家・近現代史研究家) ◇  ◇  ◇「戦前」にあらためて注目が集まっている。...
別窓で開く

天守閣が現存する城は全国に12しかない。城をテーマにした著書を持つ評論家の八幡和郎さんは「文化庁は『木造復元』を求めているので、天守の復元をあきらめている自治体も少なくない。しかし鉄筋コンクリートの大阪城天守閣は、昭和の名建築として登録有形文化財になっている。木造復元にこだわるのではなく、地元自治体...
別窓で開く

【涙腺崩壊】一番泣いた!映画ランキング 3位 50回目のファーストキス、2位 永遠の0、気になる1位は?
シリアスなものから笑えるものまで、さまざまなタイプの作品が存在する映画。自身の感情を大きく揺り動かしてくれるような作品に出会うと、なんとも言えない満足感がありますよね。そこで今回は、一番泣いた邦画はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。...
別窓で開く

相手に与える影響の善しあしは何で決まるか。元外交官で作家の佐藤優さんは「キリスト教を生んだ『感化の力』とカルト宗教を生む『洗脳』の違いは、そこに自己犠牲があるかどうかだ」という——。※本稿は、佐藤優『君たちの生存戦略 人間関係の極意と時代を読む力』(ジャパンタイムズ出版)の一部を再編集したものです。...
別窓で開く

評論家の山本七平氏は、1977年刊行のベストセラー『「空気」の研究』で「日本社会は空気に支配されている」と説いた。ライター・編集者の中川淳一郎さんは「その支配力はますます強くなっている。『空気』に翻弄される生き方を続ける日本人が、幸せにはなれるはずはない」という──。■日本社会を支配する「空気」に目...
別窓で開く

日本にしかなかった「総合商社」...いったい何をしている会社なのか?
いま、就活生の人気ランキング上位を総合商社が占める。だが、ニュースで常に注目を集めながらも、その実態はよく知られていない。本書「総合商社とはなにか」(平凡社新書)は、日本特有のその業態、歴史や機能を明らかにした本だ。ビジネスパートナー、学生必読の内容になっている。「総合商社とはなにか」(猿島弘士著)...
別窓で開く

沖縄の負担軽減につながるか? グアムに新海兵隊基地「キャンプ・ブラズ」開設
沖縄駐留海兵隊の半数近くが移転するとか。グアムにとって30年ぶりの海兵隊基地 アメリカ海兵隊は2023年1月26日(木)、グアム島で建設中だった新基地「キャンプ・ブラズ」の開設式典を実施し、西太平洋における戦略的な作戦基地として活動を開始したと発表しました。...
別窓で開く

新型コロナ「5類」引き下げの決定がなぜここまで遅れたのか?
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月27日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。新型コロナウイルスの感染症法上の「5類」への引き下げについて解説した。新型コロナウイルスの位置づけを今春から「5類」へ移行する方針を受けて会見する加藤勝信厚生労働相=2023年1月20日午後、東...
別窓で開く

今年はテレビ放送開始70年。今こそ見たい! あの「映像の世紀」の原点、1995年のシリーズ11集を本日27日(金)深夜からすべて再放送〜最新のデジタル技術で鮮やかに蘇る!
 今年はテレビ放送開始70年。NHK総合が、1995年に放送した「映像の世紀」の原点、1995年のシリーズ11集すべてを最新のデジタル技術で鮮やかによみがえらせ、2023年1月27日(金)24時25分から再放送します。放送後はNHKプラスでも配信されます。...
別窓で開く


[ 太平洋戦争 ] の関連キーワード

ブラズ グアム 大阪城