本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



昨季ツアー2勝の川崎春花、今季は「3勝とメルセデス・ランキング1位」オフは山下美夢有を目指してトレ励む
 昨季、メジャーを含むツアー2勝を挙げた川崎春花(村田製作所)が1日、大阪市の帝国ホテルで大院大の祝賀会に出席した。同校付属高OGの川崎は「(今季は)3勝とメルセデス・ランキング1位」を目標に掲げた。 19歳の川崎は、同校2年時の全国高等学校選手権春季大会で優勝。3年時の21年11月にプロテストに合...
別窓で開く

就活準備中!2024年卒大学生の就職人気企業はどこ?...文系は「総合商社」、理系は「IT・ソフトウェア」目立つ
春からの本格的な採用活動の開始に向け、着々と準備を進めているであろう、2024年卒大学生の就職人気企業はどこか?産経新聞社と人事コンサルティングのワークス・ジャパンは、2024年3月卒業・修了予定の大学生、大学院生を対象とした、就職希望先調査を実施。「2024年卒大学生就職人気企業ランキング」を20...
別窓で開く

65歳定年制をはじめとした「高齢者雇用」関連ニュースまとめ【2022年1〜12月】
労働新聞電子版で配信したニュース記事の中から、2022年1〜12月に公開しました高齢者雇用に関する企業事例のニュース・事例をまとめました。65歳定年制への移行のほか、再雇用区分の修正などについて掲載しています。■65歳定年制の導入処遇維持して65歳定年へ 管理職は役割基準に TOTOTOTO㈱(福岡...
別窓で開く

来年の台湾有事で日中関係悪化が現実に? 日本企業はさらなる注意を
台湾情勢を巡り、台湾と中国の関係は悪化する一方で、中国はサイバー攻撃や経済制裁、軍事演習など様々な形で台湾を威嚇してきた。台湾の蔡英文政権はそれに屈せず、防衛力を強化し、米国など欧米諸国との結束を強化し、習近平国家主席の不満や怒りは募るばかりだ。...
別窓で開く

「日本企業の中国進出」がリスクとなる恐れも 問われる経営者のモラル
家具・インテリア製造小売り最大手のニトリホールディングスは今月、北京に初となる2店舗を同時に開店し、来年末までに現状の59店舗から100店舗にまで拡張する計画を明らかにした。また、村田製作所も江蘇省にある工場で445億円を投じて生産棟を新たに建設するという最大規模の設備投資を発表した。...
別窓で開く

電子部品大手の村田製作所が発表した中国工場の生産能力増強投資が、奇妙な非難にさらされている。同社は11月7日に中国・無錫にある工場で新生産棟を建設すると発表。投資額は約445億円で、同社の一度の設備投資としては過去最大規模だ。この発表や関連報道を受けて、ツイッターを中心にネット上では村田製作所への非...
別窓で開く

関西在住・出身者は必見?...ダイヤモンド「京都・大阪・神戸&経済と教育」、東洋経済「学び直し全ガイド」、エコノミスト「メタバース&ウェブ3」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする(※「週刊ダイヤモンド」は、先週が今週との合併号だったため、今週は休刊)。...
別窓で開く

イーロン・マスク氏の「予言」で議論再燃...東洋経済「人口減サバイバル」、ダイヤモンド「5年後の業界地図」、エコノミスト「資源ショック」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■参院選後には「年金危機」が迫っている「週刊東洋経済」(2022年7月9日号)の特集は、...
別窓で開く

円安は進むが「日本人は自信を取り戻すべき」...ストラテジストがこう語る理由
日本企業の稼ぐ力は過去最高に高まっているとして、株価の上昇を予測しているのが、本書「日経平均は4万円になる!」(宝島社新書)である。著名ストラテジストが挙げる本格復活の理由を読むと、元気が出てくる。「日経平均は4万円になる!」(武者陵司著)宝島社新書著者の武者陵司さんは、大和総研アメリカ・チーフアナ...
別窓で開く


[ 村田製作所 ] の関連キーワード

メルセデス btob

<前へ12345678次へ>