本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



家庭を失い、友人に借金し、無銭飲食で警察沙汰…俳句も私生活も“自由すぎる”種田山頭火の生涯【偉人研究家が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)「分け入っても分け入っても青い山」でおなじみの種田山頭火。季語や「5・7・5」にとらわれない「自由律俳句」の代表的俳人として有名な山頭火ですが、その放浪続きの人生もかなり“自由”だったようです。...
別窓で開く

しいたけ.さん「時間が動かないところが地元のありがたさであり、窮屈なところ」 読者の悩みに助言
「地元に帰りたくない!」や「共同生活が苦手だけれど、結婚できますか」など、読者の“日々の暮らしの悩み”に、作家、占い師のしいたけ.さんが回答します。地元に帰りたくない!地元が苦手です。はっきり言って地元の同級生より今の友達の方が大事だし、近所の人が全員緩く繋がっている感じとか独特の価値観も窮屈でイヤ...
別窓で開く

しいたけ.さん「自分が自分の友達ではダメですか」 “人間関係の悩み”解消法を伝授
「信頼できる友達がいません…」や「結婚したら、友達と疎遠になってしまいそう…」など、読者の“人間関係の悩み”に、作家、占い師のしいたけ.さんが回答します。信頼できる友達がいません…。仕事で繋がりのある人とたまにごはんに行くことはありますが、いざという時に頼れるような信頼できる友達がいません。...
別窓で開く

しいたけ.さん「“負けて勝つ”ことは多くあります」 仕事の悩みにアドバイス
「職場を異動したら、新部署に馴染めません」や「仕事に追われすぎています!」など、読者の“仕事の悩み”に、作家、占い師のしいたけ.さんが回答します。職場を異動したら、新部署に馴染めません。会社で異動がありました。これまでいた部署は和気あいあいとした雰囲気が自分に合っていて、成果も上げてきました。一方、...
別窓で開く

「闘いに行ってきます」会見でガンを告白し“セカンドオピニオン”を広めた逸見政孝【著名人の壮絶な闘病17】
(画像)Sharomka/Shutterstock今年3月28日に死去した世界的な音楽家・坂本龍一さん(享年71)は、亡くなる数日前に家族や医師に「つらい。もう、逝かせてくれ」と頼み込むほどだったという。坂本さん以外にも、凄絶な闘病の末に旅立った著名人は多い。...
別窓で開く

100回目のラグビー早慶戦 次の100年へそれぞれの特別な思い「至上命題」「財産」
「関東最古の定期戦」として名高い関東大学ラグビー対抗戦・伝統の一戦、早稲田大学対慶應義塾大学の「早慶戦」が11月23日に行なわれた。「臙脂(早稲田大)」と「黒黄(慶應義塾大)」の初対戦は1922年。戦争の影響で1942年は春・秋に2回行なわれ、1943年からの3年間は実施されず、節目の100回目を記...
別窓で開く

“金権小学校”のレッテルが貼られた早稲田実業初等部は幼稚舎を際立たせる「かませ犬」か【慶応義塾の研究 #3】
(同じ敷地内に初等部から高等部まである(東京・国分寺市)/(C)日刊ゲンダイ)【慶応義塾の研究】#3「慶応幼稚舎に追いつくなんて永遠にありそうもない」と悔しそうに語るのは早稲田大の元教授。早大系列唯一の小学校として早稲田実業に初等部が発足したのは02年のことだ。この元教授も創設にかかわっていた。...
別窓で開く

(C)yu_photo / Shutterstock フジテレビの〝リストラ候補〟とささやかれていた竹俣紅アナウンサーが、土俵際で残ったようだ。しかし、彼女の実力が認められたのではなく、暫定的な残留だという。「いまフジテレビは女子アナが産休、病気などで長期リタイア中。他の女子アナの負担が増えるので、...
別窓で開く

パチンコ、麻雀、女、酒、タバコを欠かさず、ほぼニート状態の父親。それに母親が共依存するという複雑な家庭環境に育った。14歳のとき、父親が自己破産して失踪。貧しい生活を支えた母親は病に倒れ、半身不随に。苦境のなか、独学で大学に合格、奨学金を得た。そして、兄・成田悠輔がくれた本をきっかけに「起業」を志し...
別窓で開く

『週刊実話』創刊65周年特別企画・本誌が選んだ時代のヒーロー〜昭和40年代・輝きを失わない“日本の大女優”吉永小百合
吉永小百合(C)週刊実話 本誌『週刊実話』が誕生したのは昭和33(1958)年のこと。前々年の経済白書が〝戦後の終結〟をうたい、日本経済が飛躍的な成長を遂げた時期に、『実話出版』から9月22日号として創刊された——。その後、一時的な休刊を経て昭和42年5月、『日本ジャーナルプレス新社』(弊社『日本ジ...
別窓で開く


[ 早稲田 ] の関連キーワード

慶応義塾 山頭火 小百合