本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今年のNHK大河ドラマの主人公・徳川家康が生まれた愛知県岡崎市には3層5階建ての岡崎城天守閣が建つ。歴史評論家の香原斗志さんは「現在われわれが見ている城は、家康時代とも、その後に改修された城とも異なる。観光客目当てに作られた城だ」という——。■NHK大河で描かれた城の姿は正しいのかNHK大河ドラマ『...
別窓で開く

“闘魂”を50年追いかけた写真家・原悦生「最も惹きつけられたのは猪木の目」
“アントニオ猪木を半世紀以上撮り続けた男”である写真家・原悦生の著書『猪木』(辰巳出版)は、原の自伝であり、猪木の外伝だ。新日本プロレスの旗揚げシリーズから始まり、晩年に至るまで猪木を撮り続けた者にしかわからない“猪木”が、ここには綴られている。そして、他者に人生を懸け続けた写真家が放つ迫力を感じる...
別窓で開く

徳田幹太/徳田明梨の姉弟ペアが全日本出場で“親孝行” ベンチに入った母は「2人に感謝」<全日本卓球2023>
<天皇杯・皇后杯 2023年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月23日〜29日 場所:東京体育館>プロや実業団のトップ選手だけでなく、各都道府県の予選を勝ち抜いてきた選手たちが、それぞれの思いを胸に抱き、プレーする全日本卓球選手権。大会2日目の混合ダブルス2回戦、ベンチから見守る母...
別窓で開く

■YouTubeでの交代会見を「異例」とした各紙2023年1月26日、トヨタ自動車の会長、社長の交代会見が自社メディア「トヨタイムズ」内で行われた。内山田竹志会長は退任。豊田章男社長は代表取締役会長になり、執行役員の佐藤恒治さんは社長、CEOとなる。正式な決定は株主総会を経てからだ。会見の司会はテレ...
別窓で開く

木村拓哉と工藤静香、相性は不和・反目の「宿敵」だった!?【三田モニカの勝手に占っていいですか?】
 今回占うのは、木村拓哉さんと工藤静香さんご夫婦です。芸能界きってのスーパーな組み合わせであり、どちらも華やかな存在であることは、誰しも認めるところでしょう。そんなお二人のホロスコープ(出生時の星の配置図)を、ダブルチャートで出してみました。ダブルチャートというのは、相性を見るときに使うホロスコープ...
別窓で開く

浪人という選択を取る人が20年前と比べて2分の1になっている現在。「浪人してでも、志望する大学に行きたい」という人が減っている一方で、浪人生活を経験したことで、人生が変わった人もいます。自身も9年の浪人生活を経て早稲田大学に合格した濱井正吾さんが、さまざまな浪人経験者にインタビューをし、その道を選ん...
別窓で開く

「名プレーヤー、名マネジャーにあらず」とは、よく言われることですが、難しいのは平社員が管理職になった時だけではありません。昇進と同時に異動となったM氏は、新しい環境でどう学び直せばいいのかと悩んでいました。『アンラーン戦略 「過去の成功」を手放すことでありえないほどの力を引き出す』を監訳した株式会社...
別窓で開く

“アントニオ猪木を撮り続けた男”原悦生「猪木さんの死に実感が湧いてきた」
プロレスファンにはおなじみの写真家・原悦生は、“アントニオ猪木を半世紀以上撮り続けた男”だ。文章の力で猪木を伝えたのが村松友視、言霊の力で猪木を伝えたのが古舘伊知郎だとすると、瞬間瞬間の真実を切り取る写真で猪木を伝え続けたのは原だった。2022年10月、アントニオ猪木が亡くなった。...
別窓で開く

豊田章男氏も太鼓判!車ファンも納得するトヨタ次期社長の“ガチすぎる”クルマ愛
トヨタ自動車が、14年ぶりとなるトップ交代の人事を発表した。現会長である内山田竹志氏(76)の退任にともなって、現社長・豊田章男氏(66)が代表権のある会長に、新社長には執行役員の佐藤恒治氏(53)が就任する。1月26日にYouTubeチャンネル「トヨタイムズ」で配信された緊急生放送に、内山田会長を...
別窓で開く

■NHK新会長は、今度こそ改革を実行できるのか稲葉延雄会長が率いるNHKの新体制が1月25日に船出した。1万人を擁する巨大NHKのトップが外部から起用されるのは6代連続で、稲葉会長は日本銀行の理事やリコーの取締役会議長を務めてきた輝かしい経歴をもつ。だが、放送を取り巻くメディア環境が激変する中、「公...
別窓で開く


[ 早稲田大学 ] の関連キーワード

アントニオ 明治大学 トヨタ モニカ nhk