本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



皇治の人生相談! 6・27RIZIN大阪大会は「俺と闘いたいってヤツを寄せ集めたボランティア」
K−1のトップファイターだった皇治(こうじ/32歳)が、突如、RIZINに主戦場を移したのが昨年9月のこと。移籍を発表したRIZINの記者会見で、皇治はこう言った。「大切なファンに、新しい景色を見せると約束した。漢(おとこ)は言ったことを貫こうと思い、ここへ来た」そんな皇治は、格闘技界随一のモテ男で...
別窓で開く

はつめ「小学生の力」に脱帽 esportsは「若い子強い」
【連載】はつめ降臨 成長する連載「第一形態」はつめさんは、高校時代にesportsの世界に飛び込み、プロゲーマーとして世界の舞台で活躍してきました。前回は、現在の「ストリーマー」としての活動を中心に語ってもらいました。いしたにまさきさんとの対談、今回はどんな話が飛び出すやら——。...
別窓で開く

「サイバー戦」で日本は中国に“全戦全敗” 専守防衛という足枷
「サイバー空間」が新たな戦場と化している。目には見えないこの領域は、中国、ロシア、北朝鮮など各国が、国家の野望を剥き出しに争う異形の世界。「防衛白書」では知ることができないサイバー戦争の実態を、元陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏がレポートする。 *** 新型コロナウイルスは発生から1年半を経たいま...
別窓で開く

横浜DeNA「最弱ドツボ」の悲哀劇場(2)家族までが誹謗中傷されて
 この間、投打の歯車がかみ合わなかったのは選手だけの問題ではない。右往左往する首脳陣の狼狽ぶりも災いしているようだ。球界関係者が語る。「キャンプからオープン戦にかけて、バントや盗塁などの小技を駆使するスモールベースボールに力を入れてきました。ただし、ポンポンとホームランが出るハマスタとの相性はあまり...
別窓で開く

中国当局からスパイ容疑で116日間拘束された「在日華僑」 “恐怖の取調べ”と“真の狙い”を語る
■精神的な拷問「王は何を言ったのか」「王と会話したのは何度か」……。延々と続く取り調べの中身は鮮明に記憶している。「彼らは王毅さん(※註1)のことを『王は……』と呼び捨てにし、日本での言動を徹底的に洗い出そうとしていた」——こう証言するのは、岡山県華僑華人総会の劉勝徳(りゅう・かつのり)会長(75)...
別窓で開く

株価暴落のメカニズム〜投資初心者が悔しい思いをする理由
株価が暴落すると、暴落がさらなる暴落を呼ぶメカニズムが働くことがあります。それを見て投資初心者は狼狽売りをしてしまう場合も多いので、要注意です。投資する際にあらかじめメカニズムを理解しておくこと、暴落した際にメカニズムを理解した上で正しい判断をすることがいずれも重要だ、と筆者(塚崎公義)は考えていま...
別窓で開く

今期主演ドラマ2作の掛け持ち! 異なる“ポンコツ”男を演じる松坂桃李の企み
【人物コラム/田幸和歌子】松坂桃李が連続ドラマ2作品に同時に、それも金曜・土曜と連続で出演していることは、4月期ドラマで最も注目すべきことの一つだ。一つは、大御所脚本家・大石静が手掛ける”入れ替わりラブコメディー“『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)。...
別窓で開く

“今”を生きる君たちへ。「TEAM NACS」5人からのメッセージ
TEAM NACSの5人とのコラボレーションでananが「君たちはどう生きるか」特集を組んだのは3 年前のこと。それから時は経ち、時代の転換期を迎える中で我々はまた新たに、この問いを投げかけられている。およそ1年の間に、仕事や生活のスタイル、価値観などが大きく変わり、そのことで新しい悩みも生まれてき...
別窓で開く

『レンアイ漫画家』第4話 “あいこ”吉岡里帆と同居スタート “清一郎”鈴木亮平は狼狽
俳優の鈴木亮平が主演し、女優の吉岡里帆が共演する木曜劇場『レンアイ漫画家』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第4話が29日に放送される。刈部清一郎(鈴木)から次なる“恋愛ミッション”として、レン(岩田琉聖)の担任、大倉シンゴ(稲葉友)との“禁断の恋”を課された久遠あいこ(吉岡)。ギャル風な出で立ちで...
別窓で開く

『バチェラー・ジャパン』司会の坂東工、超ハイスペック独身貴族役で吉岡里帆“あいこ”と疑似恋愛
『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ)の司会でおなじみの坂東工が、4月29日に放送される『レンアイ漫画家』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第4話にゲスト出演する。坂東がフジテレビ系のドラマに出演をするのは、今回が初となる。...
別窓で開く


[ 人狼 ルール ] の関連キーワード

esports rizin team ポンコツ ジャパン
レンアイ nacs あいこ 清一郎