本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2時間でわかる! 上野千鶴子が教える、日本のフェミニズムが歩んできた道のり
 『フェミニズムがひらいた道』(NHK出版学びのきほんシリーズ)が発売された。著者は、社会学者の上野千鶴子さん。2時間で読み終えられる入門書だが、そのタイトルに日本のフェミニズムをひらいてきた女性たちへのリスペクトを感じる。フェミニズムが生まれた時の日本の女性たちの状況は?その道のり、エポックとなる...
別窓で開く

河瀨直美監督のほかにも話題を集めた東京大学入学式祝辞
4月12日に東京大学の入学式が行われ、そこで映画監督の河瀨直美氏が述べた祝辞の内容が物議を醸している。河瀨氏はロシアのウクライナ侵攻を引き合いに出し、「ロシアという国を悪者にすることは簡単である」と述べ、「自分たちの国がどこかの国を侵攻する可能性があるということ自覚する必要がある」と話した。...
別窓で開く

母は不幸な主婦だった。上野千鶴子が「最後の講義」で語った原体験
 今年3月7日、英誌『エコノミスト』では先進国を中心とする29カ国を対象に、「女性の働きやすさ」を指標化した2021年のランキングを発表。首位は2年連続でスウェーデン、上位4カ国を北欧諸国が占めた。一方、日本はワースト2位の28位、最下位は韓国で、いずれも6年連続で変わらない。...
別窓で開く

「横からですが私も回答させて頂きます」と米山隆一議員 「祖母が『東大に行ったらお嫁に行けない』と言いますが本当ですか」との記事に
12月8日、『プレジデント ウーマン オンライン』のサイトに上野千鶴子さん、祖母が「東大に行ったらお嫁に行けない」と言いますが本当ですか?https://president.jp/articles/-/52435[リンク]という記事が掲載された。...
別窓で開く

「自宅で死にたい」を叶える在宅医療ガイド。上野千鶴子インタビューも。
 新型コロナウイルスが流行し、病院では面会が禁止、もしくは制限されていて、愛する人の死に目に立ち会えないケースも。そんな中、在宅医療が注目されている。 一方で、国民の7割が自宅での最期を迎えたいと希望しているにもかかわらず、現状は8割が医療機関で亡くなっている。...
別窓で開く

「大学院→すぐ結婚→出産→専業主婦」の人生はダメ? 24歳女性のプランに賛否両論
 「専業主婦は寄生だ」「大学院も出て、就活も適当とか何?」友人からこんな言葉を浴びせられた女性が、掲示板ミクルに8月末、「専業主婦はダメなのか?」というスレッドを立てた。スレ主は24歳の大学院生で、来年結婚と卒業を控えているという。現在は仕事が忙しい彼氏と同棲中で、家事はすべて自分がやっているとのこ...
別窓で開く

「娘はかわいくないけど息子はかわいい」の根底にあるのは...?
 元祖毒親コミックエッセイ『母がしんどい』をはじめ、『キレる私をやめたい』や『男社会がしんどい』など、実体験を赤裸々に描いたコミックエッセイが人気の田房永子(たぶさ えいこ)さん。 今年4月には、フィクション漫画『大黒柱妻の日常』を刊行。「共働きワンオペ妻」のリアルな奮闘ぶりに、フィクションでありな...
別窓で開く

「アエラ」で「五輪後の日本」対談
 8月10日発売の「アエラ」(2021年8月16・23日合併号)には、主演映画の公開を控えたKing & Princeの平野紫耀さんが登場した。画像は「アエラ」(2021年8月16・23日合併号) King & Princeとしては2度、AERAの表紙を飾ってくれた平野紫耀さん。...
別窓で開く

70歳、忘れていた「女」が顔を出す。『疼くひと』に思いがけない極致を見た!
 「70歳からの恋。女のままでいたい。たとえどんなに孤独でも」——。 松井久子さんの著書『疼くひと』(中央公論新社)は、「高齢者の性愛」という、なかなか触れづらいテーマに挑んだ作品。発売からわずか4か月半で5刷のベストセラーとなっている。 帯コメントには「高齢社会は新しい文学ジャンルを切り拓いた」(...
別窓で開く

もしかして、適応障害かも? 「いま不調」ならアエラをチェック!
 7月12日発売の「アエラ」(2021年7月19日号)の表紙を飾るのは、ジェシーさん。SixTONESとしては2度の登場を果たしているが、単独では初めて。4ページにわたるカラーグラビア&インタビューでは、秋元康さん企画・原作の舞台に、老齢の王を演じる若き俳優の役で主演するジェシーさんが、ジャニーズ以...
別窓で開く


[ 千鶴子 ] の関連キーワード

東京大学 アエラ