本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親となって生きていくために決意したこと
漫画家の渡辺電機(株)が発売した『父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話』。noteで大反響を呼んだ「55歳独身ギャグ漫画家 父子家庭はじめました」をまとめたこの本。55歳で独身のギャグ漫画家である渡辺電機(株)が、2人の娘をもつ女性との結婚で突然、父となり、思いもよらず小学生の娘と...
別窓で開く

トキワ荘に錦友館、7L2DKの「生徒諸君!」御殿まで。あの少女漫画家はどんな家に住んでいた?
「ガラスの仮面」に「生徒諸君」、「ときめきトゥナイト」......。かつて夢中で読み耽ったあの漫画は、いったいどんな環境で生み出されたのだろう? 子どものころは、「きっと乙女チックな部屋なんだろうな」と想像していたが、実態はかなり様子が違っていたらしい。『少女漫画家「家」の履歴書』(文藝春秋)は、少...
別窓で開く

藤子不二雄A先生が亡くなってしまった。こんな時代こそ『まんが道』を読むべきだ。
今こそ読みたい藤子不二雄A先生が亡くなってしまった。最後に連載していたコミックエッセイ『PARマンの情熱的な日々』(集英社『ジャンプSQ』連載)を「元気がでるまで残念ながら休ませてください」と休載したのは、2015年11月のことだった。以来、様々な催しに出席したというニュースはあっても、新作の公開は...
別窓で開く

まるで漫画家の修学旅行? 伝説の少女漫画家・水野英子が語る“太陽館の大缶詰め”
石ノ森章太郎、赤塚不二夫とともに3人ユニットU・MIAを結成、少女漫画の黎明期から活躍した水野英子さん。当時の思い出や、ロックを題材にした異色作『ファイヤー!』について聞いてみました。■キャラクターは着替えも髪型チェンジも禁止!?——今年1月に発売された『総特集 水野英子 ー自作を語るー』には、水野...
別窓で開く

「女版手塚治虫」!? 伝説の少女漫画家・水野英子が語るトキワ荘の思い出
手塚治虫に才能を見出された女性漫画家のレジェンド水野英子さん。トキワ荘で唯一生活した女性漫画家に、故・石ノ森章太郎、故・赤塚不二夫と過ごした10代の思い出を語ってもらいました。■手塚治虫に見初められスカウト——18歳で上京してトキワ荘に入居。もちろん紅一点です。...
別窓で開く

東日本大震災から11年 映画を通じて3.11を振り返る
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1041回】シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画・ドラマを発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。2022年3月11日、きょうで東日本大震災の発生から丸11年を迎えま...
別窓で開く

「仙石東北ライン マンガッタンライナー」運行開始 震災復興・観光振興の一環で JR東日本
2編成が登場します!仙石東北ラインの定期列車で運転 宮城県石巻市とJR東日本仙台支社は2022年1月6日(木)、仙石東北ラインで「仙石東北ライン マンガッタンライナー」を運行すると発表しました。これは、震災復興・観光復興の一環として行うものです。「仙石東北ライン マンガッタンライナー」となるのは、H...
別窓で開く

リメイクも楽しみ!名作『仮面ライダーBLACK』 リアルな怪人造形に震えた思い出
先日、『仮面ライダーBLACK』のリメイク作品、『仮面ライダーBLACK SUN』(2022年春、配信予定)の全貌が明らかになった。監督を務めるのは白石和彌氏。最近では『孤狼の血』を監督したことでも知られる、ガチの大物監督の起用に東映の気概が窺える。さらに特撮監督にはウルトラシリーズで手腕を奮う田口...
別窓で開く

「庵野秀明はゴッホだと思えばいい」──監督の生い立ち、内面を知るともっとおもしろくなる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、庵野秀明氏が監督を務め、2021年3月8日に公開されたアニメーション映画です。 2021年4月7日には、制作会社のカラーが公開初日から30日間累計で興行収入70億円を突破したと発表。また、今回の興行収入は、これまで上映されたシリーズの中で最高記録を更新していると...
別窓で開く

白石和彌監督による『仮面ライダーBLACK』リブート作品・『風都探偵』(仮面ライダーW)のアニメ化発表
『仮面ライダー』生誕50周年を記念し、『仮面ライダーBLACK』のリブート、『風都探偵』のアニメ化、さらに映画『シン・仮面ライダー』の制作が発表された。4月3日(土)19:30、『仮面ライダー』の放送開始からちょうど生誕50周年にさし掛かった瞬間、本発表会見が開始された。...
別窓で開く