本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



またしても完封負けの阪神、1番の戦犯は矢野監督? 本人も反省、得点機をフイにした致命的ミスとは
最悪の状況で“令和の怪物”佐々木朗希と対戦することになった。 5月26日の東北楽天戦、阪神は今季12回目の零敗を喫した。11回目の完封負けを喫した19日の時点で12球団ワーストとなっており、それを更新したわけだ。昨季の完封負けは11試合。50試合目で昨季を上回ってしまった。...
別窓で開く

待望の今季初HR チーム救った佐藤輝・石川昂の“一発のチカラ”
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、4月5日に待望の今季(2022年)初本塁打を放ち、チームの勝利に貢献した阪神・佐藤輝明選手と、中日・石川昂弥選手にまつわるエピソードを紹介する。プロ野球 阪神対DeNA ヒーローインタビューを受ける、開幕10戦目で今季1号、...
別窓で開く

FAとなれば争奪戦は必至!“虎の女房”梅野隆太郎が阪神のV奪回のキーマンとなる理由
虎の女房役が注目されている。 11月14日、日本野球機構(NPB)は、2021年度のフリーエージェント(FA)有資格選手を公示した。国内FA権保有選手は40人で、海外FA権保有選手は57人となり、広島の大瀬良大地、九里亜蓮や、中日は又吉克樹、ソフトバンクの千賀滉大らが、新たに権利を得た。...
別窓で開く

【プロ野球2日の公示】オリックス・松井雅人が出血性胃炎で登録抹消。阪神はガルシアが昇格
日本野球機構(NPB)が2日のプロ野球公示を発表した。 現在3連敗中の阪神は、坂本誠志郎の出場選手登録を抹消し、代わりにオネルキ・ガルシアが昇格。開幕から3人体制だった捕手はこれで2人体制となり、ガルシアは古巣の中日相手に先発する。DeNAは笠井崇正を抹消し、大貫晋一を登録した。...
別窓で開く

【阪神野手陣の最新序列は?】マルテとの三塁争いは大山がリード。一塁はボーアを使いたいが…
猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で開幕は延期になったが、いずれの球団も来るべき時に備えて準備を進めている。果たして、阪神の野手陣はどのような陣容で開幕を迎えるのか。一軍で出場機会を得られそうな選手を対象に、キャンプやオープン戦で見えてきた現時点での序列を整理する。...
別窓で開く


<前へ12次へ>