本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



近畿・金沢発着の高速バスが大幅縮小 西日本JRバス10路線撤退 12月から
これほど一気に整理が進むとは… 2020年10月27日(火)、西日本ジェイアールバスが12月1日(火)に実施するダイヤ改正の概要を発表しました。次の通り、高速バス路線を大幅に縮小する内容となっています。●西日本ジェイアールバスのみ運行を休止する路線・大阪〜浜松線:遠州鉄道の運行便は現行ダイヤで運行。...
別窓で開く

「67年ぶり」も 路線バスのデザイン変更が相次ぐ背景 地域になじむまで長い年月
バス事業者が、長年にわたり採用してきた路線バスの外観デザインを変更するケースが増えています。地域の「顔」にもなる路線バスのデザイン変更は、イメージ転換だけでなく、会社の「成長戦略」でもあります。67年ぶり! 西武バスの新塗装 路線バスは営業エリアも基本的に決まっており、地域の広告塔としても使われる存...
別窓で開く

答えは「天ぷら油+ミドリムシ」? 陸海空OKの新バイオ燃料 CO2削減の打開策になるか
西武バスが一部の路線バス車両に、「ユーグレナバイオディーゼル燃料」の使用を開始しました。ユーグレナはミドリムシのこと。従来の軽油とほぼ同等の品質・パワーで、排出CO2を10%削減するそうです。ライオンズの選手寮で食用油回収 バスの燃料に 西武バスが2020年9月7日(月)から、東京および埼玉を走る一...
別窓で開く

北陸新幹線「敦賀開業」で高速バスどうなる? 競合環境の激変 過去にはプラスの影響も
2022年度末に北陸新幹線の金沢〜敦賀間が延伸開業します。長野〜金沢間開業時にも、高速バスは金沢方面の路線を中心に大きな影響がありましたが、このような競合環境の激変にどう対応してきたのでしょうか。ビジネス客は新幹線へ 金沢開業時に訪れた高速バスの変化 北陸新幹線は、およそ2年半後の2022年度末に、...
別窓で開く

クラウン東京無線タクシーに笹カラー西武バス 西部警察マシンXも トミーテック新製品
初詣再現セットも! トミーテックが2020年8月12日(水)、ミニカーの新製品について発表しました。「トミカリミテッドヴィンテージネオ」からは、トヨタ「クラウンコンフォート」「クラウンセダン」の東京無線タクシーが登場。緑と黒の2種で税別予価は各2900円です。 西武バス新座営業所所属のいすゞ「エルガ...
別窓で開く

高速バス事業者は「籠城」に備えよ 再び需要減退 再運休 「常態」までの長期戦シナリオ
高速バスは新型コロナウイルスの影響により多くの便が運休し、経済活動の再開とともに復便してきた一方で、感染再拡大の動きから、再度の運休や減便も相次いでいます。長期化する困難、バス事業者は「籠城」を考える必要がありそうです。高速バス再運休の動き 需要減退はバス以外も同様 新型コロナウイルス感染拡大の影響...
別窓で開く

【FC東京】U-15むさしセレクションを開催!!
2021年度のU-15むさしチームを編成するにあたり、以下の要項で現在の小学6年生を対象にセレクションを実施します。□対象現在小学6年生(2008年4月2日〜2009年4月1日生まれの方)のフィールドプレーヤー並びにゴールキーパー※自宅から練習場所(東京学芸大学附属小金井中学校)へ90分以内で通える...
別窓で開く

旧式「リエッセ」をあえて選択も 小型路線バス代替問題 新式「ポンチョ」との違い
日野の小型路線バス車両「リエッセ」「ポンチョ」。前者はすでに生産が終了し、後者が現行モデルですが、「リエッセ」をあえて導入したり、置き換えが困難になっていたりするケースもあります。何がちがうのでしょうか。小型路線バスも主流は「ノンステップ」 しかし… 路線バスのなかには、一般的な大型車両ではなく、小...
別窓で開く

新デザイン塗装の西武バス登場 宮城交通50周年2台セットも トミーテックのバス新製品
約67年ぶり新カラー車が早くも模型化! トミーテックが2020年6月11日(木)、バス車両模型の新製品について発表しました。 国内主要6都市(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)と首都圏、関西圏を走る大手バス事業者を取りそろえたシリーズ「わたしの街バスコレクション」からは、西武バスの約67年ぶりの...
別窓で開く

その細道行くの!? 東京のバス「狭隘区間」5選 行き違いにクランク 光る運転テク
東京都内の路線バスには、行き違いも難しいような細道をゆく路線がいくつか存在します。なかには、右に左にハンドルを回して切り抜けるようなクランクも。そのような路線は、古い歴史を持つものも少なくありません。バスファン注目「狭隘区間」 路線バスのなかで、とりわけ細い道をゆく路線は「狭隘(きょうあい)路線」と...
別窓で開く