本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「すごい熱量で好かれるけど嫌われもする」離婚、事務所独立…前田敦子が“不機嫌で怒れる女優”から目指す30代の姿は?
 アイドルを経験した人が、年齢を重ね、新たな花を咲かせる。その姿は、本当に眩しい。アイドルという仕事は傍から見ても過酷だ。飲み込まれそうなほどの視線が集まる環境の中、若さや魅力、個性など自らのパワーを削ぎ取り、こちらに分けてくれるような姿にヒヤッとしながらも、その輝きに見惚れてしまう。...
別窓で開く

松たか子「はみ出し女優」が連発する「底知れない顔」/大高宏雄の「映画一直線」
 松たか子という俳優は、全く油断がならない。彼女が映画に登場すると、ちょっと異質な空気が漂う。不穏な感じもある。それは、内面が底知れないからだ。底知れなさが見え隠れするような表情、動作に、彼女独特の色がある。 映画でなくても最近、目を見張ったのは、ある電気自動車のCMだ。...
別窓で開く

急死で回顧…松原千明さんをブレイクさせた「投げキッス」テレビCMの鮮烈
 女優の松原千明さんがハワイの自宅で10月8日に死去していたことがわかった。享年64。 松原さんは石田純一と88年に結婚し、90年にモデルで女優のすみれを出産するも、99年に離婚した。その後、松原さんはすみれを連れて、ハワイへ移住。現地の白人男性と再婚して男児をもうけたが、09年に離婚を表明した。...
別窓で開く

沢田研二、松たか子が“たけのこ”にかぶりつく! 『土を喰らう十二ヵ月』本編特別映像が解禁
沢田研二主演、松たか子共演の映画『土を喰らう十二ヵ月』が公開中だ。この度、主人公で作家のツトム(沢田)とその恋人・真知子(松)が、“たけのこ”を頬張る本編特別映像が解禁された。本作は1978年に作家・水上勉が記した料理エッセイを原案に、中江裕司が監督を務めた人間ドラマ。...
別窓で開く

アリス、吉田拓郎、渡辺真知子。「昭和40年男」がニューミュージックを大特集!
1965年生まれの「昭和40年男」たちにとって、70年代末期から80年代初頭は新たな音楽のジャンルが生まれた時代だ。特に、「ニューミュージック」にハマった人も多いはず。2022年11月11日発売の『昭和40年男』12月号/vol.76(クレタ)では、昭和40年男に刺さる音楽を大特集していく。表紙は、...
別窓で開く

前田敦子インタビュー「必死になっている大人たちの姿が面白い。“一生懸命”って素敵」 映画『もっと超越した所へ。』
稀代の劇作家・根本宗子の初映画化、前田敦子主演×菊池風磨共演、山岸聖太監督の最新作、映画『もっと超越した所へ。』が大ヒット上映中です。原作・脚本は、稀代の劇作家・根本宗子。“映像化不可能”と言われた伝説の舞台を自ら大胆なアレンジで表現し、クズ男を引き寄せてしまう4人の女性の恋愛模様と、彼女たちの意地...
別窓で開く

各局女子アナ「四つん這い乱発」でわかった情報番組「視聴率バトル」の異常トレンド
 最近、とみに「タレント化」が進む女子アナだが、ニュースやMCなどで原稿を読む「以外」での活躍が目立つようになってきた。 よく見かけるのは、情報番組内でのエクササイズコーナー。「ストレッチ」や「四つん這いポーズ」を披露するシーンなのだが、女子アナウォッチャーが言うには、「例えば11月4日の『Oha!...
別窓で開く

日テレ、女子アナのアパレルブランドを起ち上げた苦しい事情
日本テレビが9月末、アパレル事業「Audire(アウディーレ)」を立ち上げたことを発表し、都内で行われた発表会に提案者の郡司恭子アナウンサーらが出席した。 郡司アナは慶大から2013年に日本テレビ入社。これまで情報・報道番組のほか、バラエティー番組のMCを担当。...
別窓で開く

沢田研二、主演映画『土を喰らう十二ヵ月』で主題歌を担当 特別映像解禁
沢田研二が主演を務め、松たか子が共演する映画『土を喰(く)らう十二ヵ月』の主題歌が、沢田自身の歌う「いつか君は」に決定。併せて同曲入りの特別映像が解禁された。 本作の原案は、作家・水上勉の料理エッセー『土を喰う日々 —わが精進十二ヵ月—』。水上は女性編集者の勧めで約1年間にわたり軽井沢の山荘にこもり...
別窓で開く

土井善晴「体を傷つけるようなものは食べてはいけない」 若き日に受けた衝撃を語る
和食の素晴らしさを長きにわたって伝え続けている、料理研究家の土井善晴さん。大御所ゆえの厳しい雰囲気が漂っていたら…ドキドキしながら職場にお邪魔をすると、待っていたのはこの笑顔!——LINEスタンプを出されたりアプリでレシピを発信したり、新しい形での活動が増えていらっしゃる印象が。...
別窓で開く


[ 真知子 ] の関連キーワード

アリス 日テレ たか子