本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



GACKT、芸能活動の復帰報告も「TKO木本よりヤバイ」過去の仮想通貨トラブルと詐欺疑惑が掘り返される理由
GACKT シンガーソングライターの■GACKTが7月30日、YouTubeチャンネルで■“復活”の生配信を実施した。 GACKTは昨年9月から、病気療養のため芸能活動を休止していたが、今年5月に活動を再開していくと発表。...
別窓で開く

〈メール入手〉広島県・平川理恵教育長の親密NPOに予定価格が漏洩 官製談合防止法違反の疑い
 平川理恵教育長(54)が率いる広島県教育委員会と、平川氏と親密な関係にあるNPO法人との間で、官製談合防止法に違反する疑いのあるメールが交わされていたことが「 週刊文春 」の取材で分かった。 平川氏は、民間から登用された教育長として、メディアでも取り上げられてきた。「平川氏は京都市生まれで同志社大...
別窓で開く

細田博之議長の選対本部長は「統一教会」有力団体の議長だった
 細田博之衆院議長(78)の親族で、長年、細田氏の衆院選で選挙対策責任者を務めてきた細田重雄島根県議(83)が、「統一教会」(現「世界平和統一家庭連合」)が深く関係する有力団体の議長だったことが、「 週刊文春 」の取材でわかった。 細田氏と統一教会を巡っては、これまでも関係性の近さが指摘されてきた。...
別窓で開く

「球団が適切な対応をしていれば…」急死した中日・木下雄介投手の妻が涙の告発
 2021年7月6日、トレーニング中に倒れ、その約1カ月後の8月3日に、27歳の若さで亡くなった中日ドラゴンズ・木下雄介投手。木下選手の妻・茜さんが「 週刊文春 」の取材に応じ、「倒れた時に球団が適切な対応をしてくれていれば、雄介は助かっていた。後遺症はあっても、今頃はこの家で、娘や息子と一緒に過ご...
別窓で開く

西松建設 イオンモール建設で9億円不正会計 所長を諭旨解雇処分に
 準大手ゼネコン「西松建設」の所長が、北海道・東北地区のイオンモール建設に際して約9億円もの不正な会計処理を行い、諭旨解雇処分が下されていたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。 創業149年目を迎える西松建設はダム・トンネルなど大型公共土木工事を得意とする老舗ゼネコンで、従業員数は約3000人。...
別窓で開く

さわかみ投信で最高投資責任者が“更迭” 創業者・澤上篤人氏が「5分の2くらい社員は辞めても構わない」
 日本初の独立系投信会社として知られる「さわかみ投信」(東京都千代田区)。同社の最高投資責任者が、6月30日の臨時株主総会で事実上、更迭されていたことが「 週刊文春 」の取材でわかった。創業者・澤上篤人元社長(75)らが取材に対し、退任を認めた。 さわかみ投信を1996年に創業した澤上氏は“金融界の...
別窓で開く

反安倍で干されてきた尾辻秀久氏がついに参院議長就任 大仕事はガーシー対応
 8月3日召集された臨時国会で、新しい参院議長に自民党の尾辻秀久元厚生労働相(81)が選出された。1989年参院比例区で初当選し、現在6期目。7月の参院選で七選された中曽根弘文元外相の方が議員歴は先輩だが、「参院自民で中曽根氏は、同じ群馬が地盤の参院議員だった山本一太知事と協力し、主流派と衝突。...
別窓で開く

—[取材は愛]— 「カメラ越しの相手が涙を流すまで本当に相手のことがわからないって、どれだけ俺は鈍感で無知なんだろうな。こんなに溢れ出ているのに」 これは、ミャンマーで拘束されたドキュメンタリー映像作家、久保田徹さん(26歳)が、その1週間前にツイートした言葉だ。この時すでにミャンマーにいたから、現...
別窓で開く

最終話で人がつながり、物語がつながる…特別にはなれない“普通”の人々の苦悩を描いた連作短編集
 1週間の曜日をタイトルにした連作短編集『月曜日の水玉模様』、虹をモチーフにした『レインレイン・ボウ』、小学校のPTAが舞台の『七人の敵がいる』『我ら荒野の七重奏(セプテット)』など加納朋子には〈七〉にまつわる作品がいくつかある。そのラインナップに、今度は北斗七星が加わった。...
別窓で開く

冤罪で18年間服役した男、釈放後に自宅裏の地面から焼かれた骨が…全米が騒然となった“ドラマを越える”衝撃の裁判実録
 事実は小説より奇なり。この言葉が最も相応しい作品が『殺人者への道』(ネットフリックスで配信中)だ。2015年にパート1(全10話)が配信されると、ドラマを越える驚愕の展開に全米が騒然となった。 このドキュメンタリーは冤罪で18年間服役した男、スティーヴン・エイヴリーが刑務所から釈放される場面から始...
別窓で開く


[ 週刊文春 ] の関連キーワード

gackt 西松建設 ミャンマ 統一教会 tko
さわか