本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



細田博之氏は衆議院議長ブン投げも「元気そのもの」って何? 次期衆院選「出馬」の唖然茫然
(体調を理由に衆院議長を辞任する意向と報じられた細田博之衆院議員(C)日刊ゲンダイ)《三権の長の位置づけも、ずいぶん軽くなったものだ》 歓迎や期待の声よりも、SNS上では呆れる声や落胆の意見が目立つ。体調不良を理由に任期途中で衆院議長を辞任する意向と報じられた細田博之衆院議員(79)=島根1区=が、...
別窓で開く

ジャニーズ性加害告発の男闘呼組元メンバー、会見前の心境吐露 「前回はICU治療中で見れませんでした」
2023年10月2日に開かれる、故ジャニー喜多川氏による性加害問題に関するジャニーズ事務所の記者会見について、元「男闘呼組」の土田一徳さんが、同日にXで思いをつづった。■前回の会見は「誰に対して何を反省し総括し再出発したいのかがさっぱり」土田さんは「週刊文春」23年6月29日号で、ジャニーズ事務所の...
別窓で開く

《写真多数》元横綱・貴乃花が初恋の人と再婚!17歳の“ツーショット秘蔵デート写真”を初公開「山下公園の散歩は定番でした」
 先日、第65代横綱貴乃花こと花田光司氏(51)が、「週刊文春」誌上で再婚していたことを明らかにした。お相手は、初恋の人だった一般人女性のA子さん(52)だ。貴乃花は愛妻のA子さんを伴って取材に対応。30年越しに成就した純愛の軌跡、貴乃花の新たな挑戦を、秘蔵写真とともに紹介する。...
別窓で開く

まるで「多重人格」…性格も出自も全く自分と異なる“別の人物”になる、ポルトガル詩人の特殊な著述方法
 心の中で誰かになりきることでしか現れてこない自分というのがおそらく誰の内にもあって、たとえば私は剣道をかつてしていたのだが、当時の全日本チャンピオンの内村良一選手になりきって小手を打ったとき、自分の身体から繰り出されたとは思えない鋭い打突ができて驚いたという体験をしたことがある。...
別窓で開く

「夫とのセックスがうまくいかないワケ」「芸者時代の人に言えない過去」…安心して性の話ができる、“奥様と私”の新しい関係
 戦前は良家の妻だったがわけあって離婚、寮母などをして食いつないできた千代が、視覚障害がある三味線の師匠、初衣(はつえ)の家を訪ねるところから物語は始まる。実は2人は20年以上前、雇う側と雇われる側の立場だった。物語は過去にさかのぼり、山田家に嫁いできたばかりの若い千代、当時、視覚障害はなかった初衣...
別窓で開く

「ほとんどの部分は数字でクリアできてしまう」灘高、東大医学部を出て人気YouTuberに…若者に人気の新鋭歌人が“目指すもの”は
靄のなかでわたしが目を離せずにいる5秒でループするキス動画 青松輝 若者を中心に短歌が人気を博している。新鋭歌人の歌集がベストセラーになることも増えたが、青松輝さんの第一歌集『4』もその1つと言えるだろう。順調に版を重ね、発売1カ月が経つ今も大型書店の文芸書ランキングでは上位に入る。...
別窓で開く

【山本淳一】新妻を「風俗の面接」に連れていくゲスっぷり“結婚詐欺”同然の過去も《ジャニーズ醜聞史17》
ジャニーズ事務所 (C)週刊実話Web創業者・故ジャニー喜多川氏の性加害事件をついに認めたジャニーズ事務所。同社は、これまでも所属タレントたちの数々のスキャンダルをもみ消してきた。過去を振り返ると、〝醜聞隠蔽〟が同社の歴史そのものだったことが分かる。...
別窓で開く

「育てたい。必ず迎えにくる」…「ゆりかご」に預けた子どもを引き取った母親(42)が、虐待死事件を起こしてしまった理由
 是枝裕和監督のカンヌ受賞作にもなった「ベビーボックス」。遺棄罪に問われずに匿名で赤ちゃんを預け入れることができる施設だが、じつは日本では児童相談所が実母の追跡調査をし、子の家庭復帰を目指す。預けられた赤ちゃんの実母が判明したのは155人中124人。そして事件は起こった。『 週刊文春WOMAN202...
別窓で開く

「いきなり消臭スフ?レーを噴射され…」スカイマーク元CAの“悪質な嫌がらせ”を障か?い者職員か?告発
「上司は障がい者について理解を示そうとしないどころか、社内で悪質な嫌がらせまで受けました」 こう語るのは、スカイマークから障がい者枠で雇用されている女性Aさんだ。◆ ◆ ◆■総務人事部内の部署にアルバイト採用される JAL、ANAに次ぐ国内第3位のスカイマーク。2015年に経営破綻したものの、国交省...
別窓で開く

「星華ちゃんはひどい暴行を受け、十二指腸には穴が…」母か?送った“顔面腫れあか?り写真”《奈良4歳女児虐待死》
〈 《奈良4歳女児暴行死》「目をそがれた…」口癖は“父親になりたい”27歳容疑者が親友に語っていた“悩み” 〉から続く「あいつが子供を暴行して死なせたなんて、今も信じられません」 奈良県橿原(かしはら)市にあるのどかな住宅街。田んぼに囲まれた静かな一帯で、ひとつの小さな命が失われた。...
別窓で開く


[ 週刊文春 ] の関連キーワード

ポルトガル icu 衆議院 貴乃花