本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



爆問・太田 吉本の漫才コンビを「お手本。名人級」と大絶賛も、舞台でイジリ「漫才のうまさで…」
 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(57)が28日深夜放送のTBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演。お笑いコンビ「テンダラー」を絶賛する場面があった。 爆笑問題は25日に東京・有楽町よみうりホールで行われた吉本興業110周年感謝祭「西川きよしのコツコツ全国ツアー」に出...
別窓で開く

余命半年の経営者に頼まれた自叙伝の“代筆” ゴーストライターを待ち受ける“とんでもない罠”とは…
 名目上の著者に代わって原稿を書く人をゴーストライターという。ぼくもときどき引き受ける。世の中にはそういう本がたくさんある。「協力:○○」なんて記されている本は大抵そうだと思っていい。 この作品はゴーストライターがある事態に巻き込まれ、そうとは自覚せぬまま探偵役になってしまう長編ミステリである。...
別窓で開く

「生島ヒロシさんは笑いながら近づいてきて…」TBSラジオ、開局70年の歴史を振り返る“公式読本”
 昨年の12月に開局70周年を迎えたTBSラジオ。記念して刊行された本書が新旧のラジオファンの間で評判を呼んでいる。前半は、生島ヒロシや荻上チキ、爆笑問題など、番組を放送中の主要なパーソナリティへのインタビューで構成。「生島ヒロシさんは、笑いながら近づいてきて笑いながら去っていく、ラジオそのままの元...
別窓で開く

浜辺美波は今でも"永遠の清純派"なのか…「蚊に刺された」だけでファン大騒ぎ!
((C)日刊ゲンダイ) 今時、たかが蚊に刺されたくらいでニュースになる女優はめったにいないだろう。 6月21日、浜辺美波(21)が自身のツイッターで、撮影中に蚊に13カ所刺されたことを報告すると、投稿を見たファンからは、《お大事にして下さい!》《早くかゆみが治りますように》など励ましの声が寄せられた...
別窓で開く

「『女に政治がわかるものか』と言われるのが悔しくて…」全国紙初の女性政治部長が描く“男社会”のリアル
「『女に政治がわかるものか』と言われるのが悔しくて、政治記者として必死で働いてきました。でも、気づけば、私自身もオッサンになっていたという反省も込められているんです」 そう話すのは、全国紙初の女性政治部長を務めた、毎日新聞論説委員の佐藤千矢子さん。初の著書『オッサンの壁』では、自身の記者時代の体験を...
別窓で開く

どうやって手に入れた? ヤフオクにロシア軍のスコープ 出品しているA氏に事情を聞いてみた
〈実物PSO-1スコープの初期型です。(略)実際に使われていたものなので傷やへこみ等があります。(略)昨今の情勢で今後の入手が厳しくなるかもしれませんのでこの機会に是非〉 ロシア軍の軍事物資が、日本のオークションサイトで売買されている。これは、ヤフーオークションに実際に書かれていた紹介文で、落札金額...
別窓で開く

カンニング竹山が渡部建に有吉弘行からの伝言「飯、どうなってるんだよ?」白黒アンジャッシュ
千葉テレビ(チバテレ)で28日に放送した「白黒アンジャッシュ」(火曜午後10時)に、カンニング竹山(51)が出演。アンジャッシュ渡部建(49)に、収録前日に偶然、現場が一緒だった有吉弘行(47)から「(渡部との)飯、どうなってるんだよ?」と言われたと伝えた。...
別窓で開く

若いふたりの「許されざる恋」。近松門左衛門が描いた元禄悲劇!——春日太一の木曜邦画劇場
 時代劇の大きな魅力といえばチャンバラだが、それ以外に、もう一つある。 それは「許されざる恋」。現代とは異なり厳然たる身分差のあった江戸時代。身分違いの恋愛が成就するのは、容易いことではなかった。恋愛結婚が今では当然のものであるが、当時の結婚の多くは当事者間ではなく家同士で決められていた。...
別窓で開く

「これ」という道が見つからないまま30歳に…自己卑下と自信過剰がもつれる“自分探し” 「わたしは最悪。」を採点!
■〈あらすじ〉オスロの書店でアルバイトをしているユリヤ(レナーテ・レインスヴェ)は、学生時代は成績優秀で写真や文章の才能にも恵まれていたが、「これ」という道を見つけられないまま30歳になろうとしていた。40代の恋人アクセル(アンデルシュ・ダニエルセン・リー)はグラフィックノベル作家として成功し、子ど...
別窓で開く

「尊重」「配慮」がひとり歩きする社会のしんどさを描く…芥川賞候補作
 主人公のまどかは高校2年生。生理が来るのが嫌で低体重でいる。周りの人間はそんなまどかを放っておかず「配慮」の言葉を投げかけてくる。それは「やさしさ」や「正しさ」から来ているのだが、言葉というものは使われ過ぎると中身が空洞になっていくようで、『N/A』の舞台はそうした、「尊重」や「配慮」というメッセ...
別窓で開く


[ 週刊文春 ] の関連キーワード

門左衛門 ロシア tbs リアル 芥川賞
ヒロシ