本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



小室さん合格後の「耳にイヤホン」から宮内庁が読み取った意味深なメッセージ
■無言を貫くスタイル 秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さんと結婚した小室圭さんが、3度目の挑戦でニューヨーク州司法試験に合格した。来年には正式に弁護士となる圭さんのその後の動きや対応について宮内庁は依然として注視を続けているとされる。そこからあがる声を具体的に拾ってみたところ……。...
別窓で開く

小室圭さん 実績ゼロでもNY法曹界で争奪戦が勃発!年収5千万円に大幅アップも
「この度はおめでとうございました」「……」「眞子さんとお祝いする時間はありましたか?」「……」記者が祝福の言葉や質問を投げかけるのに対し無言を貫き、歩き続ける小室圭さん。11月上旬、小室さんへの直撃取材を試みる映像が日本の各テレビ局により報じられた。皇室担当記者はこう語る。...
別窓で開く

愛子さま 佳子さまと初の雅楽鑑賞にネット歓喜「お姿拝見できて嬉しい」「熱心な姿は両陛下譲り」
11月5日、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが秋篠宮家の次女・佳子さまと皇居内にある宮内庁楽部の秋季雅楽演奏会に出席された。愛子さまにとって初の雅楽鑑賞となり、佳子さまとお二人でのご公務も初めて。さらには令和になり初めての楽部の演奏会と、この日は初ずくめ。お二人は並んで会場に入られると、順にお辞儀をし...
別窓で開く

皇居を1時間以上も勝手に徘徊して捕まった中国人の正体 元公安警察官も?然
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を数十年歩、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、皇居内を勝手に徘...
別窓で開く

小室さん夫妻「次のステップ」のために動き出した宮内庁のシミュレーションとは?
■試験が片付いたらの約束 小室圭さん(31)が、3度目の挑戦で悲願となっていたニューヨーク州の司法試験に合格し、今後は妻・眞子さん(31)の「おめでた」に焦点が当たっている。宮内庁側も一気にその対応モードに入ったというが、具体的にどういったシミュレーションを行っているのだろうか。...
別窓で開く

美智子さま 専門医も太鼓判!上皇さまと「小学国語の教科書音読」新習慣の意外な効果
美智子さまは10月20日に、88歳、米寿を迎えられた。その際に発表された文書には、今年4月に約30年ぶりに戻られた赤坂御用地の仙洞御所で、上皇陛下と穏やかに暮らされていることが綴られていた。「今年は4年ぶりにお誕生日の行事が開かれ、天皇陛下と雅子さま、秋篠宮ご夫妻から祝賀の挨拶を受けられました。...
別窓で開く

悠仁さまの出産に携わった名医が“極秘”で渡米 眞子さんが受けた“今後”のアドバイスの中身とは?
 3度目にしてようやく「合格通知」を手にした小室圭さん(31)。結婚前からの懸案だった「生活の基盤」が整ったことで、夫婦の“将来設計”にも影響が。実は過日、そのカギを握る「女医」が密かに渡米していたという。 *** こみ上げる喜びを抑えきれなかったのか、あるいは自身につきまとう“落ち癖”のイメージを...
別窓で開く

「小室圭さんは(略)カメラの前に姿を現しました」 「めざまし8」が伝えたその様子
「小室眞子さんの夫、圭さんはニューヨーク州の司法試験に合格後、きのう31日(日本時間2022年10月)、カメラの前に姿を現しました」とけさの「めざまし8」で倉田大誠アナが伝えた。■「一言、いただけませんでしょうか?」「この度はおめでとうございました。...
別窓で開く

眞子さん 小室さん合格後も拭えぬ姑・佳代さんへの不信感…NY同居にも猛反発
秋も深まり、吹く風もしだいに冷たくなってきたNY。しかしスーツ姿の小室圭さんは、まるで春風を受けているように、満たされた表情で歩いていた。小室さんが目撃されたのは現地時間10月27日、眞子さんとの結婚記念日の翌日。カメラマンに気がつきながらもほほ笑んでみせる余裕まであり、ついに司法試験に合格したため...
別窓で開く

「小室圭さん」合格で浮上するヤバい懸案 眞子さんとの「隙間風」、勤務先の政治的スタンスも
■インフレで生活苦は続く 小室圭さんが米国ニューヨーク州の司法試験に合格した。平均合格率66%の試験とはいえ、小室さんにとっては「3度目の正直」となる待望の吉報である。秋篠宮両殿下も「お喜びのご様子である」(加地隆治皇嗣職大夫)とされ、西村泰彦宮内庁長官も「個人的には大変良かったと思う」と述べるなど...
別窓で開く


[ 秋篠宮 ] の関連キーワード

美智子 宮内庁