本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国の中間選挙において、共和党は下院で事実上勝利したが、選挙前に予想されていた「レッド・ウェーブ」(赤い波)といえるほどの大々的インパクトは残せなかった。そしてトランプ前大統領は今回も、自身が推した上院議員候補が落選した際に「不正があった」と主張しているようだ。だが、こうした手法が間違いであり、今の...
別窓で開く

英国のリズ・トラス前首相が、わずか50日でスピード辞任した。首相交代が頻繁に起きたことで、「英国政治は迷走している」とみる向きもある。だが筆者は、首相の間違いを国民が短期間で見抜いて交代させた英国の体制は恥ずべきものではなく、むしろ「健全」であると評価している。昨今の中国の動きと対比しながら、英国の...
別窓で開く

クリミア大橋が爆破されたことへの報復措置として、ロシア軍がウクライナへの大規模ミサイル攻撃を行った。「ミクロ」な視点で戦況を見ると、この攻撃によってロシアが再び優位に立ったように思える。だが「マクロ」な視点で国際関係を読み解くと、ロシアは大規模ミサイル攻撃によって自らの首を絞めたといえる。ただし、ロ...
別窓で開く

賛成派・反対派に世論が二分されたまま、安倍晋三元首相の国葬が実施される。国葬反対論が激しく広がった背景には、安倍元首相の暗殺事件で明らかになった旧統一教会と政治の不適切な関係がある。メディアが連日、自民党議員と旧統一教会との関係を報道したことで「旧統一教会と自民党の強いつながりの中心が安倍氏だったの...
別窓で開く

英国でエリザベス女王が死去し、国葬の様子が日本でも大々的に報じられた。これを機に、英国王(または女王)が持つ世界への影響力の大きさを知った人も多いだろう。日本は今、軍事的・経済的に急拡大を続ける中国との関係性においてリスクを抱えているが、安全保障の切り札として、この「英国」との連携を強化すべきだと筆...
別窓で開く

おこげの香ばしさが最高! 高級生食パン『乃が美』がタブーに挑んだ「黒山乃が美」を食べてみた
食楽web『乃が美』といえば、それまで業界ではタブーとされてきた、腰折れぎりぎりの柔らかさを追求した、耳まで美味しい“高級生食パン”を生み出したことで知られていますが、この夏、もう一つのタブー「こがし」に挑んだ新商品が発売されたのをご存知でしょうか? その商品名は「黒山乃が美」。パン型に蓋をせず、山...
別窓で開く

ロシアが中国に飲み込まれ、「中国対西側」が最大の主戦場になる可能性も
ジャーナリストの佐々木俊尚が4月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。4月9日に日本で開催されるフィリピンとの「外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)」について解説した。...
別窓で開く

ONEがランキングを発表!那須川天心の“ライバル”で再戦を望むロッタンが、フライ級1位に!
アジア最?のスポーツメディア・プロパティ『ONE チャンピオンシップ』が、4?27?、団体初となる公式ランキングを発表した。アスリートランキングは、「総合格闘技」「キックボクシング」「ムエタイ」の各競技の各階級(男?別)を対象としており、今回のランキングリストに含まれない階級については後?発表とのこ...
別窓で開く


<前へ1次へ>