本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トランプ元大統領の影響?アメリカで黒人・アジア人への憎悪犯罪が12年ぶりのワースト記録
人種や性別、宗教などを理由に人を侮辱したり暴力を加える、いわゆる「憎悪犯罪」が、米国で12年ぶりにワースト記録を更新した。ドナルド・トランプ元大統領が在任時代に米国優先主義を打ち出して、憎悪犯罪が増えたという分析が出ている。30日(現地時間)ロイター通信は、米国連邦捜査局(FBI)のレポートを引用し...
別窓で開く

「日本のアプリ」というLINEの信用を完全に失う行為 〜台湾高官の個人情報流出
ニッポン放送「飯田浩二のOK! Cozy up!」(8月9日放送)に朝日新聞編集委員で元北京・ワシントン特派員の峯村健司が出演。スマホ情報流出の安全保障上のリスクについて解説した。LINEのロゴ 政府、LINEに報告要求=2021年3月19日 写真提供:共同通信社対話アプリLINE 台湾の要人100...
別窓で開く

相手国の世論を変えてしまう「シャープパワー」〜もう1つのサイバー攻撃の脅威
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月21日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。令和3年版警察白書について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」令和3年版警察白書警察庁は7月20日、サイバー空間の脅威の現状などを特集した、令和3年版の警察白書を公表した。...
別窓で開く

東京五輪「サイバー攻撃」でダウン寸前 ハッカーたちの「裏オリンピック」金メダルは?
東京オリンピックの開会式まで4日に迫ったが、新型コロナウイルスの感染拡大に勝るとも劣らない危険が迫っている。世界中のハッカーがサイバー攻撃を仕掛けようと、虎視眈々と狙っている。オリンピックはハッカーたちの腕の見せどころ、「お祭り」なのだ。「裏オリンッピク」で誰が金メダルを取るか、もう号砲は鳴っている...
別窓で開く

諸刃の剣を振りかざすアメリカとIT巨人GAFAM+Nとの戦い (3)
 先日行われたG7の財務省会合にて、「法人税の最低下限税率制定」と「デジタル課税の対象範囲の拡大」が合意されたが、続いて6月11日には、アメリカ議会下院議員の超党派グループによって、反トラスト法・改正案として5つの法案が提出された。...
別窓で開く

予測されたアメリカ不正選挙を後押しした新型コロナの流行
2020年のアメリカ大統領選挙を振り返ってみると、健全な民主主義国家の選挙だったと言えるのだろうか。元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と前ロンドン支局長の岡部伸氏が、近現代史やインテリジェンスを交え真実の世界の姿を炙り出す。※本記事は、馬渕睦夫×岡部伸:著『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』(ワニブック...
別窓で開く

中島翔哉が“コロナ陽性”にもかかわらず渡航か? 1月の中東行きに疑惑浮上、当局が捜査中とポルトガル紙
 ポルトガル1部ポルトに籍を置く中島翔哉は、現在はアラブ首長国連邦(UAE)のアル・アインに期限付き移籍中だ。 しかし、1月の加入後にリーグ戦2試合に出場したものの、トレーニング中に負傷したとクラブが発表。負傷の詳細な公表はいまだないものの、ポルトガル紙『A BOLA』によれば、脛骨骨折および靭帯断...
別窓で開く

「ファイブアイズ」に日本が加わる可能性と加わった場合のデメリット
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月10日放送)に日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が出演。ファイブアイズと日本について解説した。前日の衆参3選挙で自民党が全敗したことを受け記者団の取材に応じる菅義偉首相=2021年4月26日午前、首相官邸 写真提供:産経新聞社ファイブアイズと...
別窓で開く

「ハッキングされていることすらわからない」日本の現状〜米パイプラインがサイバー攻撃を受け停止
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月10日放送)に日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が出演。アメリカの石油パイプラインがサイバー攻撃を受け、すべての操業を停止したというニュースについて解説した。...
別窓で開く

「アプライド マテリアルズのKOKUSAI買収」破談を考える
− 中国規制当局の承認下りず、米中対立の先鋭化に翻弄 −■3つのポイントの見出しAMATによるKOKUSAI買収が破談に。...
別窓で開く