本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大物創業者 日阪一郎氏 お別れの会に500人
10月4日に94歳で死去した大物(大阪市)の創業者、日阪一郎氏の「お別れの会」が16日、リーガロイヤルホテルにおいて開かれた。約500人が参列し、同社のロゴが生花であしらわれた祭壇に献花、故人をしのんだ。1928年(昭和3年)、大阪市に生まれた日阪氏は51年、鶴橋に乾物・缶詰卸の日阪商店を創業。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。「週刊東洋経済」(2021年12月18日号)の特集は「株の道場 新年相場編」。...
別窓で開く

【スープストック】「2022福袋」自宅で本格スープが楽しめる、その中身
「世の中の体温をあげる」を理念に掲げる株式会社スープストックトーキョー(Soup Stock Tokyo)は、スープ事業を中心とした会社です。お馴染みの食べるスープを中心に、心も体もホッとする食品を届けています。そんなスープストックトーキョーでは、おうちでゆっくりとお店の味が楽しめるお得な「福袋」を...
別窓で開く

ポイントサービスが大変なことに...... Tポイントの命運  PayPayが仕掛ける? 業界再編
激しい陣取り合戦を繰り広げる共通ポイントに、大きなニュースが飛び込んできた。電子商取引の「ヤフーショッピング」などを展開するヤフーがTポイントとの連携を2022年3月末で終え、同じソフトバンクグループ(SBG)傘下のスマートフォン決済PayPay(ペイペイ)のポイントに集約すると発表したのだ。...
別窓で開く

「就職人気企業ランキング」の意外な上位! 学生たちが「県庁の星」と「雑誌編集者」に憧れるワケ
「テレビドラマの編集者がカッコいい!」「あの知事さんの下で働きたい!」就職情報サービスの「学情」が、2023年卒学生を対象にした「就職人気企業ランキング」を2021年12月2日に発表した。新型コロナウイルス感染症が拡大したこの1年、人気が上昇した会社もあれば、下がった会社もある。また、根強い人気を誇...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。今週は3誌ともに、株関連の特集になった。「週刊東洋経済」(2021年12月4日号)の特集...
別窓で開く

三菱商事 カイロ地下鉄4号線第一期向け車両を受注 近畿車輛が2025年から順次納入へ
184両が納入されます。近畿車輛が184両を製造 三菱商事と近畿車輛は2021年11月9日(火)、エジプト・アラブ共和国 エジプト運輸省のトンネル公団からカイロ地下鉄4号線第一期向け鉄道車両184両を受注し、約400億円で契約を締結したことを発表しました。主契約者は三菱商事。...
別窓で開く

大物創業者・日阪一郎氏が死去 「チキンラーメンを広めた男」
大物(大阪市)の創業者で名誉会長の日阪一郎氏が4日死去した。94歳。大阪市出身。1951年大阪・鶴橋で乾物・缶詰卸の日阪商店を創業。58年に発売された日清食品「チキンラーメン」に出会い、「この商品に賭けよう」と販売を目的に大阪物産を設立した。61年に三菱商事と取引を始め、扱い商品を拡大。その後、近畿...
別窓で開く

CO2を「建物」が吸いこむ! 15年前から「脱炭素」に着目した環境配慮型コンクリート開発秘話と今後
CO2(二酸化炭素)の排出量ゼロが、国際的な課題だ。そんな情勢を変える可能性をもつ製品の実用化が、大手ゼネコンの鹿島建設を中心に進められている。開発のスタートは、じつに約15年前。これほど「脱炭素」が注目される以前に、なぜプロジェクトが始まったのか。そして、新たなコンクリート建材「CO2-SUICO...
別窓で開く

新卒でも中途でも満足度が高い企業はココ! 意外なトップは「デキる社員は自由にさせる」あの会社
最近は「新卒入社」だけでなく、即戦力として採用される「中途入社」が増えている。転職が当たり前となった今、新卒入社と中途入社がともに働きやすい企業はどこなのだろうか。転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するOpenWork 働きがい研究所が2021年9月29日、「新...
別窓で開く


[ 三菱商事 ] の関連キーワード

paypay 近畿車輛 カイロ